dunpoo @Wiki 自己啓発反省日記08年1月上

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


名前:
コメント:
↑ご自由にコメントをお書き下さい。

08年1月の日記上

1月1日

1200就寝800起床。
母と創価学会の会館へ新年勤行会に。大きな声で唱題しさわやかな気分にはなった。

池田大作名誉会長は明日、満80歳の誕生日を迎えるという。
僕が15のとき、池田先生を人生の師と思い定めて東京の創価学園へ進学し、直接話をしたことはなかったにせよ一生懸命にその思想を学ぼうとした日々からもう三十数年がたつ。あのとき先生は40代半ばであったということか。今の僕はあのころの先生の歳を越えてしまった。
そして、先生も変わり(あるいは先生は変わってないかもしれない、僕が先生の本質を知らなかっただけかも)、僕も変わり、今僕の先生を見る目は、自分でも驚くほど醒めている。

婦人部の代表が、「私たちは、毎日を先生の誕生日ととらえ、池田先生一筋に、がんばっていきます」とあいさつ。こういう言葉を出さなくちゃ信仰の話をできないのが婦人部のカルチャーなのか、それとも本気でそう思っているのか・・・。

一生懸命裏方を務める青年部の姿を見て、痛々しく思う。学会はたしかに多くの青年を鍛え教育している。だが今の学会は、全体としては間違った方向に行って、会員ばかりか日本全体を不幸にしている。それを知らせ、そして別の建設的な方向へこの青年たちのエネルギー、純情を振り向けていくことができないものだろうか?

母の家でお雑煮を僕たち家族と食べ、僕たちは車でカミさんの実家へ。
義父に酒、カミさんの姉一家にみかんを土産にもっていく。義父は毎年、お年玉を僕にくれる。「カミさんの尻にしかれてかわいそうだから、たまにはこのカネで羽を伸ばせよ」ってなことかな。この歳になって、本当なら僕の方からお年玉をあげなきゃいけないのに、恥ずかしいことだが、義父の方がずいぶんと金まわりがよくて、くれるっていうんだからありがたくもらっている。

車で走る途中、岸和田のブックオフに寄り、予想外の大収穫。講談社「人類の知的遺産」、小学館「日本の古典」、集英社「世界の文学」が不揃いだがたくさん105円で出ていて、読みたいのを選んで40冊ほど買い占めてやった。

1月2日

今日カミさんと六甲に登ろうと計画していたのだが、朝起きると、この冬一番の冷え込みで近畿地方北部は積雪、って天気予報で言ってたので、「寒そうだからやめよう」ということに。

カミさんの実家で仕事(原稿書き)しようと思い、パソコンも資料も持って来たのだが、どうもやはりここでは集中できないので、昼前に、僕は和歌山へひとりで車飛ばして帰ってくる。

メッサオークワで、仕事の資料の本14000円も買う。さあ、やるぞお!
お義父さんからお年玉もらったので、ちょっと贅沢して、輸入物のブルーチーズを朝食兼つまみ用に買う。僕はナチュラルチーズが大好きなんだけど、高くて普段は手が出ない。・・・あ、フードマイレージのこと忘れてた。