判明している要素まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全体

  • プロジェクト準備開始は約3年前
  • xbox360に決定したのは2005年夏頃
  • 開発進行度は約70%(2006年4月現在)
  • 発売は2006年夏を予定

オンライン関連

  • データのアップ&ダウンロード対応
  • ランキングあり
  • 課金体系の詳細は不明(xbox-liveは月額819円、最大13ヶ月前払いで5229円。投売りの旧箱ライブスターターキットはたまに2500円とかで売ってるから、見つけられるのならそれも良いかも)

カード関連

  • カード総数470種類以上
  • クリーチャーを増やしたとのコメントあり
  • 属性をふたつ持つ複属性のクリーチャーが登場
  • 地形変化をさせるクリーチャーが登場
  • 配置した瞬間にスペルを発動させるクリーチャーが登場
  • 新要素として「属性の友好関係」があるとのコメントあり

マップ関連

  • マップ数は前作の約2倍
  • マップ配信もあり、全体としては凄い数になるとのコメントあり
  • マップは完全3D化され、ゲーム中に変化させる事ができるようになった
  • 詳細は不明だが、新施設も登場する

グラフィック関連

  • ビジュアルはリアル方面で統一
  • クリーチャーの召喚シーンがムービーに
  • ステージの間にムービー挿入
  • アバター(自駒)がカスタマイズ可能に。マーケットプレイスからのダウンロードもあり
  • 大会の優勝商品としてパーツ配信する事も
  • ブックカバーにバリエーションができた

システム関連

  • バトルの形式はクイックマッチ(すぐに対戦を始められる)、カスタムマッチ(対戦相手やルールを決めて対戦開始)など様々
  • シールド戦の導入(ブック自動生成、全セプターが同じブックで戦う)
  • ブックの枚数設定可能
  • 特殊ルールの配信
  • オンライン大会の実施

その他

  • イベントは英語のフルボイスで字幕



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|