雲雀恭弥


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

声 - 近藤隆
並盛中学校の風紀委員長。通称・ヒバリ。5月5日生まれの牡牛座(誕生日は学校が祝日という理由で覚えている)。年齢と血液型は不明(血液型については忘れたらしい)。了平と同窓らしい。身長169cm、体重58kg。一人称は「僕」。好きな言葉は「咬み殺す」、「ワオ」。好きな寿司ネタはかんぱち、ヒラメのえんがわ。好物は和食とハンバーグ。好きなカキ氷は宇治金時。愛車はスズキ・カタナ。
並盛中学校だけではなく、並盛町一帯の頂点に立ち、裏社会も牛耳る最強最恐の不良。武器である仕込みトンファーを使った近距離攻撃を得意とする。群れることと束縛を嫌う一匹狼で、他人が群れているところを見ると「弱くて群れる草食動物は嫌い」という理由で襲い掛かる。フゥ太の「並盛中ケンカの強さランキング」では1位。トンファーにはさまざまな仕込みがされており、その時その時に応じていろいろな武器になる。好戦的な戦闘マニアで、より強い相手と戦いたいという願望がある。愛校心が人一倍強く、風紀委員の部下に手配させた校歌を着うたにしたり、常に制服を着ているなどの諸行動が見受けられる。制服は学校指定のブレザーではなく、旧服の学ランを肩に羽織り、その袖には風紀委員の腕章を付けている。了平の入学時には既に風紀委員長であったこと[2]や、バイクを乗り回したり、「自分はいつでも好きな学年」という発言もあることから年齢は不明。過去の事は一切不明で、謎の男である。自分の攻撃を易々と防いだリボーンに興味を持っているようで、何かと絡んでくる。シャマルに攻撃を仕掛けたことがきっかけで、トライデントモスキートにより桜クラ病という桜に囲まれると立っていられなくなる病に感染していた時期があり、それが原因で六道骸相手に一方的に負けた過去から再戦の機会を望んでいる。また、アニメではそれが原因となって桜が嫌いになった設定が追加されている。


《VSヴァリアー編》
家光によって、ツナを守護する主要ファミリーの証として雲のリングの守護者に選ばれる。家庭教師はキャバッローネファミリーのディーノ。本人は指輪やマフィアに関してはまるで興味がなく、戦う場所と理由さえあればいいようで、嵐の守護者戦終了後にはヴァリアー相手に大暴れし、雲の守護者戦では激戦になると思われていたゴーラ・モスカを瞬殺するや、ボスのXANXUSを挑発し襲い掛かる。その後、ツナが正統後継者に決まったことによって、守護者の証である雲のリングを持つことになる。


《未来編》
10年後には、ボンゴレファミリーとは別に作った並盛中学風紀委員を母体とした財団「風紀財団」のトップに立っており、補佐を務める草壁からは「恭さん」と呼ばれている。「この世の七不思議」に関心を持っており、「匣(ボックス)」の研究や調査で世界中を飛び回っている。10年バズーカなどの事情をある程度知っているようである。10年後のツナの命によりボンゴレリングを破棄し精製度の低いリングを使用しているが、リングが強い波動に耐え切れずに壊れてしまうため、複数を持ち歩いて壊れるたびに使い捨てるという稀な運用方法を行っている。また、雲とは別に霧のカモフラージュリングを持っている。
10年後もその強さは健在のようで、即戦力を求めるリボーンが最初に合流したい最強の守護者として名前を挙げている。10年前との入れ替わり現象は起きておらず、獄寺と山本がγ(ガンマ)にとどめを刺される寸前に突如現れ、雲系の匣を使いγに圧勝。その後はツナの家庭教師を務め、鍛え上げる。また、骸が行方不明となったことにより、幻覚で補われていたクローム髑髏の内臓が失われた際には、ボンゴレリングを用いて自分自身の力で生きるよう助言している。ミルフィオーレの日本支部突入計画の際には、自らミルフィオーレのボンゴレ襲撃部隊に対向する囮となっている。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。