#hightlight(){
  プログラムソースコードを記述
}
とすることでソースコードをハイライトするプラグインを追加しました



ソースコード内に{や}が含まれる場合には
#hightlight(){{
  プログラムソースコードを記述
}}
としてください

また()ないに以下のパラメーターを記述することで動作を変更できます


パラメーター 説明
linenumber 行番号を表示します
プログラム言語名 ソースコードの言語を指定します。例) html,css,php,java 等

指定できる言語は下記の通りです。
  • php
  • html
  • html4strict
  • html5
  • java
  • javascript
  • perl
  • python
  • ruby
  • cpp
  • c
  • css
  • actionscript
※「ソースコードモード」においても使える言語は同様です。

使用例)


#highlight(){
  echo "----";
}
と入力すると
echo "----";
 
と表示されます

#highlight(linenumber,php){{
function hoge(){
  echo "----";
  echo "----";
}
}}
と入力すると
  1. function hoge(){
  2. echo "----";
  3. echo "----";
  4. }
  5.  
と表示されます
#highlight(linenumber,css){{{
.class1{
    color:#FFFFFF;
}
}}}
と入力すると
  1. .class1{
  2. color:#FFFFFF;
  3. }
  4.  
と表示されます
#highlight(xml,linenumber){{
<xml>
 <aaa>
   <bbb a="b" />
 </aaa>
</xml>
}}
と入力すると
  1. <xml>
  2. <aaa>
  3. <bbb a="b" />
  4. </aaa>
  5. </xml>
  6.  
と表示されます