ansuke @Wiki 死にたい奴この指とまれ:最終話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

木山一郎は透き通った衣をまとって富士の麓の草原に立った。

月の明かりだけがわずかに草原を照らす。そんな中、一郎の息吹ひとつひとつのたびに、光の粒がキラキラと散った。

広大な自然の漆黒の中、目を閉じる。自分でも驚くほど安らかな気持ちだ。

老人は杖で一郎を中心とした半径10メートルくらいの円を描いている。

「ほんとうに大丈夫なのですか?」

心配そうに尋ねている。老人はそれには答えず、黙々と何周もの間にわたって円を描く。

「一郎さん、お別れです」

「ありがとう。ここに来てよかったよ」

老婆は泣いている。死者を送り出すための定められた儀式であるかのように、ごく当たり前の様子で泣いている。

「目を開けてください。これから先、目を閉じないでください」

「なんだか分からないけど、分かったよ。あとは任せます」

「では、夜鷹自殺、決行します。よい最期を」

「お気をつけて…」

老婆は相変わらず泣きながら場違いなことを言っている。

「東京の方角へ向かって昇っていきます。地上から見れば、真っ直ぐに昇ってゆく光の球に見えるでしょう」

「今、何時?」

「今は10時。22時です。学校のお友達や先生も大勢見届けることでしょう」

「2500万円になります」

「なら、これで」

一郎は、母の形見の指輪を手渡した。

「困ります。これではもらいすぎです」

「それで足りてる?多すぎる分は、いいよ。ちっちゃいこと気にしてもしょうがないでしょう」

一郎は、しっかりと目を見開き、老人と頷き合った。