※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオイメージ1-6


「ったく、せっかくボス戦だったてのに……こんなとこに戦う相手なんてもういるわけねえよ」
「はぁ、はぁ……報酬は払ったであろう。真友が死んでしまう。早く助けてくれ!」
ここにいないはずの声が聞こえる。俺はもう死んだのだろうか?
うっすらと目を開けると男の刃は振り下ろされることなく、突然の来訪者の方へと向いていた。
「あー、わかったって。一体どこの馬鹿がそんなことを……」
男の目の前には宮磨と、先ほどゲームセンターであった女の子が立っていた。
「馬鹿野郎! くるな、逃げろ!」
女の子の顔が俺たちの姿をみて、恐怖によるものなのかひきつった笑みを浮かべる……。
「なんだこいつは? なんでこんな野郎がこんな所にいる。こいつぁ極上の……獲物じゃねぇかよ!」
叫んだ女の子が視界から消える。次の瞬間、女の子の体が男の前へと現れ拳を繰り出していた。
弾ける火花。男はそれを寸でのところで短剣で防ぐ。
それなのに女の子の拳は裂けることはなく、逆に短剣のほうが折れ曲がっていた。
「いいねえ……思った通りだ。あたしの拳を受けた奴なんざひさしぶりだ……ぜっ!」
女の子の拳には金属製のナックルが握られていた。刃物を握る相手にも臆さず、そればかりか笑みさえ浮かべながら立ち向かっていく。
間髪いれずに二発、三発と拳を重ねていく。空気を切り裂くほどの拳速。さしもの男もそれを受けきれずに、後へと飛び退く。
互角……いや、押している?
「いったい何者なんだ……?」
「だから言ったであろう? あれは戦う者、飢えた野獣だと」
宮磨が俺の側へと駆け寄ってくる。懐から手ぬぐいを取り出すと、俺の肩をきつく縛り始める。
「痛っ……!」
「痛いのは当たり前だ! まったく、こんなに無茶しおって……」
俯きながら文句をたれる。心なしか声が震えている気がする。
「うらぁっ!」
力強い声が闇夜に響く。拳の渾身の一撃。
それを二つの短剣で受ける男。だがその衝撃は止まることを知らず、体は後方へと後ずさりする。
「もしかしてあいつが拳王……凶砲皇孤」
まことしやかに囁かれる噂。うちの学園に在籍しているという、拳のみで暴走族や暴力団をいくつも潰したという少女。
向かうところ敵なし。そしてつけられた二つ名が拳王。
「拳王……いいねぇ、その呼び名嫌いじゃない」
ニタリと笑う女の子。自分がその拳王だと応える。
ジャラッ
男の両手から短剣が消える。接近戦は不利だと悟ってか、その手には鎖鎌が握られていた。
優勢から劣勢へ。拳の届かない位置からの攻撃に、対処する術などあるはずもない。
二つの風切り音があたりに木霊する。その音は一定でなく、タイミングをまるで読ませない。
「そんなものまで使えんのか。厄介な奴だな」
しかし、その顔には焦りなど微塵もなかった。何かを待つようにその鎖の動きを見つめている。
鎌がくるか分銅が来るか……対処を間違えれば即死につながる。
ビュン
男の腕から鎌が投げ放たれる。それは回転しながら凶砲へとむかっていく。
凶砲は迫るそれを……ただじっと待っていた。
「よけろ!」
ジャン
凶砲の手が鎖でがんじがらめにされる。しかし、吹き出すはずの血しぶきはあがることはなかった。
その手には鎌が握られていた。一体どういう動体視力をしているというのか。
「さあ、チェーン・デスマッチと洒落込もうかっ……!」
凶砲がその鎖を力いっぱい引っ張る。引っ張られるはずの男の体はその位置を動いていなかった。
「なんだとっ?!」
残った分銅が凶砲へと向かう。うなるそれを躱し、武器を捨てた男の元へと駆ける。
だがその動きは男から1mほどの距離で止まってしまう。
「くそっ! 小癪な真似を」
先ほど投げた分銅が大木に巻き付いていた。まずい……。
巻き付いた鎖をほどこうと走る俺。だが、凶砲に振るわれるはずの攻撃はいくら待てども来ない。
男は優勢にも関わらず逆方向へと駆けていく。その姿は瞬く間に闇の中へと消えていく。
「てめえ逃げんのか! おいっ、早くはずしやがれ!」
俺が鎖を外すと凶砲はもの凄い速さで、その姿を追っていった。
彼女ほどの腕ならば心配はいるまい。
サイレンがなり響く。どうやら俺は生き延びることができたようだ。