灼眼のシャナ&A/B用語大辞典 ケレブス

【種別】
紅世の徒

【初出】
外伝『アンフィシアター』

【解説】
真名は“頒叉咬”(はんさこう)。の色は、老竹色。
人化した姿は作業着姿の貧相な小男で、本性は巨大な三つ頭の烏。使用する自在法は『ストマキオン』。
]の一員で、両界の狭間へと消えた“探耽求究”ダンタリオンを新世界『無何有鏡』に迎え入れる為に、伴添町で[轍]の『同門』たちと『ストマキオン』と我学の結晶の一つである『伝令の短剣』を使って計画を発動するが、シャナによってあっけなく三つ頭を斬り飛ばされて討滅された。

【由来・元ネタ】
ソロモン72柱の24位ナベリウス(Naberius)の異称の一つ「Cervus」と思われる。黒い鶴か雄鶏、烏の姿をとり、人化した場合は三つ首であるとも言われる。
彼はまた、ギリシア神話の冥界の番犬ケルベロスに所以のある悪魔であり、三頭という部分にその由来が認められる。

「頒」とは広く分け与えること。「叉」とはふたまたになったもののことで、その三つ首をさしていると考えてよいであろう。「咬」は狭義には、「歯の間に押し込んで噛むようにさせること」であり、全体としては、「広範な事物について噛みつくもの」という意味だと思われる。
「頒」が「教授」のあだ名と関わることにも留意したいところである。

【コメント】
☆当然としてアニメシリーズには未登場。
☆[マカベアの兄弟]のダーインと大して変わらなかったな。