dunpoo @Wiki ★1977年
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


福田内閣の事績

党改革に執念を燃やしす三木を追い落とした自民党議員にも、参院選を控え、党改革なくしては自滅の道をたどるという認識はあった。福田総裁就任早々、自民党大会は、派閥の解消、総裁公選制の導入を決定した。
77年7月の参院選は、自民党の辛勝で、かろうじて与野党逆転は阻止された。
「経済の福田」を自認した福田であったが、77年に不況入りした日本経済は、数度の経済対策にもかかわらず、福田の任期中に浮揚することはなく、三木時代に始まった赤字国債への依存を続けざるを得なかった。