dunpoo @Wiki BBS-掲示板 > 6

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地球一国家への序曲、「丸腰国家論」 -- 考房 2006-04-02 09:54:51


国家が軍事力を備えれば平和が保てるとするなら、世界中の国家が軍事力増強に力を注げば、世界平和が保てる事になる。しかし、このような事を主張する人はいない。それは「国家が軍事力を備えれば平和が保てる」というのは、その国自身だけに通用する我利我利思想にすぎないからだ。

だから、軍事力という相対的なものに頼っても永久ループの浪費を招くだけである。安全を金で買えるとするなら、金が尽きれば安全も失う事になる。この愚かしい永久ループから抜け出す方法として「丸腰国家」を提唱する。その手順を次ぎに示す。

国際社会の中には軍隊を持っているとはいいながら、その軍隊を隣接国とのいざこざ(本格的戦争など出来ない軍事力であるから)や国内治安部隊として活用している程度の国が沢山ある。

そのような国々に軍隊を捨てて丸腰国家なって平和を保とうと呼び掛ける民間レベルの国際運動を起こす。勿論、軍隊を廃止することでその費用で民生の安定を図る実利があることも有力説得材料である。呼び掛け先の国民がこの運動に参加して、丸腰国家への転換をその政府に働き掛ける。

こうして形成された世論によって、いくつかの国家政府が丸腰国家への道を選択したなら、国連で丸腰国家クラブを形成する。このクラブ加盟国がが40ヶ国ほどになったら、国連総会で「丸腰国家への武力行使禁止」決議を求める。(なぜ、40ヶ国かというと、米国がイラク攻撃に参戦を求めて集めた国が、中米の小国を含めて40ヶ国に満たなかった。しかし、それだけの国が参加すれば米国の面子は保てると判断したようだ。それを考えれば、丸腰国家クラブ加盟国の40ヶ国も笑いものに出来ない数になるからだ)

この総会決議は「武力を持たない国へ武力行使することの禁止」であるから、正面から反対しにくいものだろう。しかし、輸出武器産業を抱える国は反対出来ないが、賛成する気にもならないだろう。そのような国々は棄権へ廻るのではないだろうか。とすれば決議案賛成票が多数を占めるのは難しいことではなさそうだ。

こうして、「武力を持たない国へ武力行使することの禁止」が国連総会で議決されたなら、それを実効あるものにする為、安保理に対して丸腰国家への武力行使国へ常任理事国が武力制裁を加えるという保障を求める。しかし、これは一度ですんなりいく問題ではない。何年も懸かるかもしれない。

だが民間レベルで丸腰国家移行への国際世論を高めていけば、安保理も拒否を続けられないだう。それに時間は丸腰国家クラブ加盟に加勢するだろうから、国連内でこのクラブへの加盟国はドンドン増えていくものと想われる。クラブへの加盟は軍隊の即時廃止を意味しない。軍隊を廃止するのは安保理から保障を勝ち取った後である。

ここまででお気づきかと想うが「日本」と言う言葉は出てこない。それは日本政府や日本国が表面に立たないからだ。この段階まで、日本政府は丸腰国家を世界の世論にする為に働いている団体への資金援助の役割を担うだけである。そして、安保理が丸腰国家クラブに保障を与えたら、そこで日本政府はクラブへの加盟を表明する。当然、国内世論は沸騰するだろうが、国際世論に後押しされたクラブ加盟論が世論で勝ちを制するものと想う。

なぜ、このように日本が表立って丸腰国家構想に走らないかといえば、この構想を打ち出した政府はあらゆる手を用いられて潰されるだろうからだ(これは過去をみれば、十分にあり得ることだろう)。

そして、日本政府の丸腰国家クラブへの加盟は自衛隊の廃止であり、安保条約の廃棄である。こうして、新生日本は晴れて丸腰国家となる。日本がこうなれば様子見に徹していた諸国が雪崩をうってクラブへ加盟することになるだろう、だが軍隊を捨てられない国々も国連加盟国中の三分の一くらいは残るのではないだろうか。

となれば、困ったのは軍隊を残した国々である。国際社会で軍隊を活用するチャンスも減ってしまう。なぜなら、大規模な戦争をすれば自分たちが疲弊するだけであり、小規模ないざこざは丸腰国家の増大と共に急激に減少するであろうから。となれば軍事力をどうしようかということに悩むことになる。結局、軍事力を残した国々は戦力の削減交渉に着地点を求める以外ないだろう。最終的には各国とも軍隊をなくして、国連のみが軍隊を持つ地球国家が出来る。このように想うのだ。

もう一つだけ付け加えておく。丸腰国家となったら、国際的紛争地(たとえば北方四島など)が失われてしまうのではないかと、いうかもしれない。しかし、それは安保理がクラブ加盟の時点での、加盟国の権利の主張に損害を与えない(後退しない)という保障を与えることで、この点における国家的権益は護られる。

[補足]
この構想は安保理が丸腰国家に保障を与えるまでの日本国政府の役割はこの民間団体に活動資金を提供するだけです。これもこの活動団体自身が自前で活動資金を調達出来るなら、日本政府と係わる必要はないのです。

ですから、日本国内の政治状況がいかなるものであれ、国際的潮流として丸腰国家群の流れを作ればよいのです。これが丸腰国家論の第一目的です。ここで日本国内の政治状況を云々する必要など全くないのです。

国際的潮流が丸腰国家に傾いた時(安保理が丸腰国家に保障を与えた時)、初めて日本政府の姿勢が問題となるのです。勿論、この活動団体は丸腰国家に積極的な政府を形成する為に力を尽くすことはいうまでもありません。


  • 誤解されるといけないので一言付け加えておきます。丸腰国家論に賛同する政府なら、「黒子」に徹しなさい(活動資金の援助だけでよいから)。そうでないと、たちまちの内に潰されてしまいますから、ということです。丸腰国家論に賛同しない政府であれば、この運動を進める団体は政府と掛り合う必要はありません。 -- 考房 (2006-04-02 15:14:56)
  • 遠い道のりであると思います。せっかく丸腰憲法を持っている日本がどんどん重武装国家になっていく・・・その中で他国に丸腰を進める運動に説得力があるかどうか。おそらく、世界の平和運動と連帯した運動をつくらなければいけないでしょうね。 -- 談風 (2006-04-06 16:29:09)
  • スローガンは、「22世紀は軍備のない地球で生きよう!」、です。 -- 考房 (2006-04-07 06:41:00)
  • そうですね、百年先くらいを見据えて、大きく構えなければいけませんね。 -- 談風 (2006-04-07 09:19:41)
名前:
コメント: