※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

壇紫・エティーズ・音廼(だんし・えてぃーず・おとの)


※画像なし

プロフィール

年齢

16。真友と同学年

身長

169cm

属性

男装少女

体格

足が長くスラリとしている。Bカップだが必須アイテムのさらしで無理矢理押さえつけている

身体的特徴

イギリス人の父と日本人の母のハーフ。
金髪に青い瞳。
女であることは隠しており男装をしている。
美少年として女子からは人気がある。
ブランドものや高級品ばかり身につけている。
いつもエレガントである。

性格など

性格

格好をつけたがる。詩的で哲学的な装い

趣味

読書・テニス・ゴルフ・スキューバーダイビング・クルーズなど
あと女の子にちょっかいを出すのが好き

特技

フェンシング。スポーツ万能。

内面的特徴

英語まじりの怪しい日本語をしゃべる。
女性には紳士であり、男性に対しては小馬鹿にする物言いをする。
真友とは同クラスで、ライバルとしてみている。

セリフサンプル

「シット! 君は無粋にもほどがあるな」
「猪侍風情が! この僕の剣を見切れるとでも?」
「フッ、かわいいマドモアゼル。君のためならばこの命惜しくない」
「怪しいやつらだ。この僕のジャスティスの錆にしてくれよう」
「勝負だ真友! 今日こそユーにクソをなめさせてやる」

過去

過去

貴族の名家に長女として生まれた。
しかし祖父は男の子をほしがっていたため、男の子のように育てられてしまう。
男は強くあるべき、男はナイトとして婦女子を守らねばならいと叩き込まれている。
エティーズもまた祖父を尊敬しており、その考えに誇りをもっていた。
そんなある日、白い子(両親がいた頃)に出会う。
白い子の笑顔と描く絵に魅せられたエティーズ。
白い子もその頃はあまり友達がいなく、二人は瞬く間に親友になったのだった。

闇組織に白い子の父親が狙われ始めた頃、白い子はエティーズに不安をもらす。
エティーズは「僕が君のナイトになる」と誓う。
闇組織が白い子の家を襲撃した時、心配になりいつもパトロールをしていたエティーズは闇組織に一人立ち向かう。
だが、子供の力ではどうにもならず、殺されそうになってしまう。
駆けつけた祖父によりエティーズは一命をとりとめるが、燃えさかる家を前にして自分の無力さを思い知るのだった。
しかし、見付からない白い子の遺体に彼女はどこかで生きているのだと感じ、次は守れるようにと鍛錬を積むのであった。

一年前

偶然、、白い子の絵を目撃したエティーズは、祖父に助っ人をお願いし学園へと向かう。
そこでかすか達に足止めをくらってしまい、白い子に出会うことはないのだった。
遺体を見つけるまでは信じないと、学園に入学し闇組織について探るのだった。
入学してしばらくした頃、ようやく闇組織の尻尾をつかむことに成功する。
しかし、返り討ちに会い、逃げ出すはめになってしまうのだった。
逃げる最中、真友に匿われ命を救われる格好になってしまう。
(真友にはただの喧嘩だとごまかしてある)
自分の弱っていた姿を見せたのが許せなく、真友より自分のほうが強いのだと認めさせるために勝負を挑むようになっていった。
ただ真友にはまともに相手してもらえず空回りしている。

1週間前

活発になる闇組織の活動に感じる物があり、戦いの準備をすすめる。
ある日、白い子を目撃し、自分の知っている女の子によく似た彼女にこの子こそは守るのだと誓うのだった。

終盤での裏切りは白い子を救うためのものである。



呼称表

一人称→僕
二人称→君
常仁(主人公)→真友クン
松兎→変態科学者
闇小路→小さいお姫様、宮磨チャン
白い子→姫
鎮森→鎮森サン
凶砲→猪娘
速見→補欠サン
やる夫→ゴミ、クズ
阿部先生→センセー