※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戻る

ウエイトダウン


ウエイトダウンのポイントは、炒め物や揚げ物を減らすことです。
従って、体脂肪の材料となる脂質を減らすことが要求されます。
まずは油を使った料理を減らすことがポイントになるので、
炒め物、フライ、天ぷらなどの揚げ物を控えることが大切になります。
またマヨネーズやバターを使った料理や、ドレッシングの乱用も避けましょう。
逆に、ゆでる、蒸す、煮るなどして油を落とす料理を優先させていきましょう。
そして、胃の中で確かな重量感をもたらし満腹感を促してくれる食物繊維も必要不可欠です。
この食物繊維には脂肪を洗い流して体外に排出させる機能もあって、
コンニャク、海藻、寒天、フルーツなどの食物繊維がその中でも特に理想です。
食物繊維の多い食品に玄米、胚芽米、胚芽パン、ライ麦パン、オートミール、
小麦ふすま入りのコーンフレーク、そば、きのこ、豆、ゴマ、納豆、おから、
切干大根、いも、野菜全般、フルーツなどがあげられます。これらを積極的に食べましょう。

そして1日3食が基本。断食をしてはいけません、逆効果となってしまいます。
欠食したり食事の回数を減らしたりすることは、逆に脂肪を蓄積しやすい体質にしてしまうので、
食事の回数は絶対に減らさないことが重要です。朝食、昼食、夕食は必ずとるようにしましょう。

減量メニューとしては、定番のゆでるテクを駆使するのが有名ですが、
他にはスープ、ゆで卵、温野菜と油を使わない調理法にこだわった食事も有効。
さらに、サラダにかけるドレッシングもノンオイルなものを。

お米などの炭水化物は、1日のうちに使い切れないと次の原動力として脂肪に変えられて貯蓄されてしまいます。
なので炭水化物を極力減らし、その分を魚、大豆製品、野菜中心の脂肪を燃焼させるもととなる筋肉の維持や、
体の脂肪を洗い流す食物繊維を中心にして合理的な食事をとるように心がけましょう。

最後に、オススメ食品をまとめてみました。
おから=カルシウムと食物繊維の宝庫です。
納豆、豚肉=脂質代謝を活発にさせるビタミンB2を豊富に含みます。
豚肉はこのビタミンB2の王様なので、一日に豚肉を2口だけ食べるだけで十分効果を発揮します。
最近は喰わず太りという悪循環な言葉が出てきましたが、このビタミンB2を摂らないとそうなってしまいます。
特に白菜との間に入れて蒸すとビタミンB2の流出を防げるので、豚肉1番のオススメ調理方法です。
ラム、カツオたたき=これらも同様に、脂肪の燃焼を補助する栄養素が豊富に含まれています。
ニュージランドで羊の牧場を営む人の約9割もの人が、毎日ラムを食べているのでスタイルが良い方ばかりです。
そしてこのラム肉、芸能界などの間ではラムしか食べないというモデルさんも数多く存在していますが、
その背景には事務所がラム肉を推薦しているからといいます。
豚肉2口、肉はラム、お刺身はカツオ、食物繊維ならおから、そして納豆の5品が特にオススメです。


戻る