dunpoo @Wiki ■子どもをめぐる事件

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


コメント

名前:
コメント:
   ↑ご自由にコメントをお書き下さい。

小6女児、塾で刺殺される…23歳講師を逮捕 [読売]

10日午前9時ごろ、京都府宇治市神明石塚のビル2階にある学習塾「京進」宇治神明校から、塾アルバイト講師で同志社大法学部4年萩野裕(ゆう)容疑者(23)(宇治市寺山台)が「教室内で女児を刺した」と携帯電話から110番通報した。

 駆けつけた市消防本部の救急隊が、同市開町、京都府職員堀本恒秀さん(42)の長女で市立神明小6年、紗也乃(さやの)さん(12)が首から血を流しているのを見つけ、病院に運んだが、間もなく死亡が確認された。宇治署は、現場にいた萩野容疑者を殺人未遂で現行犯逮捕、容疑を殺人に切り替え、動機や包丁の出所などを追及している。

 調べによると、萩野容疑者は塾の教室内で、紗也乃さんの首や顔など数か所を出刃包丁(刃渡り17センチ)で刺した。教室内に犯行に使われたとみられる包丁やハンマーが落ちていた。萩野容疑者は「紗也乃さんと口論になり、包丁で刺した」と容疑を認めている。萩野容疑者はこれまでも紗也乃さんと度々、トラブルになっていたといい、府警は同容疑者から犯行の経緯や動機などについて、さらに詳しく事情を聞いている。

 京進ではこの日、中学入試の合否判定テストが行われ、宇治神明校でも午前9時から紗也乃さんを含めた児童が受ける予定だった。テスト前、萩野容疑者は「国語のアンケートを取りたい」とほかの児童を別の教室へ移動させ、国語を取っていない紗也乃さんを現場の教室に残して刺したとみられる。また、京進によると、紗也乃さんは周囲に、「萩野容疑者の担当している国語の授業は受けたくない」と話していたといい、今月から、国語の授業に出なくなったという。

 神明小の杉左近昭男教頭によると、紗也乃さんは今年4月に東京から転校してきたばかり。

 萩野容疑者は同志社大学法学部に2001年4月に入学。03年6月26日、同志社大学今出川図書館で、いすの上に置いていたカバンから財布を盗もうとしたのを警備員に見つかり、抵抗した際に警備員にけがをさせたとして強盗致傷で現行犯逮捕された。このため、萩野容疑者は03年10月1日から今年3月31日まで停学処分となり、03年11月から京進宇治神明校で講師のアルバイトを始めていた。

 萩野容疑者と紗也乃さんは「以前からいがみ合っていた」といい、この日、萩野容疑者が中学入試の合否判定テストの監督を務める予定だったが、塾側が2人の関係に配慮して監督を同僚講師に代えたほどだった。

(2005年12月10日14時1分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051210it03.htm

母が娘を18年“軟禁”義務教育受けさせず…福岡 [読売]

 福岡市で11月、福岡県警博多署に保護された同市内の少女(18)が、生まれてからほとんど外出を許されず、義務教育も受けないまま育てられたことがわかった。

 同月初旬、母親(40)が少女への傷害容疑で県警に逮捕されたことから、明らかになった。福岡市教委などは約11年半前から未就学を把握しながら、事実上放置してきたことを認めている。

 同署によると、少女は10月28日午後、テレビを見ないとの言いつけを守らなかったとして母親から顔や背中を殴られ、はだしで家を飛び出した。所持金はなく、同市内の公園で寝泊まりし、水を飲んで空腹をしのいだという。11月1日午後、通行人に助けを求め、保護された。

 少女の身長は小学校低学年並みの1メートル20で、かなりやせていた。ゆっくりとした会話はできるが、漢字の読み書きや計算はできない。

 同署の事情聴取に対し「ずっと家の中で暮らしています。買い物もしたことがないし、友だちもいません」と話した。

 母親は、少女を就学させなかったことについて、「物を壊したり、排せつがうまくできないなど発育の遅れがあり、外に出すのが恥ずかしかった。他人の迷惑になるとも思っていた」と説明した。

 少女は父母と姉、兄の5人家族。父親は留守がちで、姉と兄は既に独立しており、ほとんど母親と2人だけの生活だった。

 博多署はネグレクト(育児放棄)の疑いもあるとみて捜査したが、養育を完全に放棄したとはいえないと判断、傷害容疑だけ立件した。

 少女は現在、検査入院している。

 一方、市教委は少女が小学校に入学する年齢に達した時から、中学校を卒業すべき年までの9年間、校長らに月1回のペースで家庭訪問をさせていた。

 しかし、母親が「娘の具合が悪い」などと面会を断り続けたため、少女の姿は一度も確認できなかった。
(2005年12月6日3時17分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051206i301.htm

歪んだ優越感、子供に“牙" 凶行連鎖、不気味な衝撃 [産経]

 広島市の女児殺害事件に続いて発生した栃木県今市市の小一、吉田有希ちゃん殺害事件。今回の事件で表出した“犯行の連鎖”が、社会に不気味な衝撃を広げている。相次いで幼い子供たちに向けられる大人の殺意。こうした事件が続発する日本社会の現状は、何を暗示するのか。狙われる幼い子供たちを守るすべは-。専門家に聞いた。 

 広島、そして栃木と相次いで発生した小一女児殺害事件に、「かつて英米などでしかあり得なかった、犯罪史上に残るような凶悪犯罪が日本でも増えている」と感想を述べるのは専修大学の森武夫名誉教授(犯罪心理学)だ。

 森名誉教授は、幼児に対する犯罪も年々凶悪化している点に懸念を示し、「殺害された女児は『知らない人についていかない』といった基本的な指導は受けていたはずだが、今回の事件は多くの不幸な偶然が重なった。犯人は人通りのない場所を選んで強引に犯行に及んだとみられるが、女児が一人でいなければ見送っていたかもしれない」とみる。そのうえで、こう語った。

 「地方であっても、昔の純朴で人間的な気持ちが失われつつあるという印象を持った」

 有希ちゃんが行方不明になったのは一日午後の下校中。前日未明、広島の事件でペルー人容疑者が逮捕されたばかりだった。専門家たちからは「模倣犯」とみる指摘が多い。

 「『オレはもっとうまくやれる』というメッセージを与えている」とみるのは元警視庁捜査一課長、田宮栄一氏。

 「反社会的なメッセージを送ろうという犯罪性向を持った人間は結構いる。もっとうまくやってやろうとか。全裸にしたのは証拠を隠滅し、手がかりを残さないためだろう。その意味では、広島の事件よりは一歩たけている」

 森氏も「犯人が広島の事件の容疑者逮捕を知っていたならば、『あんなお粗末な犯行よりも…』といった優位感が動機付けとなった可能性はある」と犯人の心理を分析した。

 新潟青陵大の碓井真史教授(社会心理学)も「小さな女の子に危害を加えようとする予備軍は現実に存在するわけで、(広島市の女児殺害事件という)大きな事件に刺激された可能性は小さくない」と指摘。

 「(スポーツ観戦など)普段は想像やビデオ、テレビで満足している人が現実を目にして、いい意味で興奮させられる。犯人はここ数日、広島の事件の報道を見ているわけで、影響を受けているのでは」と推測する。

 子供を犯罪から守る社会的な意識は飛躍的に高まりつつあるが、それでも子供を狙った犯行は後を絶たない。社会はこの流れにどう立ち向かっていくべきなのか。

 田宮氏は「世の中のモラル教育、モラルの感覚が希薄になってきている社会の病理現象の一つとして表れている。被害を防ぐには、社会全体が関心を持たなければならない」と訴える。

 碓井氏は「被害者のことを考えると痛ましい限りだが、社会はあまり過剰に反応しないほうがいい。大人たちが浮足立って冷静さを失うと、子供たちまで不安になる」と指摘したうえで、こう強調した。

 「社会は堂々と力強く犯罪に立ち向かい、子供たちに安心感を与えないといけない」
URL:http://www.sankei.co.jp/news/morning/04na1002.htm

ピサロ・ヤギ容疑者、母国で少女暴行未遂3回…服役も [読売]

 【グアダルーペ(ペルー北部)=中島慎一郎】広島女児殺害事件で逮捕されたフアンカルロス・ピサロ・ヤギ容疑者(30)の故郷、ペルー北部グアダルーペを管轄するパカスマジョ区刑事裁判所は、同容疑者が過去3回にわたって少女暴行未遂事件を起こし、1992年、94年、95年の裁判記録が残されていることを明らかにした。

 97年には有罪判決を受けて7か月間服役しているという。ペルー有力紙エルコメルシオ(2日付)が伝えた。

 グアダルーペにはピサロ・ヤギ容疑者の母ビオレタさんや姉が住む実家があるが、玄関口は自転車用の鍵が何重に巻き付けられていた。地元住民によると、同容疑者は4人兄弟の末っ子で、本名は「ホセマヌエル・トレス・ヤケ」。母方の名字「ヤケ」は地元で一般的な姓で、日系を思わせる偽名「ヤギ」に名を変えて来日した可能性が強いが、地元の人が「ヤギ」を呼びやすい「ヤケ」に変えたことも考えられる。同容疑者が日系人かどうかは依然不明だ。

 実家の向かいで食品店を営むビダル・ギドスさん(59)は「ホセマヌエルも年を重ねて落ち着いたかと思っていたのに、また同じ犯罪を繰り返すとは」とため息をついた。同容疑者は地元の高校を卒業後、しばらく父親の営むジュースの屋台を手伝っていたが、20歳代前半の時に町を去り、以後消息不明だったという。

(2005年12月3日22時25分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051203i314.htm

胸など刺し傷10カ所、失血死 栃木・女児殺害 [朝日]

2005年12月04日03時06分
 栃木県今市市の小学校1年生、吉田有希さん(7)が下校途中に行方不明になり、茨城県常陸大宮市の山林内で遺体で見つかった事件で、胸などの刺し傷が計10カ所にのぼっていたことが、栃木・茨城両県警合同捜査本部の調べでわかった。傷の状況から、使用した刃物は刃渡りが10センチほどとみられる。胸の刺し傷以外に林道脇の斜面に遺棄された際にできたとみられる擦り傷も複数見つかっており、捜査本部は殺害された後に林道から投げ落とされた可能性が高いとみて調べている。

 3日午前9時すぎから筑波大学(茨城県)で行われた司法解剖で、死因は胸を深く刺されて心臓を傷つけられたことによる失血死と分かった。捜査本部によると、体内の血液は残っていない状態だったという。

 調べでは、遺体は、林道脇の斜面の約10メートル下にあった。斜面は急で、歩いておりるのは困難だという。体に残されていた数カ所の擦り傷は、林道から投げ落とされて斜面を転がる際についたとみられる。

 常陸大宮市内の死体遺棄現場には血痕がほとんどなく、女児の足の裏に汚れもなかったことなどから、捜査本部は殺害現場は遺棄現場とは別と判断。女児を下校途中に連れ去り、殺害後に同市の山林に運んで林道から投げ落とした可能性が高いと見ている。

 捜査本部は、栃木県警から220人、茨城県警から80人の捜査員を動員。合計300人態勢で拉致現場と見られる通学路や遺体発見現場を中心に、遺留品の捜索や目撃情報などの聞き込みを続けている。
URL:http://www.asahi.com/national/update/1204/TKY200512030344.html

栃木女児殺害、「無事で」祈り届かず [読売]

有希ちゃんが遺体で発見された現場周辺=茨城県常陸大宮市で 下校途中の小学1年女児が2日、また無残な姿で見つかった。栃木県今市市立大沢小1年吉田有希ちゃん(7)が行方不明になって23時間。遺体は自宅から60キロも離れた茨城県常陸大宮市の山林に、無造作に捨てられていた。

 広島市で同じ小学1年生女児(7)が殺害され、通学路の安全対策がクローズアップされたばかり。夜を徹して有希ちゃんを捜してきた人たちは、「無事、帰ってきてほしかった……」と声を詰まらせた。

 有希ちゃんの行方がわからなくなったのは、1日午後2時50分ごろ。ふだんは小2の姉(8)ら上級生と集団下校しているが、この日、1年生は4時限授業だったため、給食後に同級生の女子児童3人と下校。自宅まで約1キロの三差路で3人と別れたのが最後となった。

 辺りは杉林に囲まれた田園地帯で人通りは少なく、付近では先月30日、女児に声を掛ける不審な中年男が目撃されていた。

 祖母(69)が三差路の近くまで迎えに来ることが多かったが、この日は、迎えに行けなかったという。

 小学校の教職員らによる夜を徹しての捜索が2日未明まで続いた。学校では、広島市での女児殺害事件を受け、25日に防犯ブザーの電池などを点検するよう児童に指示しており、有希ちゃんも持っていたはずだが、手がかりはなかった。

 ちょっと大きめの金縁の眼鏡をかけ、はにかむ表情の有希ちゃんの写真とともに、栃木県警は2日朝、公開捜査に踏み切った。

 有希ちゃんと一緒に下校し最後に別れた同級生の女児(6)は「有希ちゃんは口数の少ない、おとなしい子。『バイバイ』といって別れた後、いつも通りにまっすぐ歩いていった。一緒に歩いていた時、何台か車が通ったけど、どんな車だったかは思い出せない」と話した。

 この女児の父親(51)は「うちの子も一人で登下校することがある。事件後は、登下校に保護者が同伴することになっているが、これからどうしたらいいか」と不安を募らせた。

(2005年12月3日1時49分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051202it13.htm

不明女児、遺体で発見…60キロ離れた茨城の山林 [読売]

2日午後2時ごろ、茨城県常陸大宮市三美の山林で、女児の遺体があるのを、野鳥の捕獲の下見に来た男性3人が発見、大宮署に届け出た。

 女児は胸に複数の刺し傷があった。約60キロ離れた栃木県今市市で1日午後から、同市木和田島、会社員吉田正信さん(41)の二女で市立大沢小学校1年の有希ちゃん(7)が行方不明になっており、2日夜、母親が遺体を有希ちゃんと確認した。

 茨城、栃木両県警は合同捜査本部を設置し、殺人、死体遺棄事件として捜査を始めた。

 調べによると、有希ちゃんは口から血を流しており、左側を下にした横向きの状態で、衣服は身につけていなかった。現場周辺から有希ちゃんの衣服や所持品などは発見されていないという。

 現場に血痕などはなく、足の裏に土も付いていないことから、捜査本部は有希ちゃんは別の場所で殺害された後、車で運ばれたとみている。3日午前、筑波大付属病院で司法解剖し、死因を特定する。

 現場は、常陸大宮市南部にある「おおみや広域聖苑」から南東約450メートルの山林。有希ちゃんは林道から斜面を約10メートル下った場所で見つかった。

 有希ちゃんは1日午後2時15分ごろ、同じ学年の女児3人と下校、同2時50分ごろ、学校から約500メートル離れた今市市木和田島の三差路で友人と別れた。その後も帰宅しないため、家族が同5時55分ごろ、栃木県警今市署の駐在所に捜索願を出した。同県警では2日朝から公開捜査していた。

 有希ちゃんは身長約1メートル20でおかっぱ頭。当時は白のトレーナーに紺のジーンズ姿で、眼鏡をかけ、赤いランドセルを背負っていた。有希ちゃんが行方不明になった前日の11月30日、現場近くで不審な中年男性が女児に声を掛けているのが目撃されており、捜査本部で関連を調べている。

(2005年12月3日1時37分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051202it12.htm

カルロス容疑者、日本語できず「孤立した日系定住者」 広島女児殺害 [読売]

ヤギ・カルロス容疑者が住んでいたアパートの2階の部屋を現場検証する捜査員 容疑者は言葉も通じず、地域社会から孤立した日系定住者だった。広島市安芸区、市立矢野西小1年の木下あいりちゃん(7)を殺害、遺体を遺棄したとして30日未明、広島県警が逮捕した日系ペルー人のピサロ・ヤギ・フアン・カルロス容疑者(30)に、近所の人たちの多くがそんな印象を持っていた。

 同容疑者は約1か月前に引っ越してきたばかりで、事件当日、よく似た男が目撃されていた。地域の住民は、逮捕の知らせに安堵(あんど)の表情を浮かべながらも、「容疑者が日系人」という新たな事実に、やり場のない怒りを募らせた。

 「まさか容疑者がうちのアパートにいたなんて」

 カルロス容疑者が住むアパート家主の男性(57)は、容疑者逮捕のニュースに驚きを隠さなかった。

 カルロス容疑者が入居の契約に訪れたのは10月末。契約日に顔を合わせた時には、「南米系の彫りの深い顔だな」という印象を持ったが、「日本語がしゃべれないので話はできなかった」。その後は一度も顔を合わせなかったという。

 アパート1階にはカルロス容疑者の親類が住んでいる。この親類について男性は「まじめで5年間、家賃を一度も滞納したことがない。この親類が保証人になるというので(容疑者も)信頼した。裏切られた気持ちだ」と肩を落とした。

 アパートは遺体の遺棄現場から北東約100メートルの通学路沿いにある。1、2階に各2室。カルロス容疑者は2階で一人暮らし。室内は6畳と4畳半の2Kで、家賃は月3万1000円だった。

 近くに住む女性(70)は、事件当日の22日午後0時45分ごろ、容疑者らしい男がアパート前の石垣に腰掛けているのを目撃していた。「チョコレートをかじりながら、通りがかった子どもを見ていた。赤い布製の室内用スリッパをはいていたので印象に残っている。変な人がこんな所に座っているなと思った」

 一方、別の主婦(71)は「11月に入ってから4、5回、立ち話をしているのを見かけた。こんなことをするなんて」とおびえた様子で話した。

 アパートを仲介した男性業者は、契約の際に会った容疑者について「自動車部品工場(広島県海田町)の仕事を辞めたので、今は仕事を探していると言っていた。特に悪い印象はなかった」と振り返る。その工場で夫が一緒に働いていたというブラジル人女性は、容疑者について「よく仕事を休んだため解雇された。友達があまりいなくて、周りからは好かれていないようだと聞いた」と話した。

(2005年11月30日14時7分 読売新聞)
URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051130i104.htm

小1女児殺害、空き地の段ボール箱に 広島 [朝日]

2005年11月23日00時25分
 22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西4丁目の民家前の空き地に、不審な段ボール箱があるのを近所の人が見つけ、中を開けると手足などを折り曲げた状態でぐったりした女児が入っていたため、110番通報した。女児は、同区矢野西2丁目、陸上自衛隊員木下建一さん(38)の長女あいりさん(7)=市立矢野西小学校1年=で、近くの病院に運ばれたが、午後4時すぎに死亡が確認された。首には絞められたような跡があった。県警は、下校途中に殺害された後に箱に入れられたとみて、殺人と死体遺棄の疑いで海田署に捜査本部を設置して捜査を始めた。

 県警などによると、住民が発見した際、段ボール箱は粘着テープで何重にもまかれ、ふたもテープで閉じられていた。

 捜査員らが駆けつけた時にはすでにあいりさんは意識がなかったという。名札を付けた学校の制服姿で、目立った外傷はなく、服装にも乱れはなかった。持っていたランドセルは、現場から北東に約400メートル離れた自動販売機の裏付近で見つかった。

 段ボール箱は高さ約20センチ、奥行き約50センチ、幅約60センチで、家庭ガスコンロ用とみられる。

 第一発見者の住民が午後1時ごろ、外出先から戻ってきて段ボール箱に気づき、いったん家に戻った。しかし、同3時ごろ散歩で再び外へ出ると、まだ段ボール箱があったため、家族が箱の中を確認したという。

 発見現場は、学校が決めた通学路から脇に入った路地で、矢野西小からは西へ約500メートルの場所。そこから約700メートル北西にあいりさんの自宅がある。段ボール箱は幅約3メートルの路地に面した空き地に置かれていた。

 県警は、23日に広島大で遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。

 矢野西小では22日、来年1年生になる入学予定者の就学時健康診断があり、全校児童724人は午前中で授業を終え、午後0時半ごろ一斉に下校。あいりさんは1人で下校したという。

 帰宅が遅いのを心配した母親が「子どもが帰ってこない」と学校に問い合わせたり、近所を捜したりしていた。

 あいりさんは両親、弟の4人家族。今年夏に千葉県船橋市から引っ越して2学期から同校に通学していた。陸上自衛隊第13旅団によると、父親の建一さんは同自衛隊海田市駐屯地に所属する隊員。

 現場はJR呉線矢野駅の南西約500メートルの住宅地。現場周辺は細い路地が入り組んでおり、昼でも人通りが少ない。
URL:http://www.asahi.com/national/update/1122/TKY200511220426.html