灼眼のシャナ&A/B用語大辞典 ストマキオン

【種別】
自在法

【初出】
外伝『アンフィシアター』

【解説】
]の“頒叉咬”ケレブスが使用する自在法。本来は一定の法則に従って自在式を組み上げるだけの力で、せいぜい自在法の効率化程度にしか使えない力である。
しかし、外伝『アンフィシアター』では携帯電話や無線を介して無数の『ストマキオン』の断片を新世界『無何有鏡』の伴添町に分配した上に、『狭間渡りの術』と我学の結晶伝令の短剣』から抽出した誘導の自在法を掛け合わせることで『神門』の模造品を作り出し、両界の狭間に追い遣られたダンタリオンを新世界へ迎え入れようとしたが、シャナ坂井悠二によって阻止された。

【由来・元ネタ】
古代ギリシアのアルキメデスの時代に一世を風靡したパズル「ストマキオン(Stomachion)」から。原義は「腹痛」だが、お腹が痛くなるほど難しいパズルという言葉遊びで名付けられた。
パズルとしてのストマキオンは、14片を並べ換えて正方形にするタングラム(知恵の板)を言う。
アニメ版二期のED『Sociometory』には「タングラム」の単語が使われているが、これは偶然だろうか?

【コメント】
☆当然としてアニメシリーズには未登場。
坂井悠二の『グランマティカ』や[革正団]のサラカエルの『呪眼』には遠く及ばなかったな。