wakita_lab@wiki 街路構成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

街路構成の分析。

  • 1階の住戸は大通りから街路内部まで貫通しており、大通り側と路地側の2方向のアクセスがある
  • 2階以上のアクセスには階段室型、中廊下型などいくつかのタイプがある
  • 街区内部側の路地沿いには集合住宅の裏口にあたるドアが並び、それらが住戸のドアであったり階段室の入口であったりする
  • アクセスが同じ構成の集合住宅が建ち並ぶ街区と、増改築を繰り返して複雑な構成になっている街区がある
  • 集合住宅の建っていない空き地にはバラック小屋が建っている
  • 幅が広く街区内に大きな空き地には、低層の集合住宅が建っている
  • カンボジアの道路は、都市交通の場となる大通り公共空間、街区内の住民が滞留して利用する比較的広い路地、住戸の住民だけが利用、住民が通路に利用する程度の細い路地に大別される?

大会論文に関しては、調査街区をケーススタディーとして取り扱う。
取り上げた街区のアクセスを図面化し、ビデオをもとに路地形態やアクティビティの特徴を記述する。
形態の分類などは、都市計画学会までおあずけ。