dunpoo @Wiki ●非米同盟

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


0617 アフガン安定化協力を宣言 上海機構の首脳会議 [朝日]

2009年6月17日0時55分
 【エカテリンブルク(ロシア中部)=副島英樹、西村大輔】ロシアと中国、中央アジアの計6カ国でつくる上海協力機構(SCO)首脳会議は16日、世界の多極化と、公正な国際金融体制を目指すとした「エカテリンブルク宣言」を採択した。北朝鮮の核実験を受けて「朝鮮半島の非核化プロセス再開への支持」や、アフガニスタン安定化への協力も盛り込まれた。

 同日夕には、ブラジル、ロシア、インド、中国の新興4カ国「BRICs」首脳会議も開催され、世界秩序づくりへの積極関与をうたう共同声明を採択した。

 今回のSCO会合は、世界金融危機を受けて国際金融体制が主要テーマの一つとなった。現地通貨による決済の強化や新たな基軸通貨の創設などの意見が相次ぎ、ドルに対する強い懸念が示された。

 ロシアのメドベージェフ大統領は「SCO加盟国は現地通貨による決済を増やす可能性を協議したい。国際通貨体制の強化にはドル決済だけでなく、将来的には超国家な通貨と決済システムの創設が必要だ」と主張。カザフスタンのナザルバエフ大統領も「SCOの統一した国際的な決済通貨を創設する作業を始めるべきだ」と応じた。中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席は「金融の対話メカニズムを創設し、通貨政策の協調を強める必要がある」などと述べた。

 宣言では、北朝鮮の名指しは避けながらも朝鮮半島の非核化に言及した。ナザルバエフ大統領は会合で「北朝鮮による核実験は、核不拡散に極めて否定的な結果を招き、脅威をもたらしている」と非難。メドベージェフ大統領も記者会見で「北朝鮮が国際社会に与えている脅威は容認できない」と述べた。

 今回の会合には、SCOメンバーではないアフガニスタンのカルザイ大統領が招かれ、反政府勢力タリバーンの伸長で不安定化するアフガン情勢も主要議題となった。メドベージェフ大統領は「アフガンの安定化は隣国パキスタンなしには進まない」として、両国とロシアの3カ国での会談の枠を設定。米オバマ政権が優先課題に掲げるアフガン安定化で、米国への協力を強化する意向を示した。

 このほか、中国がSCO加盟国に対する100億ドルの財政支援措置を表明。スリランカとベラルーシを「パートナー対話国」と決めた。
URL:http://www.asahi.com/international/update/0616/TKY200906160312_01.html

駐留米軍「撤退期限設定を」 上海協力機構が声明

2005年07月06日01時13分
 中ロ両国と中央アジア4カ国で作る上海協力機構(SCO)は5日、カザフスタンの首都アスタナで首脳会議を開き、共同声明を発表した。声明では、中央アジアに展開する米軍駐留部隊に撤退期限を設定する必要があるとして、事実上、米軍の撤退を要求。中央アジアでの対米不信の高まりに、米国への一極集中を嫌う中ロの思惑が重なった形だが、米国の反発を招くことは必至だ。

 共同声明は「アフガニスタンでの反テロ作戦は活発な局面を終えた。SCO加盟国は、(米国など)反テロ連合国によるSCO加盟国の利用を終える時期を決める必要があると考える」と指摘。また議長国カザフスタンのナザルバエフ大統領は会合で「SCOは地域をテロから守る盾でなくてはならない」と述べ、地域で高まっている「テロ勢力、分離主義勢力、過激勢力」の脅威にSCOの枠組みで対抗していく考えを強調した。

 01年の同時多発テロを機に、中央アジアの国々は米軍の基地や部隊を受け入れ、対テロ戦に協力してきた。現在、キルギスとウズベキスタンに米軍基地が置かれ、他の国も空港使用などで便宜をはかってきた。中ロを中心とするSCOの存在感に陰りが生じているとの見方もあった。

 しかし、ここに来てSCOは地域での求心力を回復しつつある。中央アジア諸国では、今年3月のキルギス政変、5月のウズベキスタンでの騒乱を経て、「グルジアやウクライナで親欧米政権を生んだ反政府運動を中央アジアに持ち込もうとしている」というブッシュ米政権への不信感が表面化。ウズベキスタンのカリモフ大統領は5日の会議で、中央アジアで相次いだ混乱について「大きな計画の一部が表面化したに過ぎない」として、背後に米国の存在があることをほのめかした。

 SCOの準備会合の役目を果たしたのが、1日の中ロ首脳会談だ。胡錦涛(フー・チンタオ)主席とプーチン大統領が「社会発展のモデルの押しつけへの反対」などを盛り込んだ共同声明に署名。ブッシュ政権の「民主主義拡大路線」を否定する姿勢を鮮明にした。両国が声明の中に描いた「21世紀の世界秩序」を受け入れる最初の国際的な枠組みがSCOとなった形だ。

 胡主席はSCOを前に、今後の優先分野として安全保障を挙げた。実際、中ロ、ロシアとウズベキスタンは今年、それぞれ史上初となる共同軍事演習を予定。またロシアは、タジキスタン駐留軍を正式な軍事基地に格上げする計画のほか、キルギス南部への新しい軍事基地建設を検討するなど、加盟国間の軍事協力が加速している。

 ウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタンでは旧ソ連末期以来の長期政権が続き、政変直後のキルギスを除いて、反政府勢力への弾圧など、政権の強権的な姿勢が共通している。SCOの米国批判や軍事協力の強化には、加盟国の政権の正当化や延命の狙いが込められていることも否定できない。ロシア紙コメルサントは「中ロが接近すると、アジアに民主主義が育つ余地が小さくなる」と警告した。

 また共同声明では、国連安保理改革について、「最大限に幅広い合意が重要で、意見の相違が残っている議案を採決すべきでない」として、日独など4カ国(G4)が提出を予定している「枠組み決議案」採決に慎重な姿勢を示した。さらに今回の会議では、オブザーバーとして、従来のモンゴルに加え、インド、パキスタン、イランを迎えることも決めた。
TITLE:asahi.com:駐留米軍「撤退期限設定を」 上海協力機構が声明 - 国際
DATE:2005/07/06 11:21
URL:http://www.asahi.com/international/update/0705/010.html