※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜刀の神(ヤトノカミ・ヤツノカミ)


常陸国風土記に現れる頭に角を持つ蛇体の神。
よく祟るが、特に逃げる時、振り返って見た者を滅ぼすという。

継体天皇期に豪族、麻多智が土地を開拓をする時に現れ祟ったが、麻多智により打ち殺され追い払われた。
麻多智は神の地と人の地の境を定め、自らが夜刀の神の祭り主となって、祟りを鎮めた。
孝徳天皇期には壬生連麻呂が禁地を破り堤を作ろうとしたときに、迫害され隠れたとされる。

大和の勢力が及ぶ前の土着の神であるといわれる。
また、この種の神は当時の常陸国で広く信仰されていたらしい。その証拠に常陸国風土記には、その他にも名もない角がある蛇の伝承が載っている。

現在は茨城県玉造町に夜刀神社の祭神として祀られている。