※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(旧)あらすじ


うちのクラスは異常さに定評がある。
どんなもんかと言えば、まずうちのクラスメートを見て貰おう。

危ない実験に思いを馳せるちびっこマッドサイエンティスト、松兎蔡園。
腹黒で守銭奴でセクハラな飛び級天才字、 闇小路宮磨 。
何を考えてるのかさっぱり分からない不思議少女、鎮森かすか 。
女ジャイアンで傍若無人さと唯我独尊さに定評のある兄貴、凶砲皇孤
詩的にミステリアスで哲学的でもあるハーフの美少年(?)、壇紫・エティーズ・音廼。
スピードに命を駆けるライダーでイベント大好きな暴走少女、速見和姫 。

このへんじ……じゃなくて個性的な6人に俺と友人のやる夫を加えた8人「のみ」がうちのクラスのメンバーなのだ。
詳しい事情は不明である。まあこれでも割と何とか平和に(?)やっていけてたりする。
そして先生まで(ノンケでも食っちまう的意味で)とびぬけているのだ。

そんなこのクラスに、ある日阿部先生がとんでもない情報をもたらす。

「4日後が文化祭だって言うの忘れてたわ」

……え、マジで?

そもそも出し物すら決めてないってばよ!?


果たしてこのカオスなクラスは無事に文化祭を乗り切れるのか!?
そして一応あることはある恋愛の行方とは!? バナナはおやつに入るのか!?