画像表示1(image)

&image(ここに画像のURL)
もしくは
&image(ここに同じページにアップロードしたファイル名)
と入力することで、指定した画像を表示します

また()内にカンマ区切りで以下のパラメーターを指定することで動作を変更できます。

パラメーター 説明
center 画像を中央寄せ
left 画像を左寄せ
right 画像を右寄せ
width=(数字) 画像の幅を指定
height=(数字) 画像の高さを指定
page=(ページ名) 指定した別ページのアップロードファイルを利用します(URLではなく、ファイル名で画像を指定する必要があります)
linkpage=(ページ名) 画像をクリックした時のリンク先ページ名を指定
(その他追加URL) 画像をクリックした時のリンク先URLを指定
(画像をURLで指定している場合、二番目のURLが認識されます)
blank (その他追加URL)またはlinkpageパラメーターと併用することで
別ウインドウでリンク先を開きます
title=(文字列) カーソルを合わせたときにポップアップされる文字列
alt=(文字列) 画像の代わりに表示される文字列
inline 画像の前後のdivを表示せず、通常のインライン要素として表示します。
このパラメーターを記述するとleft,right,center等はご利用になれません。

このプラグインはブロック要素(#image)とインライン要素(&image)の両方を利用できます ⇒ブロック要素とインライン要素の違いについてはこちら

追記:2010/12/07
画像の中央寄せと画像サイズを同時に使用すると、環境によっては意図した表示が出来ない問題が確認されております。
その際は image2 プラグインをお試しください。

例)
&image(center,http://atwiki.jp/image/header_logo.gif)
&image(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,right)
&image(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif)
&image(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,http://atwiki.jp/)
&image(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,http://atwiki.jp/,blank)
&image(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,inline)&image(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,inline)

と入力すると






と表示されます

  • 注意:画像ファイル名は半角英数と"-"(ハイホン)"_"(アンダバー)の記号のみ使用できます。
  • 注意:画像ファイル名で指定する場合は、利用ページにファイルをアップロードする必要があります。
  • =>別のページの画像を貼り付けたい場合は、「 page=ページ名 」 パラメーターをご利用ください。




画像表示2(ref)


#ref(ここに画像のURL)
もしくは
#ref(アップロード画像ファイル名,画像がアップロードされているページ名)
と入力することで指定した画像を表示します。
また()内, 区切りで 3つ目以降 に以下のパラメーターに指定することで動作を変更できます。

パラメーター 説明
center 画像を中央寄せ
left 画像を左寄せ
right 画像を右寄せ
height=(数字) 画像の高さを指定
title=(文字列) カーソルを合わせたときにポップアップされる文字列
alt=(文字列) 画像の代わりに表示される文字列
width=(数字) 画像の幅を指定
linkpage=(ページ名) リンク先ページ名を指定(実験中)
height=(数字) 画像の高さを指定
(その他追加URL) 画像指定以降のURLは、記述したURLへのリンクとなります
blank (その他追加URL)とblankを指定すると別ウインドウで追加URLを開きます


このプラグインはブロック要素(#ref)とインライン要素(&ref)の両方を利用できます ⇒ブロック要素とインライン要素の違いについてはこちら

例)
#ref(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif)
#ref(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,,center)
#ref(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,,http://atwiki.jp,blank)
と入力すると
と表示されます。

プラグインを記述したページにアップロードされた画像を表示する場合、
画像がアップロードされているページ名の記述を省略することができます。
省略してかつパラメーターを使用する場合は2つ目のパラメーターを何も入力せず、,(カンマ)を続けて記述してください。
&ref(s1.gif)
&ref(s1.gif,,title=ページ名省略,width=200,height=100)
と入力すると


と表示されます。

  • 注意:画像ファイル名は半角英数と"-"(ハイホン)"_"(アンダバー)の記号のみ使用できます。



アップロード画像の別ウィンドウ表示(blankimg)

&blankimg(画像ファイル名)

と記述することで、アップロードした画像ファイルを別ウィンドウで表示させることができます。
,区切りで以下のパラメーターを指定することでサムネイルのサイズを変更できます。

※画像ファイル名の代わりにURLの指定も可能です。

※アップロードした画像を表示させるには、プラグインを使用するページに予めしておく必要があります。
(「編集」>「このページにファイルをアップロード」)

パラメーター 説明
width=(数値) リンク用サムネイル画像の横サイズを指定
height=(数値) リンク用サムネイル画像の縦サイズを指定
※サイズ指定がない場合は、128x128のサイズになります。

使用例)
&blankimg(sl.gif,width=102,height=76)

sl.gif

  • 注意:画像ファイル名は半角英数と"-"(ハイホン)"_"(アンダバー)の記号のみ使用できます。



ランダム画像表示(random_img)

&random_img(画像ファイル名,画像ファイル名,画像ファイル名,…)

と記述することで、ランダムに画像を表示させることができます。

※表示させる画像は、プラグインを使用するページに予めアップロードしておく必要があります。
(「編集」>「このページにファイルをアップロード」)

※画像ファイル名の代わりにURLの指定も可能です。

使用例)
&random_img(s1.gif,s2.gif,s3.gif,s4.gif,s5.gif)

s5.gif


  • 注意:画像ファイル名は半角英数と"-"(ハイホン)"_"(アンダバー)の記号のみ使用できます。


ウェブサイトのサムネイル画像リンク作成 (simpleapi_img)


2014/9/16 現在、ご利用いただけません。

&simpleapi_img(URL)

と記述することで、ウェブサイトのサムネイル画像を使ったリンクを表示させることができます。

※一度の表示で2つまでのご利用となります。

使用例)
&simpleapi_img(http://atwiki.jp)

現在、simpleapi_imgプラグインはご利用いただけません。

※こちらの機能は、SimpleAPI ウェブサイト・サムネイル化ツールを利用させていただいております。

  • 注意:画像ファイル名は半角英数と"-"(ハイホン)"_"(アンダバー)の記号のみ使用できます。



Lightbox JS 画像ポップアップ表示プラグイン(lightbox)

&lightbox(画像ファイルのURL)
と記述することで、Ligtbox JSを使った画像のポップアップ表示ができます。
wikiのページにアップロードした画像を使用する場合は、画像ファイル名を指定します。
,区切りで以下のパラメーターを指定することで動作を変更できます。
パラメーター 説明
画像URL
または
画像ファイル名
ポップアップに表示する画像を指定します。 (必須)
link=text
または
link=image
textを表示することで、titleで記述した文字を表示します。
imageを指定すると、URLまたはファイル名で指定した画像をサムネイル表示します。
(デフォルト:text)
title=(文字列) 指定した画像と同時にポップアップ表示される文字を指定します。
link=text 指定時、表示する文字列としても扱います。 (デフォルト:Thumbnail)
percent=(数値) link=image 指定時のみ有効。サムネイル画像の縮尺をパーセンテージで指定します。
width=(数値) link=image 指定時のみ有効。サムネイル画像の横幅を指定します。
height=(数値) link=image 指定時のみ有効。サムネイル画像の縦幅を指定します。
(注意
  • lightboxプラグインの使用は1ページにつき1回までとなります。
  • link=imageを指定時でかつ、percent, width, height をどれも指定しない場合、オリジナルサイズの画像を表示します。
  • percent と同時に width または height を指定した場合、width と height の値は無効となります。

使用例)画像サムネイル表示で、クリックするとオリジナル画像をポップアップ表示
&lightbox(http://atwiki.jp/image/header_logo.gif,link=image,title=@wiki,percent=50)
と入力すると以下のように表示されます。
画像をクリックすると、ポップアップ表示します。
@wiki


pixivイラスト表示(pixiv)

#pixiv(){埋め込みHTMLタグ}
と入力することで、pixivのイラストを表示します。

pixivは、イラストの投稿・閲覧を通じて、気軽にコミュニケーションできるWebサービスです。
埋込み用HTMLタグは、pixiv*のページで簡単に取得することができます。

使用例)※ 使用例表示の都合上一部改行をしておりますが、プラグイン使用の際には改行せずにHTMLタグを入力ください。
#pixiv{
<iframe style="background:transparent;" width="380" height="168"
frameborder="0" marginheight="0" marginwidth="0" scrolling="no"
src="http://embed.pixiv.net/code.php?id=
839174_4392b74b9211adbb7ea40c32b6b1f105"></iframe>
}