FOMA対応ビジュアルコントローラー できること

メニュー




更新履歴
取得中です。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビジュアルコントローラーでできること

ビジュアルコントローラーでできることについては、下記のリンクを参照していただければたいがいのことはわかると思います。
なんて書いてしまうと手抜きになってしまうので、当サイトでもまとめたいと思います。

かなりわかりやすい「ASCII携帯24」のレビュー
http://k-tai.ascii24.com/k-tai/review/2004/06/10/649978-000.html


基礎知識

ビジュアルコントローラーを動作させるためには、付属のACアダプタで電源に接続しなければならない(あたりまえ)。

通信するためには、対応するカード型FOMAを装着する必要がある。
対応機種は、F2402P2402
モニターの際には、どこからどう見てもP2401であるカード型FOMAが一緒に貸し出が、どうやらこれは特別に改造されたものであるらしく、市販されているP2401は使用できない模様。
モニター終了時にこのカード型FOMAが回収された際にも、使えると思ってP2401を買ったはいいものの、使えなかった人多数_| ̄|○
ヤフオクでも、間違ってP2401を買った人が出品しているケースが散見されます。これからオークションなどでビジュアルコントローラーを買おうという人は、注意しましょう(* ^ー゚)

カメラで遠隔監視

一番基本的な機能。とりあえず電源とカード型FOMAさえ接続していれば使えます。

テレビ電話対応のFOMAからビジュアルコントローラーにテレビ電話をかけると、内蔵カメラの映像を見ることができる。

カメラの画像が「暗いな~」と思ったときは、FOMAの「#」キーを押してメニュー画面を表示させ、「0」を押してみましょう。ちょっと明るくなります。

センサで自動発信

赤外線リモコンで家電操作

テレビやビデオを見る