Java Studio Creator Fun (Creator's Studio) - cvs_hack1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CreatorにCVSの機能を追加しよう!(その1:セットアップ編)

Java Studio Creatorは、よくできたツールなのですが、EclipseやNetBeansにあるようなバージョン管理システムとの連携機能は無いようです。
でも、これだと数人で開発する時こまりますよねぇ?

NetBeansには実装されているのになぜ?…と思っていたとき、もしかしたらNetBeansのモジュールを使えばできるかも! と思ったのがきっかけです。

ここでは、セットアップまでを説明します。


完成図
完成図です。メニューに"Versioning"と、"Window"が追加になり、CVSのツールバーも追加されます。現状は、一部英語表記のままです。



用意するもの
NetBeans IDE 3.6 日本語版
Java Studio Creator Update7
CVSサーバ

上記以外のバージョンでは確認していません。NetBeans4.xではうまくいきませんでした。

手順
  1. NetBeans 3.6を適当にインストールします。
  2. ダウンロードしたインストーラを普通にインストールします。
    とくに注意事項はありません。
  3. 必要なJarを集めます。
  4. {NetBeansのインストール先}\\NetBeans3.6\\modules から、下記のjarをどこかにコピーします。
    cvs-profile.jar
    cvscompat.jar
    cvslib.jar
    javacvscompat.jar
    pvcs-profile.jar
    vcscore.jar
    vcsgen.jar
    vss-profile.jar

    また、 {NetBeansのインストール先}\\NetBeans3.6\\modules\\locale から、下記のjarをどこかにコピーします。
    cvs-profile_ja.jar
    cvscompat_ja.jar
    javacvscompat_ja.jar
    pvcs-profile_ja.jar
    vcsgen_ja.jar
    vss-profile_ja.jar

  5. Creatorにコピーします。
  6. {Creatorのインストール先}\\modules\\ に、2.でmoduleの下から集めたjarをコピーします。
    {Creatorのインストール先}\\modules\\locale に、2.でlocaleの下から集めたjarをコピーします。
  7. できあがり

トラブルシューティングとか