山本武


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

沢田綱吉(ツナ)の親友で補習仲間でもある、同じクラスの男子中学生。4月24日生まれの牡牛座でO型。寿司屋を営む剛を父に持つ日本人。14歳(中学2年生)時点で、身長177cm、体重63kg。並盛中学の野球部員。日課はバッティング場(並盛ボール)通い。将来の夢はプロ野球選手。実家は寿司屋「竹寿司」。好物は寿司。好きな飲み物は牛乳。好きな楽器は和太鼓(キャラクターソング「俺たちのJOY!」のジャケットでは、アコースティックギターを弾く姿も見られる)。ジャンプ誌上の人気投票では、第1回3位→第2回6位(人気キャラ部門)→第3回5位(男性部門)。

《性格》
性格は優しく大らか、相当な天然かつ気楽な性分でいつも笑顔を絶やさない。そののんびりした挙動の反面、危機的状況では鋭さをのぞかせる事もあり、根はかなりの負けず嫌いでもある。男女問わず人望が厚く、クラスではヒーロー的存在。運動神経や反射能力は抜群で飲み込みも早く、力を伸ばすための努力も怠らない一方で、独自の感覚的解釈で覚えてしまうために他人への指導は不得手。野球への熱意は人一倍強く、一度野球の動作に入るとたとえ子供の遊びでも加減ができなくなる癖がある。一度は腕のケガで野球を諦め自殺を図ったこともあったが、死ぬ気状態のツナに命を救われて親友になった(アニメではこのエピソードはカットされている)。ツナとは補習仲間でもあり学校の成績は芳しくない。喧嘩も強く、フゥ太の「並盛中ケンカの強さランキング」では2位であった。誰とでも親しく付き合おうとするが、獄寺隼人には一方的にライバル視されており何かと悶着が絶えない。


《ボンゴレファミリーの一員》
身体能力と人望の厚さをリボーンに気に入られ、ボンゴレファミリーの一員として数えられている。半ば巻き込まれる形でマフィアに関わっていくことになるが、本人はさっぱり理解しておらず、冗談や遊びだと思っている。

ボンゴレリング争奪戦においても相変わらず事情はよく分かっていないが、自分がやらなければならない戦いが「遊び」ではないこと、皆で勝つべき大切な戦いであることについては自覚し理解している。父・山本剛との鍛練で、それまで欠けていた「気迫」を身に付けた。武器は「山本のバット」「時雨金時」といった日本刀で、主に近距離戦闘が得意。


《VS黒曜編》
ツナや獄寺らとともに六道骸らのアジトにのりこみ、城島犬と対戦し、勝利を収める。その後ランチアと交戦し蛇鋼球の原理を解明するが、暴蛇烈覇を受けて気を失い、以降は戦線を離れることとなる。犬と戦った際にツナを守るために左腕を負傷したが、ツナが骸との決着を終えて1ヶ月後には完治し、野球試合に参加することができた。


《VSヴァリアー編》
ボンゴレNo.2の権限者である沢田家光によって、ツナを守護する主要ファミリーの証として雨のリングの守護者に選ばれる。家庭教師を務めた父から、剣術・時雨蒼燕流(しぐれそうえんりゅう)と、時雨蒼燕流で抜いた時のみ刃を現す(普段の形状は、竹刀)変形刀・時雨金時を継承する。雨の守護者戦では、かつて時雨蒼燕流(山本自身が継承したものとは八の型が異なる分派)の継承者を倒したスクアーロに苦戦を強いられるも、自分で編み出した時雨蒼燕流・九の型「うつし雨」で勝利する。常に峰打ちで戦ったり、敗北したスクアーロを助けようとする行動から、命のやり取りではなくあくまで勝利することだけを念頭においている姿勢が感じ取れる。

大空戦では他の守護者同様毒を浴びるが、死人がでると風紀が乱れることを理由に雲雀に解毒される。その後獄寺と共にマーモンベルフェゴールの罠にはめられ絶体絶命だったが、了平に助けられる。ツナが正統後継者に決まったことによって、守護者の証である雨のリングを持つことになる。

《未来編》

〈10年後の山本〉
雨の守護者を続けており、スクアーロの技である鮫衝撃(アタッコ・ディ・スクアーロ)を習得しているなどの点から、マフィアに関わっている(さらにスクアーロとの交流がある)と思われ、マフィアごっこではない事を理解している。しかし、性格などの根本的な部分は現代の山本と同じである。野球を続けているかは不明。顎に古傷ができており、時雨金時によく似た普通の日本刀を、常に背中にかけている。ボンゴレファミリーの二大剣豪の一人として名を馳せており、鮫衝撃を習得しているなど現代の山本と比べて格段に剣技が上達していると考えられる。また、雨のボンゴレリングは失っているものの、リングや匣は使いこなしている。

10年後に飛ばされた現代のツナと獄寺に、10年後の世界のことを説明する。野猿と交戦し終始優位に戦いを進めるが、交戦中に現代の山本と入れ替わる。


〈現代の山本〉
野猿との交戦中に現代の山本と入れ替わり、一緒に10年後に飛ばされてきたランボとハルを庇い、攻撃を受ける。初修行時に、いきなりリングに炎を灯し、皆を驚かせた。ちなみに炎の色は青。獄寺とともにヒバードの捜索中にブラックスペルのγ(ガンマ)と交戦するが敵の圧倒的な実力の前に苦戦を強いられる。

怪我から回復した後は、ミルフィオーレファミリー日本支部襲撃に向けて、リボーンから特訓を受け、時雨金時に死ぬ気の炎を灯せるようになり、アニマルタイプの匣「蒼燕」も次第に扱うことができるようになった。また、リボーンとの修行を通じ、スクアーロから送られてきた戦いの映像「剣帝への道」などをヒントとして時雨蒼燕流特式十の型燕特攻(スコントロ・ディ・ローンディネ)を完成させる。この技でリボーンに合格を言い渡され、アルコバレーノの秘密を教えられた。

ミルフィオーレ日本支部突入後は獄寺・了平らと行動をともにしていたが、入江正一によって基地内の配置が切り替えられた際にラルを背負ったままはぐれてしまう。

《関連項目》
  • 山本のバット
  • 時雨蒼燕流
   時雨金時
  • 鮫衝撃(アタッコ・ディ・スクアーロ)
  • リング
   雨のボンゴレリング
   蒼燕(そうえん)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。