※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GalaMate×1 ⇒ ★アレナ...
酒場のオヤジ >> ルシュフロスさん。またお越し下さいませ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:50)
◆ルシュフロス >> では、アレナ。 先に戻ってますね。(ぽんぽん、とアレナの肩を叩く。そして、自身は出口へと足を向け…さて、彼女を迎えにくるために力のある若者を連れてこないと。 ) ひどいですね、機会を無理にでもつくってください。(軽い口調でそう告げて。 自身も扉に手を掛け 外へと。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:50)
酒場のオヤジ >> シルファリオスさん。またお越し下さいませ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:50)
◆シルファリオス >> またいつか…。(だらっとした調子で出て行った。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:50)
◆シルファリオス >> 診察の必要はないぜ…。気のせい気のせい。(ひらり、と手を振って、)機会は…ないほうがいいやも。(扉を開けて、)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:49)
◆ルシュフロス >> えぇ、ではまた機会がありましたら。(にっこり、と笑顔つくって手を振る。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:48)
酒場のオヤジ >> ルシルさん。またお越し下さいませ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:48)
◆ルシュフロス >> 歯、および顎の力が弱っているのでは?(シルファリオスに。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:48)
◆シルファリオス >> …別に?医者ならいい奴だし。逃げる理由はない。(さらりと微笑んで、)じゃぁ…な。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:48)
◆ルシル >> では、マスター・・また必要になったらよろしくお願いしますね(そういってぺこり会釈し、扉を開け)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:47)
◆ルシュフロス >> 服ならきていますよ、小さなお医者様。(自分もカウンターへ代金おく。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:47)
◆ルシル >> では、服は着たほうがいいですよ・・(カウンターに代金置いて扉へと)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:46)
◆ルシュフロス >> なんだか、まるで私から逃げるような帰宅ですねぇ。(目を細めて見つつ)まぁ…私も、帰りますか。今の状態では彼女を運んで帰るのは難しいので、マスター。(店主の方へ向き、声をかけた。)彼女がもし閉店間際になってもまだいたら…そうですね、連絡をください。人を連れてきますので。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:46)
◆シルファリオス >> サンドイッチと水だけ食うのにどっと疲れちまったのよ。(ため息。)おやじー、ありがとなー。(銅貨を数枚、カウンターにおいて立ち上がった。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:46)
◆ルシル >> はい、また・・(帰るシルファリオスへ手を振って)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:45)
◆ルシル >> ええ、私もある意味ピンチです・・(同じく溜息)とりあえず私はマスターに用事はすませましたし・・この辺で・・・!(といってカラになってないレモンティおいたまま立ち上がろうと)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:44)
◆ルシュフロス >> 攻撃?(全くそのつもりがない女は心底不思議そうにするばかり。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:44)
◆シルファリオス >> 最後に鼻から失血死だな。(頷いた。)…ちびすけ、俺…もう帰るわ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:44)
◆ルシュフロス >> 何の限界かは知りませんが、もし体調不良になりましたら是非に私の経営する診察所に来てくださいね。(さりげに宣伝しつつ)こうして、人は成長していくんですねぇ。(胸を張るシルファリオスの姿を見て、しみじみと零した。)どうしたんですか、急にため息なんて。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:43)
◆ルシル >> ウブな人には凶悪な攻撃ですね・・これ・・(フキフキ、ハンカチ取り出し拭きながらボソッとぽつり)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:42)
◆シルファリオス >> …何かもう俺的に何かの限界を感じるぜ…流れが分かってきた様な…!(スキルを上げたらしい。胸を張って)…はあ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:42)
◆ルシュフロス >> っと!?(噴出しそうになったルシルへ吃驚した顔向け)だ、大丈夫ですか?(もしルシルがこの場でむせれば、背中を恐らくさする。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:40)
◆ルシュフロス >> (ルシルも諦めた様子に満足そうに頷いた。) おや、今言おうとした事を先回りとは…スキルを上げましたね。(感心した。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:39)
◆ルシル >> ・・・ッ・・(ルシュフロスの行動に一瞬目が行き、飲んでいたレモンティーを噴出しそうになる)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:39)
◆シルファリオス >> いやいや、幻覚見てるわけでもなんか熱っぽいわけでもないッ!(ぶんぶん首を振る)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:38)
◆ルシル >> まぁ・・そうですね・・(シルファリオスの言葉にこちらも半場諦めたご様子、レモンティーを飲み)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:37)
◆ルシュフロス >> ふふ、認めて頂けるのなら嬉しい限りです。(ちゃんとした医者じゃないが、ここで言ってしまうと話がややこしくなりそうなので黙っておいた。) ? (斜めむく視線に不思議そう。)何かそちらにいるのですか?(最初に戻る。嫌なループ。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:36)
◆シルファリオス >> ……。(例によって視線はちょっと斜めに向けられた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:35)
◆シルファリオス >> 露出してないから露出狂と訴えることもできぬ、か。(どうしようもないな。)ぬう、それでもちゃんとした医者なら…問題ない、んじゃ…ねぇ、かなあ。(しぶしぶ認める方向で)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:35)
◆ルシュフロス >> ありがとうございます。(絶賛されれば、にっこりと艶っぽい笑み浮かべた。アレナの方から戻ってきて、椅子に座る。足を組むため、太ももが大きく露わになるがやっぱり気にした様子なくカップを手に取りコーヒーを一口。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:34)
◆ルシル >> な、なるほど・・たいした精神力をおもちなのですね・・!(なぜか絶賛、シルファリオスの耳打ちに私が聞きたいくらいです!困惑)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:33)
◆ルシュフロス >> といっても、こればかりは私の信念ですからねぇ。(断言されても、難しい顔。)寒い場合は素直に寒いといいますよ。まぁ、だからといって格好を改めるつもりはありませんが…。そうですね、まず私を説得する事自体を諦めて頂く方針で。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:32)
◆ルシュフロス >> この格好で…そうですね、もう5年ほどその寒い夜を越えてきているので、あまりそれは問題ではないですね。(あっさり。)その薄着具合をカバーする体調管理をしているのでそれもまた問題にはなりません。(きっぱり。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:30)
◆シルファリオス >> ちびすけ、どうする。(ルシルに丸投げ。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:30)
◆シルファリオス >> わりと気にしろ。(断言した。)…寒くても寒くないといいそうだし…。どう説得したものか。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:30)
◆ルシル >> Σ(言った言葉が寒くないの一言がはじき返されて地味にショック受けた小柄、額に指をあてて)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:29)
◆ルシル >> ほ、ほら・・夜はこれから寒くなりますし(にっこり(顔は若干ひきつりながら))あまり、薄着していると体にも悪いですよ?(とりあえず説得)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:28)
◆ルシュフロス >> 他人の気持ちはわりとどうでもいいので、却下です。(呟くを拾って、すごく素敵な笑顔でシルファリオスに返した。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:28)
◆ルシュフロス >> 妙な気絶の仕方ですね。まぁ…(診断続けつつ)大丈夫そうです。一応、帰って…傷が残らないように薬と、万が一のために…(この後対処方法をぶつぶつ、といいつつ。)厚着? 私は寒さを感じていないのでいりませんよ。(シルファリオスと同じ答えを返した。寒くても、この格好を貫き通すのは秘密だ。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:28)
◆シルファリオス >> …見てるほうが恥ずかしいって言うことを分かって欲しいな…。(呟いた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:26)
◆ルシュフロス >> (アレナの、灰皿の当たった部分見て、簡単な検査を始める。)シャツ? 別に寒くないのでいりませんね。(そういう意味じゃない。だが、女はそう解釈した。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:25)
◆ルシル >> 当たり所・・ですか(ふむ)・・・目を開けたまま気絶してるんですか・・(なぜかそういう結論に思い当たった小柄)とりあえず、もう少し厚着してみてはいかがでしょう?(視線をルシュフロスに向けて)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:24)
◆ルシュフロス >> そうですか。ならば構いません。(視線の移動に気付いて)先ほどからああなのですよ。私が来たときにはすでに…と、灰皿が当たって気絶? ………。(ガタガタッ、と音立てて席を立ち アレナの方へ。) kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:23)
◆シルファリオス >> …つーか、マジでシャツとか羽織った方がいいと思うぞ。(ルシュフロスに、真面目な表情で)…んー。あの人は、ちょっと頭にあたった灰皿の当たり所が悪くてね。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:22)
◆ルシュフロス >> そいて…そして。(噛んだ。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:21)
◆ルシュフロス >> あぁ、お疲れ様。っそいて、がんばってらっしゃい。(ひらひら、と魔王は救世主に手を振った。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:21)
◆ルシル >> いえ、体調には気を使っていますのでご心配なく・・・(フリフリ、右手振って。・・ところでもう一人の固まってる人は一体・・チラリ、視線はアレナのほうへ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:21)
◆シルファリオス >> ………!(一人消えることでとんでもない喪失感を覚える!)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:20)
酒場のオヤジ >> キサラさん。またお越し下さいませ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:20)
◆キサラ >> さて、マロは厨房勤務の時間なのぢゃ。(椅子から立ち上がり)……まぁ、頑張るのぢゃぞ。男性陣。(それは死の宣告、救世主は消えたのだ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:20)
◆ルシュフロス >> ああ…もしかして、これもですか。(言われてワンテンまたポ遅く気付いた。)世の男性は初心すぎですねはー…、この格好だとまた別の面倒事が出てきますね。(むむ、と顔をまたしかめる。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:19)
酒場のオヤジ >> キサラさん。いらっしゃいませ。 kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:18)
◆ルシュフロス >> 医者の不養生なぞ笑い草にもなりません。 まぁ、無理にはしませんけど…(あんまり無理矢理すると、アレナにスリッパで叩かれてしまうから。 とは口には出さず)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:18)
◆シルファリオス >> ……俺を見たとき男だからって分かってくれたんじゃねぇのか…。(それとも男と見られてないのか、)…俺よりイキがいいから鼻血出して連れ去られるかも知れねぇ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:18)
◆ルシル >> いえ、本当に大丈夫ですから・・!(ははは・・っと苦笑しつつ、心はへるぷみー)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:16)
◆キサラ >> (そりゃ前に語った事ぢゃろうが、と一人でボケツッコミを心の中で)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:15)
◆ルシュフロス >> 薬専門…ということは、薬剤師の方ですか。(ふむ、と一つ頷いて) もし、風邪だったらどうするのです。風邪をこじらせ、大病を招く事はさして珍しくありません。ちゃんと診た方が…(手を下げず、ブンブンと振られた手を邪魔そうに見る。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:14)
◆キサラ >> (再びシルファリオスの隣へ座った)大丈夫ぢゃ、怯えるでないぞ。マロが護ってみせるのぢゃ。(心強い声がシルファリオスへと投げられた。メイドだけど)……今度は顔が真っ赤だ、熱もありますね。とか言いそうぢゃのう。(予言する、エルフメイド)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:14)
◆ルシル >> あ、ありがとう・・(運ばれてきたレモンティー、一口含み)ある意味危険な気がしますね、うん・・(あいかわらず目はそらしたままぽつり)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:13)
◆ルシル >> そ、そう・・ですか。(はっきりといわれて若干ビックリ)いいえ、病院に正式にはいません・・お薬専門なので。(問いに対して顔赤いまま眼をそらしつつ)い、いえいえいえいえいえ!!(近づいてきたルシュフロスに、更に顔真っ赤で両手をブンブン振って否定,)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:10)
◆ルシュフロス >> はぁ…男殺しですか。初めてもらいましたね、そのような言葉は。(女性だと触診が甘い事をいいことに、いつもより手が早くでる医者。 まず、相手が照れてるとか、そういうのより健康を疑ってしまう性分。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:09)
◆シルファリオス >> ……ううう。(でじゃう"?)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:09)
◆キサラ >> ……。(何かさっき見た光景だったが、敢えて何も言わなかった。何故ならその方が面白いからである)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:08)
◆キサラ >> (摘んだミックスサンドを嚥下し、出来上がったレモンティー片手に)お待たせいたしました~♪(ルシルの手元にグラスを置き、満面のスマイル、スマイル)ほっほっほ、マロを救世主として崇めると良いのぢゃ。(優雅に笑って、メイドはほざいた)……医者と言うか、男殺しぢゃな。(ルシュフロスを見て、心底思った)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:07)
◆ルシュフロス >> えぇ、立派な医者ですよ。(資格もって(以下略))病院勤めの医者ですか?貴方は…。(顔を紅潮させるルシル見て、一瞬 きょとん。)おや、なんだか顔に赤みがありますが…熱があるのでは?(熱計ろうと、ルシルの額に手を伸ばす。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:06)
◆ルシュフロス >> 理不尽! そう言われてしまう私が理不尽な気分なんですけどねぇ。(むむ、と顔少ししかめて) ああ、誰も彼もが私に否定的です。(上着じゃない発言されたりして、眉をひそめる医者。自業自得という言葉を知らないのだろうか。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:04)
◆ルシル >> え!ええと・・ま、まぁ・・いろんな方がいますし・・(いきなりシルファリオスに差し伸べられた手を握り返し、困惑)同業者・・というとあなたはお医者様ですか・・?(露出してる感じがとてもそうはみえないと思った、顔が熱くなり、すぐに顔をそらす)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:03)
◆シルファリオス >> エルフぅ…。今いてくれてるのが一番心強いぜぇ…!(切実に。)…白衣は上着じゃねぇ!シャツとかトレーナーとかあるだろう!(異議を申し立てる!)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:02)
◆キサラ >> そりゃ既に上着ぢゃないのぢゃ。(ズバリ、ルシュフロスへと言った)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 22:01)
◆キサラ >> (レモンティーが出来上がるまで待つメイド)いや、お主の言う事は的を得ておるがのぅ……理不尽だと思うのぢゃ、お主が語ると。(犯罪者に正義を語られてる気分、そんな気分)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:59)
◆ルシュフロス >> っと、おや…白衣って事は、同業者ですか。(まぁ、彼はちゃんと資格持ちだろうが、と心の中で呟く。) 上着?着てるじゃないですか。(白衣を指さした。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:59)
◆シルファリオス >> だって変な状態じゃないかよ。上着はどうしたんだよ…!(ルシュフロスに、責めるような声で)…ううう、レモンティーのちびすけっ。絶対普通と言いたくないこの気持ち…分かってくれッ!(ルシルに手を差し伸べて、)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:58)
◆ルシル >> Σ(指注された、図星、体が一瞬びくつく)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:58)
◆ルシュフロス >> まぁ、確かに…大体の方はまじまじと露出部分を見るか、チラチラと見るか、もしくは、この方のように意識的に目をそらしますね。(びしっとルシルを長い爪で指さし)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:57)
◆ルシュフロス >> 変態? 初対面の人にあまり物事をズケズケと言うものじゃありませんよ。(窘めるような声。言われ慣れているが、だからといってスルーはしない。)では、珍妙なお方にしておきます。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:56)
◆キサラ >> ( -_-)←(戻ってた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:55)
◆ルシル >> (なにやら、意識的にルシュフロスのほうは見ないふりをしている模様)こんばんわ、皆様。(全員に見えるように立って小さく会釈し、また座る)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:55)
◆キサラ >> かしこまりました~♪(ルシルの注文を聞き入れて)約束通り、一切れ貰うのぢゃ。(ひょい、とシルファリオスのミックスサンドを摘んで)マロは寧ろ、チラリズムの方が危険だと思うがのぅ……。(再び、シルファリオスの隣に座るメイドエルフ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:55)
◆シルファリオス >> …やはりおやじもそう思うよな…。(おやじの人間的な所を垣間見た!)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:54)
◆ルシル >> すいません、ここのマスターさんは・・(視線彷徨わせて見ればボトルを拭くマスターに目をとまり)遅れてすいません、これです。(マスターになにやら子袋を渡し、席につく)では、レモンティーを一つお願いします(適当な席に着くとキサラのほうへ視線向けて)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:53)
◆ルシュフロス >> おや、慣れたと思ったら…またその顔ですか。(男で初めて訪問した時の顔と同じだったので、つまらなそうに現在女は親父に文句を零す。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:52)
◆シルファリオス >> 変態は…好きじゃないからなッ!(決断。)…お前には変わっていると言われたくない…!お前には!(ぶんぶん首振って、)…や。いらっしゃい。(気を散らすためルシルに関心を向けようとした。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:51)
◆キサラ >> (;´д`)←(ちなみに酒場のオヤジはルシュフロスを見てこんな顔してます)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:51)
◆ルシュフロス >> 何を言います。白衣があるとないじゃ全然違いますよ。チラッと見えるのと、モロ見えてしまうのでは…(と延々と語ろうとしたら)こんばんわ。酒場に入るのに挨拶をするとは…また変わった殿方が増えました。(ルシルの方へ視線をやりつつ、コーヒーをぐびぐび。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:50)
◆キサラ >> いらっしゃいませ~♪ ご注文がお決まりになりましたらお呼び下さいませ~♪(ルシルに向けて、スマイルスマイル)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:49)
◆ルシュフロス >> 失礼な殿方ですね。 下着? まぁ、減るものじゃないのでいいんじゃないですか?(客観的にみると、やっぱり羞恥心のSの頭文字も無かった。)負けと感じますか…。変わった人ですね。君。(メリハリのきいた柔らかな曲線はそう言って、近場の椅子に座りコーヒーに手を伸ばす。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:49)
酒場のオヤジ >> ルシルさん。いらっしゃいませ。皆様、夜分失礼します・・(キィ・・っと酒場の扉を押し開けて入ってくる白衣姿の青髪青年)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:48)
◆キサラ >> ……ぽんぽん。(語るは無粋、何かご主人を慰めるメイドというか……部下に慰められる上司?)そりゃ同じようなもんぢゃろ……。(ルシュフロスの言葉に、そう返した)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:48)
◆ルシュフロス >> (出しちゃダメです。メイドさん!)いやですねぇ。流石に下着姿では街中を歩きませんよ。(ははは、と軽く笑った。)何があってもこの白衣をなしには外へ出ませんから。(らしい。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:45)
◆シルファリオス >> ううう…ッ、何から何まで申し訳ねぇ…!(キサラの気遣いが暖かく感じる…!)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:45)
◆シルファリオス >> 何か…何か得だと思っちゃ負けな気が…!(食い下がる。)くッ…!(照れ隠しにミックスサンドに噛み付いた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:44)
◆キサラ >> ……。(まぁ、喰えよ。と、ミックスサンドを手に取り、シルファリオスの目前に差し出してやった)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:43)
◆ルシュフロス >> おお、親切ですね。的確かつ迅速なサービス。(キサラをパチパチ、と拍手送って褒め)おやおや、見ておいて損はないですよ。ここまで高級な下着はそうお目にかかれませんから。(別の意味で推奨した。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:42)
◆シルファリオス >> ……。(もう何か付いていけなくなりそうで帰ろうかと思った。)…いや、ねーよ!ねーよ羞恥心。何で人前に下着を…!(断固反対する!)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:42)
◆キサラ >> (こちらも下着でも見せてやろうかと対抗心が湧いたメイドであった)うむ、下着は最高級の装飾ぢゃからな。ほっほっほ。(優雅に笑えば、ティッシュは受け取られた)そのうちシースルーの下着姿で街中歩きそうな勢い持っとるがのぅ、お主は。(語れば、メイドキャップの位置を直した)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:42)
◆ルシュフロス >> 大丈夫ですか?やっぱり、何か異常が…って、ああ。(ワンテンポ遅れて)そうですね、男性ですものねぇ。(意味ありげに頷いた。)羞恥心? ありますよ。(素肌で白衣がいけしゃあしゃあ。下着オープンがいけしゃあしゃあ。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:40)
◆シルファリオス >> …どうも、(ティッシュはありがたく頂戴した。)…ちくしょっ、妙にリアルに目に焼きついてしまったッ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:39)
◆ルシュフロス >> (ガン見されても、素肌で白衣を着るような人間である。恥じらう様子もなく)えぇ、眼福でしょうとも。某ブランドのランジェリーです。(値段がかなり張った下着。わざわざ取り寄せたのだ。)その気持ち分かります、酒場は人間観察すると面白いですよねぇ。いろんな人といろんな会話があって。(そこで、やっと襟から手を離す。そのためやっと濃紺の下着は白の布に隠れて)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:39)
◆キサラ >> (無言で、無言で。何で二回いうねん、何で二回いうねん……一人ボケツッコミはエルフの心の中で)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:38)
◆キサラ >> ……。(無言でポケットティッシュをシルファリオスに無言で差し出す。当然、満面のスマイル)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:37)
◆シルファリオス >> うごゥっ!(もろに見てしまった。それはもう鼻血を吹く程の勢いで見てしまった。)ううう…あんたに羞恥心って物はないのかよ…。(何か見ちゃいけないような気がして目を背けた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:36)
◆キサラ >> ……。(豪勢な刺繍の……こう、そそられる下着であった。何故かエルフはガン見して)眼福、眼福。(ルシュフロスを拝んだ。なんか後光が差してるように見えた)客のやりとりは面白いからのぅ、ほっほっほ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:35)
◆ルシュフロス >> (ぐいっと二本の指でシルファリオスの目を見開かせ)ふむ、ふむ…(じっと見る。)本当に異常はないですね。おっしゃる通り、普通です。(ちょっとつ面白くなさそうに呟きを漏らして)下の服?下着なら来てますけど。(ぴらり、襟の部分を掴んで開く。濃紺の、豪勢な刺繍があしらってある下着の一部が大きく露わになる。)楽しそうですねぇ、エルフのメイドさんは。(キサラを横目で見つつ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:33)
◆キサラ >> (ミックスサンドをシルファリオスの目前、コーヒーはその側面、エルフは逆側面へと腰掛けた)ほっほっほ。愉快、愉快なのぢゃ。ほっほっほ。(そのやり取りを可笑しそうに傍観する)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:31)
◆シルファリオス >> 普通だッ!普通だ、俺の目!(藍色の瞳をくるくると瞬かせて)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:30)
◆シルファリオス >> エルフより年上にはなれないだろうけど。(ははは)いや、むしろ若い若くないの問題では…!(慌てた。)白衣はいいよ。白衣は普通だよ。俺が言いたいのは、何で…何で下の服がないのかと言うことなのだが…ッ!(ルシュフロスに指を突きつけた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:29)
◆ルシュフロス >> (そんな事つゆ知らず)でも、彼女だと料金をとりそうなものですが、どうしたんでしょうね。病でしょうか。(病扱い。)(届けられれば)ありがとうございます。(ぺこ、と軽く会釈する。 )えーと、そこに置いてくださいな。(席も決まっていないまま、目の検査にシルファリオスに近付いているので側のテーブルを指さして)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:29)
◆ルシュフロス >> おや、そうなのですか? 直視できない、とおっしゃったのでてっきり…(一応確認のため目の検査をしようと顔に、厳密には目の方へ手を伸ばす。)見てて恥ずかしい格好? 白衣がですか、変わったお方ですねぇ…。(そこじゃないのだが、女はそう解釈した。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:26)
◆キサラ >> (まぁ『お触り自由』って書いたの、マロなんぢゃがな)ほっほっほ、若いのぅ。(シルファリオスの動揺に笑みを浮かべて)おまたせいたしました~♪(出来上がったソレを受け取り、シルファリオスとルシュフロスへと届ける)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:26)
◆ルシュフロス >> おや、仕事の顔と私事の顔を同時に出すとは…まぁ、区切ってはありますが微妙な所ですね。(とかなんとか評価を勝手に下しつつ)魔乳…? おやおや。(指さす方向を視線を向けると見知った姿。)わぁ、仕事場にいないと思ったら…こんな所で、えぇ(『お触り自由』)珍妙な事してますね。何してるんです?(アレナに問いの声。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:24)
◆シルファリオス >> いや、別に目が悪いわけでも熱があるわけでもないがッ!(つい、と赤い顔でさりげなく視線を逸らした。)見てて…見てて恥ずかしい格好と言うのはこういうことなのかッ!kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:23)
◆ルシュフロス >> ? どうしたのです、目に異常でも?(それは大変です、と言ってズカズカとさらに近寄れば シルファリオスの顔をのぞき込む。)えぇ、医者です。(資格もってないけど。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:20)
◆キサラ >> かしこまりました~♪ 少々お待ち下さいませ~♪(ここまで、営業メイド)そこの魔乳ナースが、お主の事を探しておったぞ。(指差す先はカウンターの奥、胸に『お触り自由』と書かれた姿があった)ほっほっほ、初々しいのぅ。(シルファリオスをからかう、初々しいとかそんなレヴェルじゃあないのだが)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:20)
◆シルファリオス >> くッ、直視できない。(悲しいほどに変態的、否、扇情的)…えーと、ひとまず…あんた、医者さま?(ルシュフロスに訊ねた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:18)
◆ルシュフロス >> ああ、では…コーヒーを一杯頼みます。(いつものお決まりの注文しつつ、スマイルにスマイル返す。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:18)
◆ルシュフロス >> おやおや、初対面でありながらなかなか失礼な事を申してくれますねぇ。(少し眉をひそめた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:16)
◆キサラ >> (ある意味、裸にワイシャツより直球では無いかと思いつつ)いらっしゃいませ~♪ ご注文がお決まりになりましたらお呼び下さいませ~♪(変態だろうが露出狂だろうが、お客様は神様である。スマイル、スマイル)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:16)
◆キサラ >> ミックスサンド、少々お待ち下さいませ~♪ ……変態ドクター、そのまんまなのぢゃ!!(ババーン!! 魔乳ナースの語ったまさにそれが目の前に)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:15)
◆ルシュフロス >> (シルファリオスの声で、ふと我に返り) なんの話ですか? (顎に手を当てたまま、不思議そうな顔をして尋ねた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:15)
◆シルファリオス >> …………。(ふと後ろを振り向けば、)……何処かで聞いた特徴だなあ……。(呟きを漏らした。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:13)
◆ルシュフロス >> はぁ…参りました。これはかなり参りましたよ。(ぶつぶつと呟く。顎に手を当てて二人の方へと歩いてくる。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:13)
酒場のオヤジ >> ルシュフロスさん。いらっしゃいませ。(扉の開音。)(そこには白衣を着た女の姿。だが、問題は素肌に直接着ている。歩けばチラチラと濃紺の下着の一部が見え、スリットの深いタイトスカートからは太ももがチラチラ。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:11)
◆シルファリオス >> 楽しみにしている。(ふふん。)…そうなあ、ミックスサンド、を。一緒に食おうぜ?kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:11)
◆キサラ >> ほっほっほ、機会があればのぅ。(茶化すように、誤魔化すようにそう答えた)かしこましました~♪ ご注文は何になさいますか~♪(本当に切り替えの早いメイドエルフ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:10)
◆シルファリオス >> むう、俺ちょっと取っ組んでみたいかも。(体力派のエルフをにっかりと見つめて、呟いた。)ふはっ。そりゃそうだけどなー。…むう、マロさん、注文いいかな?すっかり腹が減ってしまった。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:08)
◆キサラ >> ほっほっほ、マロは頭が悪いからのぅ。ならば力を付けるしかなかろう?(つまりは、肉弾戦を得意とするエルフ)まぁ、それでこそオヤジ殿なのぢゃ。平々凡々では客も来ぬぢゃろうなぁ。(ある意味、オヤジのカリスマである)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:03)
◆シルファリオス >> へーッ、剣術の。エルフってあんまり暑苦しい所にいない感じだからさー。(意外、と。)いやー…おやじって時々凄いことさせたがるよな。(声を潜めて、おやじに聞こえないように。)何度惨劇を見たことか。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 21:00)
◆キサラ >> ちなみに、このメイド服はオヤジ殿の趣味なのぢゃ。(ババーン!!)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:56)
◆キサラ >> 故郷では剣術道場の居候ぢゃったからのぅ。そもそもこの森の住人ではないから……嗚呼、人嫌いのエルフとは相性悪いぢゃろうなぁ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:56)
◆シルファリオス >> あだッ。(額を押さえ、)むっ。エルフって人間嫌い系かと思ってたのに。こんなトコでそんな服着てるからには違うんだろうなあ。(色々と学んだ気分になった。)そういう奴ってやっぱし森に帰ったら怒られる系か?ほれ、人嫌いなエルフから。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:48)
◆キサラ >> 単に珍しいだけなのぢゃ。(コツン、と額をシルファリオスに当てて)うむ、割と街中でも見るからのぅ(身体の位置を戻す)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:44)
◆シルファリオス >> てんぐ…ん?(東のエルフは鼻も高いのか?)(まじまじとキサラの顔(鼻周辺)を見つめた。)……。(首を傾げ、)…ま、いいや。この国ってエルフが多い方なのか?俺、今まで会ったことないんだけども。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:42)
◆キサラ >> うむ、東洋では天狗などと呼ばれておったがのぅ。滅多に同族は見る事が出来んかったのぢゃ。(前髪パッツンの姫カットが語った)この地は同族が多くて驚いておるのぢゃ、ほっほっほ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:39)
◆シルファリオス >> そういう話を聞くと、おやじは絶対人間じゃないんじゃねぇかと思うことがあるや。あでっ。(カウンターからおしぼりが飛んできた。)…そういえば、んー…。(じ、とキサラの顔を見て、)耳がとんがってるのはエルフなのよな。東にもいるんだな、エルフ…。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:36)
◆キサラ >> 冒険者の頃は、石ころを投げて竜を狩ったと聞くからのぅ。(オヤジを指差して)ほっほっほ、マロは聞き上手ぢゃからのぅ。(ご機嫌なエルフメイド)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:32)
◆シルファリオス >> 灰皿飛ばす時も笑顔だったんかなぁ…。(ちょっと不気味だ。)…ふはー、俺はやっぱり相槌打ってくれる聞き手が好きだぜー。(キサラににっかり笑いで言う。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:30)
◆キサラ >> うむうむ、オヤジ殿は挨拶だけが取り得ぢゃから……いやいや、今日も笑顔が素敵ぢゃのぅ。ほっほっほ。(ステンレス灰皿を握るオヤジが見え、訂正した)確かに、聞いてくれる者がおると違うからのぅ。(何かご主人様の愚痴を聞くメイドさんみたいである)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:26)
◆シルファリオス >> そうよなー。俺は今、誰か一緒に引っ張って来ればよかったと思っている。(頬杖。)だってよー、おやじはだんまりが大好きなんだぜー?ほぼ独り言だもん。なぁ、マロさん?(キサラを呼ぶ。何か愚痴っぽくなってきた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:23)
◆キサラ >> 何せオヤジ殿とツーショットぢゃからな。今日はマロがおるがのぅ。(オヤジのものっそい爽やかスマイルが見えた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:20)
◆キサラ >> ほっほっほ、マロは東洋から来たのでな。なまりなのぢゃ、なまり(独特の笑い声、ポニーに結んだ黒髪も揺れた)確かに、誰もおらん酒場に入るのは気まずいのぅ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:19)
◆シルファリオス >> 予想以上に客がなくて。(入ったときに気まずくて。)んー、気まずッ。(口に出す。)それにしても変な喋りよなあ。お、おぬし。(ぎこちなく真似した。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:17)
◆キサラ >> 今日は珍しく客が少ないからのぅ、マロも退屈で仕方が無いのぢゃ。(辺りは一気に静けさを。三人の喧騒が消えた故)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:15)
◆シルファリオス >> ……うう。(女って怖えなあ。)んー、そうなあ。軽く何かをと思ったが。(予想外に頭が痛かったので。)(と肩をすくめて、)本来はわあわあ騒ぎの中でサンドイッチでも食おうかと思ってたのだ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:14)
◆シルファリオス >> よいしょッ、(流石に可哀想なのでカウンターの端っこの席に座って寝てる体に仕立て上げた。)はてさて。どうしたものか…うん?kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:11)
◆キサラ >> ほっほっほ、マロは陰湿なのぢゃ。(ご満悦)ところで……お主、お冷だけ飲みに来たのかの?(シルファリオスへ向き直り、問う)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:11)
◆シルファリオス >> …制服汚しちまった。落ちねぇぞー…。(落書きの内容は、まぁまた別の話)…マジで襲われそうだなあ…。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:08)
◆キサラ >> ――キュポン、カキカキ……カキっとな。(油性マジックを取り出し、乳に『お触り自由』と書いてやった)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:06)
◆シルファリオス >> そうなぁ……。灰皿の当たり所が悪かったかなあ。(頭をわしわしと掻きながら、アレナの方を見遣った。)…放っておくと邪魔だし目のやり場に困るし…どうしよう。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:04)
◆キサラ >> ……で、そこの魔乳ナースがオブジェクト化しておるのぢゃが。(指差す)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 20:02)
◆キサラ >> かしこまりました~♪(スマイル、スマイル。もう一杯注ぎに行く)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:58)
◆シルファリオス >> 街中で見たら教えてくれ…裸ワイシャツ。(普通に水飲んでお代わりを求めつつ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:56)
◆キサラ >> 制服のひとつにあった気がするがのぅ、裸着用用ワイシャツと書かれた衣類が(呟き、お冷をもう一杯注いだ)とりあえず、これでも飲んで落ち着いて話すのぢゃ、魔乳ナース。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:53)
◆シルファリオス >> そんなことしてやがるのは旦那の前の妻だけだろうが。街中で見たらただの変態じゃねーか。(ずびしっ。絶対間違っていると断固抗議。)しかもちょっとみてみたいし。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:47)
◆キサラ >> 見ておらんのぢゃ……ぢゃからマロの乳をむやみに触るななのぢゃー!!(ぺたーんには何も言わなかった。そりゃあ魔乳と比較すればぺたーんである)しかし裸にワイシャツなどいう悩殺ふぁあっしょんがあると聞くのぢゃ。(それは間違った知識です)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:43)
◆シルファリオス >> その発言はちょっと矛盾してないか。(「変態」と「いい先生」は。)……辻斬りでなきゃ、辻医者って言うんだろう。名前とかはないんかい?特徴は分かったけど。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:43)
◆シルファリオス >> ……うむ。(変態なんだろうな、やっぱりその制服。)斬新じゃないんだと思うな…ただの変態だと…kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:41)
◆アレナ >> そうなんですけど最近女になってて自警団の目を抜いてるんですーそして最近仕事ほったらかしに町をぶらついては辻斬りのように治療して喜んでる変態だけどいい先生なんですー。ぺたーん、ほんとにみてない?みてない??(わきわきと手を動かしながらズルズルと引きづられる女は泣いていた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:40)
◆キサラ >> お待たせいたしました~♪(お冷グラスをシルファリオスの前に置いた)ぢゃから変態ナースなら……(同じネタは三度まで)素肌に白衣とは斬新なのぢゃ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:38)
◆シルファリオス >> ウェイトレスすげぇ。(主に顔の使い分けが。)…にゅぅはぁふ?(男女?)見なかったな…いたら絶対どっかに通報するし。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:37)
◆アレナ >> わたしじゃなくてぇーーー、素肌に白衣きてる男か女か、今女になってるんだっけ。忘れたけどとにかくドクターさがしてんのー(半泣き入りながらシルファリオスに目を向け)あ、あなた!町の中で素肌に白衣の変態みなかった!?(らんらんと目を輝かせて聞く)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:36)
◆シルファリオス >> ぶッ…!(従業員が胸をつかまれるなんてワケ分かんない。)…何だこれ。つーか看護婦はさっきから何なのさ…。(変態医者って何なのさ。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:35)
◆キサラ >> (ちなみにカウンターまで引き摺っていった)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:34)
◆キサラ >> みぎゃあああああ!! せくしゃるはらすめんとなのぢゃー!!(腕をブンブン振り回すメイドエルフ)ぢゃからお主の目の前におるぢゃろうが魔乳ナース!! ……かしこまりました~♪ 少々お待ち下さいませ~♪(凄まじい力でアレナごと、乳を掴まれながらもお冷を注ぎ始めた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:33)
◆アレナ >> こら!ペターン!私の質問が先でしょ!!(わしゃっとキサラの胸を後ろから抱きつくようにつかみ)こなかった?素肌に白衣の先生kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:31)
◆シルファリオス >> 頭が痛いのでお水を下さい…。(注文した。飲むためではないが)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:31)
◆キサラ >> ご注文はお決まりになられましたか~?(スマイル、スマイル、スマイルエルフがシルファリオスへ。これが営業魂)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:30)
◆シルファリオス >> ううう、楽になれて嬉しいような悲しいような。(頭を撫で撫で、アレナを見遣った。)……。(どうやら入っていけそうにないので、黙って灰皿をマスターに返した。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:29)
◆キサラ >> (オヤジ殿の顔は『静かに』と語っていた)……むむぅ、これ程の戦を経験したのは……故郷での戦乱以来なのぢゃ……(よろよろと立ち上がる。ようやっとココでシルファリオスを板挟みしていた事実に気付いた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:29)
◆アレナ >> あぅん!(びっくりしたように灰皿が頭に当たり床につんのめる、シルファリオスの頭から消える重み。ぴくぴくとしながらも幽鬼のように立ち上がり。)い、いい勝負だったわ・・・(当初の目的は頭から抜け落ちたとさ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:27)
◆シルファリオス >> おやじっ!(ナイス!とばかりに下から抜け出した。)でも、うまいこと当たったら死ぬぜこれは。(呟く。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:25)
◆キサラ >> カコーンッ!!(あ、アレナにも飛んでいった)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:25)
◆キサラ >> (WINアレナ3-0キサラLOSE 決め手:オヤジ殿の援護射撃)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:24)
◆キサラ >> ふぁふぁらふぇのまえ――カコーンッ!!(ぢゃから目の前……ここまで言葉を紡いだ)(カコーンッ!! 良く通る音はオヤジ殿が投げたステンレス製灰皿)ぴくぴく……。(後頭部に直撃を受け、床へと倒れるメイドエルフ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:24)
◆シルファリオス >> どけって!とりあえずどかせよ!胸!(圧死するには哀れ過ぎた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:24)
◆アレナ >> いひゃ、いひゃひゃひゃひゃ!こひょお!!(なみだ目を浮かべ、シルファリオスを圧死の勢いで押さえつけていく胸。まったく譲らぬ攻防をキサラと繰り返す中一方的に攻撃を受け続けるシルファリオスはすこし哀れで)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:20)
◆シルファリオス >> しかも近いッ!む、胸がッ!(オトコとして当然ながら顔を真っ赤に非難。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:19)
◆アレナ >> 幸せで死ねるなら本望でしょう!寝てなさい!!(ズシンっとシルファリオスの頭に胸を下ろしキサラのほっぺを面白げにつねりながら。)さあ!はやく!はやくはやくうううう!!(ぐにににいんっと伸ばす)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:19)
◆キサラ >> ふぁふぁふぁふぇふぉふぁふぇふぃ~ふぉふふぉふぁ~(ぢゃから目の前におるのぢゃー)(ほっぺをぐにぐにされつつ、アレナのほっぺを同じように引っ張る)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:19)
◆シルファリオス >> …ぐうっ、今の俺、ゴム風船を叩きつけられたような吹っ飛び方だったぜぇ…!(両手で頭を押さえ、ちょっと眉を顰めてアレナを見遣る)……、お前ッ、とりあえず前見ろ!俺が軽く貴様で負傷!kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:17)
◆アレナ >> 私のは趣味よ!(キサラのほっぺをぐにぃぃっと引っ張りながら。)いいから、見た目変態とわかる医者こなかった?もう一発でこいつだああってわかるんだけど(迫るように、胸でシルファリオスをすり潰しながらつめよっていく)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:16)
◆キサラ >> (――そりゃあ魔乳の前ではマロの乳などちびっこなのぢゃ)(身長そこそこのエルフは心の中で呟いた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:15)
◆キサラ >> (吹っ飛んだシルファリオス、エルフはアレナを見遣るや否や)――でかっ!?(でかっ!? まさに魔乳)変態露出狂のナースなら目の前におるのぢゃ。(指差す)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:14)
◆アレナ >> ぜえ。はぁ。ぜぇ・・・・ここにも逃げ込んでいない・・・・(見回す目は鬼のように辺りを見回す、酒場の光に照らされたナース服はボタンの数かかなり少なく露出が高めの危険なナース服。)そこのちびっこい店員さん見た瞬間変態ってわかる医者こなかった!!(だんっとシルファリオスを完全無視でキサラに問い詰める)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:13)
◆シルファリオス >> ごぅッ!(派手に吹っ飛ばされてカウンターに頭部を強打した。)…うぐうッ…!(悶え苦しむ男。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:11)
◆シルファリオス >> ………。(うっ、もうちっと遅く来るべきだったか)(きょろきょろと店内を見回して、小さく呟いた。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:10)
酒場のオヤジ >> アレナさん。いらっしゃいませ。ドクターーーー!!(シルファリオスの後ろ、酒場のドアが弾けとぶように開き突っ込んできたアップテール髪のナース。そのグラマーな肢体を高速で走らせてきたのか胸という凶器でシルファリオスをふっとばす)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:10)
◆キサラ >> いらっしゃいませ~♪(ドアベルが鳴った、営業ボイスと営業スマイルをシルファリオスへと向けた)ご注文がお決まりになりましたら、お呼び下さいませ~♪(満面のスマイル、スマイル)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:09)
酒場のオヤジ >> シルファリオスさん。いらっしゃいませ。……。(一人の客が扉を開ければ、からりとドアのベルが鳴る。)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:07)
◆キサラ >> (オヤジは何食わぬ顔でボトルを磨いている)……おのれオヤジ殿、マロに何の恨みがあるのぢゃ。恨みがあるのは寧ろマロだというのに……(恨みとは、制服がメイド服の件であった)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 19:03)
◆キサラ >> (キュッキュッとな)うぅむ、拭くイスもなくなったのぢゃ……やはりオヤジ殿の頭を……(刹那、天井の明かりがオヤジの頭部を貫いた)うお、まぶし!! ……なのぢゃ!!(瞳を閉じ、よろけるメイド)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 18:56)
◆キサラ >> オヤジ殿の頭でも磨いてやるかのぅ……。(オヤジの頭部を見て、呟いた)……クビぢゃな、即刻クビぢゃな。やめておくのぢゃ。(今度はイスを拭き始める)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 18:41)
◆キサラ >> 接客、調理をせずとも給料は貰えるのぢゃが……やーっぱり暇なのぢゃー。(あっという間に全てのテーブルを拭き終えてしまった)ぼへーっ。kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 18:34)
◆キサラ >> いや、そのくせ酒やら食事やらは無駄に高価なモノがあるからのぅ……オヤジ殿、やはり侮れんのぢゃ。(テーブルをキュッ、キュッとな)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 18:22)
◆キサラ >> (仕方が無いのでテーブルを拭き始めた)しっかしこのテーブルもガタが来とるのぅ。買い換える銭も無いのかのぅ、この酒場は。(チラリとオヤジを見たが、鼻歌交じりにボトルを磨いていた)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 18:16)
◆キサラ >> (客がいないので暇を持て余すウェイトレス、ぼへーっと突っ立っている)暇な時間程、無意味な事はないのぢゃ……。(ボヤき、辺りを見渡すも……客はいない)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 18:10)
酒場のオヤジ >> キサラさん。いらっしゃいませ。ぼへー、なのぢゃ……。(メイド服を着た、黒髪エルフ)kktzkkwzwbbzkb(03/11/07 18:08)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|