dunpoo @Wiki ■社民党

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • 拉致問題研究会

    核武装で拉致問題を打開しよう。

    六者協議で日本人拉致問題は等閑視されたままである。わが国を馬鹿にして埒外に置くことを許すべきではない。何としても拉致問題をテーブルに載せなければならない。しかし、現状においてその力は日本にはない。拉致問題を議題としないのなら、わが国は、独自に核開発を行うべきである。わが国が核兵器を保有すれば、核不拡散体制は崩壊するから、米露中の核保有国グループは拉致問題を六者協議で取り扱わなければならなくなる。もちろん南北朝鮮にとっては日本の核は脅威となるから拉致問題を無視できない。今こそ傲慢な金正日に鉄槌を下すときだ。国民の力で日本の核武装を推進しよう。
    -- 拉致問題研究会 (2007-07-23 22:35:06)
名前:
コメント:
↑ご自由にコメントをお書き下さい。

0621 「男女関係は事実無根」週刊新潮を提訴…社民・又市幹事長 [読売]

 社民党の又市幹事長は21日昼、同日発売の「週刊新潮」の女性問題に関する記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と同誌編集長を相手取り、総額3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。

 又市氏は同日午前、党本部で記者会見し、「記事に書かれている男女関係は事実無根。参院選を前にした選挙妨害だ」と語った。

(2007年6月21日13時49分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070621i305.htm

0620 社民党がマニフェスト発表 [朝日]


2007年06月20日20時16分

 社民党は20日、参院選のマニフェスト(政権公約)を発表した。年金記録問題を踏まえ、「年金管理非常事態宣言」と題した年金制度の管理体制確立を最重点の公約に据えた。「憲法で安倍政権の対立軸となるのは社民党だけ」(福島党首)として、国民投票法の施行凍結や憲法9条の堅持など「護憲の党」も前面に打ち出した。

 福島党首は20日の記者会見で「憲法と暮らし、暮らしの中でも年金と雇用が二本柱だ。憲法は間違いなく争点。(年金は)憲法の生存権の問題だ」と強調した。

 マニフェストは「9条と年金があぶない 今回は社民党へ」と題し、10項目の重点政策を提示。トップの年金問題では、国会が社会保険庁を監視する「年金管理運営調査特別委員会」設置や国民の訴えに直接対応する「年金レスキュー隊」の創設、年金記録の保存状況などを監視する市民参加の「年金オンブズマン制度」新設など管理体制の強化をうたった。

 また、「安倍政権は平和憲法を否定し、戦争への道を進めている」と、護憲を党是とした党の存在意義も強調した。

 さらに参議院の機能強化・活性化や、親と同じ選挙区からの世襲立候補を制限し、「18歳選挙権」や「20歳被選挙権」も盛り込んだ。候補者の若返りを図ることで、党勢拡大を目指す狙いがある。

 社民党が20日発表したマニフェストの要旨は次の通り。

 【年金】年金記録の確認の立証責任を国に転換し、年金加入期間や保険料の履歴が分かる「マイ年金通帳」を導入。

 【雇用】最低賃金を時給千円に引き上げ、月間80時間を超えた時間外労働は禁止。

 【税】消費税の逆進性緩和策として4万円を限度に年収・所得に応じ年1回、払い戻す制度の導入。

 【医療・福祉】医師・看護師の増加。自治体病院への財政支援を強化。

 【地域】国税と地方税の割合を当面1対1にし、消費税5%のうち地方消費税の配分割合を1%から2.5%にする。

 【政治とカネ】政治資金監視のための第三者機関を設置。

 【教育】国内総生産(GDP)5%水準の教育予算の実現。

 【暮らし・女性・人権】セクハラ禁止法の制定、婚外子差別の禁止、再婚禁止期間の見直し、選択的夫婦別姓の実現。

 【環境・農業】二酸化炭素排出量を2050年までに70%削減。全農家に直接所得補償。

 【平和憲法】9条改憲を許さず、集団的自衛権の行使に関する憲法解釈変更に反対。
URL:http://www.asahi.com/politics/update/0620/TKY200706200368.html