dunpoo @Wiki ■こどもの事件

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:
コメント:
↑ご自由にコメントをお書き下さい。

0716 「援助ない育児過酷」次女死なせた母に猶予判決 愛知 [朝日]

2009年7月16日1時3分
 愛知県日進市のアパートで、生後4カ月の次女を死なせたとして傷害致死罪に問われた母親の北川育子被告(28)に対し、名古屋地裁は15日、懲役3年執行猶予4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。次女は双子の妹。被告は育児に家族からの協力を得られず、保健師らに相談しても不安や焦りは消えなかった。佐々木一夫裁判長は「結果は重大だが、周囲の援助を得られないなど過酷といえる育児環境で、被告1人に責任を負わせるのはまことに酷だ」と述べた。

 判決などによると、北川被告は昨年12月、自宅であやしていた次女が泣きやまず、日頃の育児の不安やいら立ちが相まって、床に敷いた布団に2回打ちつけて死なせた。

 被告は昨年7月末に出産。次女は未熟児だった。夫は宗教活動に熱心で、仕事から帰った後や休日も育児の手助けはほとんどなかった。同居の実母は病気で、被告が日常生活の世話をしていた。義母は近くに住んでいたが、双子の面倒を見てもらうことには遠慮があった。

 次女は母乳を飲まず、長女との体重差は開く一方で、不安や焦りが募った。夜中に長女が泣き出すと、次女も一緒に泣きだした。実母の世話もあり、昼間も眠れず、子どもが泣くことを恐れた。夫に悩みを打ち明けたが、取り合ってもらえず、保健師らに相談したが、不安は解消されなかった。多胎児の母親のサークルにも参加したが、同じ悩みの母親は見つからなかった。

 子どもへのいら立ちを自覚し、1人にならないよう気をつけていたが、手伝いに来ていた義母が急に帰宅。その直後に双子が泣き出し、次女に手をかけた。

 被告は公判で「もっと家族にSOSを出していればよかった」と後悔の思いを語った。同じ日の証人尋問で、夫は今後、育児への協力を約束した。弁護人は執行猶予の付いた判決を求めていた。

0227 同級生の爆殺図る、教室吹き飛ばせる量の火薬…札幌の高1 [読売]

 北海道警札幌西署は26日、同級生を殺害する目的で爆弾に使う黒色火薬などの材料を大量に用意したとして、札幌市の道立高1年の男子生徒(16)を殺人予備容疑で再逮捕したと発表した。

 この生徒は今月6日、同級生に「みんなぶっ殺す」とするメールを送ったとして、脅迫容疑で同署に逮捕されており、自宅の捜索で教室を吹き飛ばせる量の火薬類が見つかったため、再逮捕したという。

 同署幹部によると、男子生徒はインターネットを通じて爆弾製造の情報を入手し、薬局などで市販されている材料を購入。ロンドンで2005年にあった同時爆破テロ事件の爆弾を参考にしたとみられ、殺傷能力を高めるために、爆弾に仕込むネジ、びょうなども用意していた。春休みまでに完成させ、学校で使うつもりだったという。

 男子生徒は容疑を認めており、「世の中が面白くないので自殺しようと思った」「死ぬ前に、自分をバカにした連中を殺そうと思った」などと供述しているという。

(2009年2月27日02時17分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090226-OYT1T00707.htm