※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

             抗がん剤副作用                          

★すずき
   ○タキソール+カルボプラチン  週に一回点滴したら3週間休薬するマンスリー法で、6クール
              
      消化器系    食欲不振になり、猫飯やお茶漬けでかき込む 吐き気はなし 少し便秘ぎみ
      神経系     手足の痺れあり  筋肉、関節痛、足の裏が痛い。寝ていても痛さ
                で熟睡できない。貼り薬を貼ると少し楽になる。
                手の指先が痺れて他人の手のようになる。食器なんかも落としそうになる。
                少し便秘気味になる。腸閉塞が怖いので漢方の下剤を飲む
                味覚障害がある。甘さ、辛さがわからない。
      骨髄抑制    白血球が1300位まで下がる。注射で3000まで上げて、抗がん剤を点滴する
      脱 毛      髪の毛から始まり、全ての体毛が抜ける。点滴を止めて三ヶ月辺りから産毛が
                生えて、生え揃うには約一年かかった。
      その他      爪の色が黒くなる。アルコール分があるために酩酊状態のように顔が赤く
                なる。

   ○タキソール+シスプラチン    TP,TCの差異は判らない。

   ○タキソテール+カルボプラチン  白血球の下がりはタキソールよりも大きいが、その他の副作用
                         軽く、神経系は特に軽い。投与中も髪の毛は細いものの生え
                         てくる。

   ○タキソテール+テトポシン   吐き気が二三回あったが、その他の目立った無い。眉毛が生え
                       だす。ウィークリー法の為に副作用が軽い。

     ★その他にはっきりしないが、記憶力、気力の衰退があるような気がして心配である。

★ちょこたん

   ○タキソテール+カルボプラチン

    骨髄抑制・・・・・・白血球低下が著しく、2000弱まで下がる。

              予定は3週間に1回のペースだったが、白血球の注射を打って上 

              げながらも4週に1回となる。

    食欲不振・・・・・・投与後4~5日間、むかむかとかったるさなど。

    脱   毛・・・・・・徐々に抜け始め、投与が続くうちに全て抜ける。

              初めてどっさり抜けていくのを見たときはガックリするも、やがて慣

              れる。