カインの玄孫

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カインの玄孫


かつて神が、自らの弟を嫉妬から殺したカインに与えた“いかなるものも彼を傷つけてはならない。彼を傷つけるものは、七倍の報いを受けるであろう”と額に刻まれた呪い(祝福)の欠片をその身に宿したと“される”人物の総称。

天使核所有者に現れやすい形質であり、人種その他の「血統」に関係なく、純然たる突然変異として現れる。また、「堕天使」や「悪魔」に近いエーテル波形を有しているとの研究結果もある。

通常の天使核所有者と比べても強い生命力を有しているが、ときおり度し難いほどの攻撃性を発現させることがある。

雪村灯真もそのひとり。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|