メニュー
トップページ

■全般
ゲーム内容及び特徴
操作一覧
よくある質問
パッチについて
DLC情報

■キャンペーン
ストーリー・人物
武器一覧
デスカードの場所一覧
ベテラン攻略

■マルチプレイ対戦
ゲームモード一覧
武器一覧
Perk一覧
マップ一覧
チャレンジ一覧
プレステージモード

■CO-OPモード
co-op
チート
Nazi Zombies

■セリフ関連
アメリカ兵
ソ連兵
ドイツ兵
日本兵

■コミュニティ
フレンド募集
クラン一覧(PS3・360)
総合掲示板
質問掲示板

■その他
実績 外部wiki
実銃射撃映像]
リンク
管理者へ要望

■更新履歴
取得中です。
アクセス
今日 -
昨日 -
総数   -  

武器一覧


http://www.cod4central.com/codwaw-weapon-stats.php
威力や減衰距離、リロード速度や部位ダメージ倍率、発射速度など、各武器の詳細は上記サイトを参照した方が詳しく理解出来ます。

Bolt Action Rifles(ボルトアクションライフル)

WWIIの標準的な歩兵装備。
高精度・高威力。1発ずつ発射し、次発装填も遅いので近距離での撃ち合いには向かない。(接近戦では銃剣突撃した方が速い)
スコープを搭載しない場合は、エイム時の揺れは極めて小さく、反動も弱いため安定感がある。
スナイパースコープを搭載すると威力が一律70に向上するが、デフォルトクラスが一番使いやすいものなので慣れない人はそれで練習するとよい。
中距離まで通常時、頭。Stopping Powerを付けて首・胸。さらにスコープ付で距離減衰がなくなり、腰に即死判定が付加される。
スコープを搭載した場合、初期所持弾数が10発減少する。
どれも細かな違いはあれど威力の差がないので各銃の個性が薄い。好きな銃を使うと良い。
オプション:スナイパースコープ、バヨネット、ライフルグレネード
画像 Lv 名前 装弾数
/所持弾数
製造国 特徴 Attachment
springfield
(スプリングフィールドM1903A1)
5/25 アメリカ M1ガーランドの登場まではアメリカ軍の主力装備だったボルトアクションライフル。最初から狙撃スコープを使用でき、いきなりスナイパーライフルとして運用が可能。変な癖がないため当てやすく、反動も控えめと性能的にはトップクラス。使いやすいので、スナイパー入門者から上級者までお勧めできる。無理にカスタムしなくてもデフォルトクラスにStopping Powerとスコープが着けられている。他の同種の銃と違い、針の先にきっかり着弾するわけではないので注意。照門の合間が目安。 SniperScope
Bayonet
RifleGrenade
Arisaka
(九九式短小銃)
5/25 日本 アイアンサイトが見やすくボルトアクションの入門に最適な日本軍の主力装備。スコープを搭載しての射撃は、装填時に下に大きく下がり敵を見失うことがあるので注意しなくてはならない。スコープは左側面上方という変則的な位置で、付けたときの名称は九九式狙撃銃(しかし、今作ではボルトハンドルが曲がっていなかったり、スコープのレティクルに実銃との相違が見られる)。ちなみにアメリカ軍では日本軍のライフルを総称してアリサカと呼んだ。 SniperScope
Bayonet
RifleGrenade
21 Mosin-Nagant
(モシン・ナガンM1891/30)
5/25 ソビエト ロシア帝国時代に採用されたものを近代改修したソ連軍のボルトアクションライフル。他のライフルと比べ若干リロードが遅く、また視界を大きく塞ぐように覗き込むので慣れるまでは使いにくく感じるかもしれない。アイアンサイト自体は見やすく当てやすい。 SniperScope
Bayonet
RifleGrenade
41 Kar98k 5/25 ドイツ ドイツ軍の短型騎兵銃。アイアンサイトは癖がなく扱いやすいが、モシンナガンと同じく少し視界を塞ぎながら覗き込むので注意。 SniperScope
Bayonet
RifleGrenade
57 PTRS-41 5/15 ソビエト 14.5mm弾を発射するソ連軍の対戦車ライフル。この銃はセミオート式でありボルトアクション式ではない(ボルトアクション式はPTRD-41)が何故かボルトアクションの項に入っている。即死判定は腰だがバランス調整のためか他に比べ若干当たり判定が厳しい。だが、それを補える連射力がある。リロードは若干遅め。他のボルトライフルに比べ弾が10発少ない。デフォルトでスコープが付いており、はずすことはできない。他の銃より戦車に対する威力が高いが、戦車を破壊するためには何十発も当てなければいけないのでそれほど意味はない。 None

Rifles(ライフル)

1発ずつ発射し、次発装填は自動の半自動小銃(セミオートマチックライフル)。STG-44はアサルトライフル。
スコープ類を搭載しない場合、エイム時の揺れは小さく、また反動も弱いものが多い。
初期に手に入るライフル3種は能力は高いが装弾数が少ないために運用が難しい。
共通オプション:サプレッサー/フラッシュハイダー、アパーチャーサイト
画像 Lv 名前 装弾数
/所持弾数
製造国 特徴 Attachment
SVT-40
(トカレフM1940、別名SVT-40)
10/50 ソビエト ソ連軍のセミオートマチックライフル。全体の能力が高い。また、威力が高めで初期武器としては使いやすいが、装弾数は少ないため多人数相手はきつい。いかにも強力そうな射撃音が特徴的。 FlashHider
ApertureSight
TelescopicScope
Gewehr43
(ワルサーGew43)
10/50 ドイツ 狙撃銃としても使用されていたセミオートマチックライフルで能力が高い。高威力、低反動で使いやすいがSVTと同じで装弾数がネック。ブレはほとんど感じられないが、テレスコープ搭載時はそれなりのブレがあるため、高速で連射すると当てにくい。 Suppressor
ApertureSight
TelescopicScope
Rifle Grenade
17 M1 Garand
(M1ガーランド)
8/56 アメリカ アメリカ軍の主力装備となったセミオートマチックライフル。8発入りクリップ式で、8発撃ちきると独特の金属音が鳴る事でも有名。リロードは弾が残っている状態より、撃ち切った場合の方が速い。射撃時に若干上に跳ね上がるブレがあるため使いにくく感じるかもしれない。スナイパースコープを取り付けると性能が上がる。スコープ搭載時は頭に即死判定、Stopping Power使用時には首、胸に即死判定が追加。息を止めない時のブレと反動は控えめで、覗き込みも速く、非常に使いやすい。
なお狙撃銃版のM1ガーランドは「M1Cガーランド」という。
FlashHider
Bayonet
RifleGrenade
SniperScope
37 STG-44 30/60 ドイツ ドイツが大戦後期に開発したアサルトライフル。セミオート銃に比べ威力が弱くやや反動もあるが連射速度が控えめなため制御が容易で使いやすい。装弾数30と多く、同じカテゴリに入れられているセミオートライフルより使いやすい。ライフルの中ではリロードは速め。テレスコープを搭載するとエイム時の揺れが大きく感じられるが、機関銃と同じく伏せることによって改善される(他のライフルは改善されないことに注意)。 FlashHider
ApertureSight
TelescopicScope
65 M1A1 Carbine
(M1A1カービン)
15/75 アメリカ 高精度で高威力。パリンパリンという射撃音が特徴。M1ガーランドと違いこちらは連射制限がされておらず、他のセミオートライフルより装弾数が多いため他が霞む強さである。アタッチメントには基本的なフラッシュハイダーにアパーチャーから、銃剣にデュアルマガジンと何でもありの護身用ライフル。本来ならば7.62mm×33弾は普通のライフル弾より威力は低いはずなのだが、ダメージはSTG-44より高く、G43,SVTと同じというのはアメリカ万歳仕様ということか。ただし、アイアンサイトはあまり見やすくない。 FlashHider
ApertureSight
Bayonet
BoxMagazine

Sub Machine Guns(サブマシンガン)

通称はSMG。ライフルと比べ距離による威力減衰が著しく、精度も低め。
エイム時の揺れは小さいが、エイム時のズーム倍率は低く(Thompson除く)、また反動も強い物が多い。
代わりにフルオートで装弾数が多いので、近距離・接近戦では有利で、多人数も相手に出来る。
またエイム力さえあれば中距離でも当てていけるため非常に扱いやすい。
オプション:サプレッサー、アパーチャーサイト、マガジン拡張
画像 Lv 名前 装弾数
/所持弾数
製造国 特徴 Attachment
Thompson
(トンプソンM1A1)
20/60 アメリカ 高威力で発射速度が高いぶん反動が大きいアメリカ軍のSMG。装弾数が20発と少なく頻繁にリロードが必要だが、ドラムマガジン(40発)を装着する事で幾分か改善される。射撃速度、威力共にType100と同性能であり、その他の性能もType100が勝るところが多い(特に反動の大きさ)など悪い点がよく目立つが、Thompsonは他のSMGよりエイム時のズーム倍率が大きくエイムしやすい。バースト射撃を心がければ中距離も当てていくことができる。使い辛さは確かだが、その長所を引き出す事ができれば決して弱くない上級者向けのSMG。 Suppressor
ApertureSight
RoundDrum
10 MP40 32/64 ドイツ 非常に威力の高いドイツ軍のSMG。発射速度が低い分、本作におけるフルオート銃としては最大の威力を誇り、Stopping Power無しでも近距離ならば2発で倒してしまうことが可能(PC版での威力は減衰後を除きPPSh以外のSMGと同等)。連射性能が低めのために狙った場所に飛びやすいがフルオートだと反動が大きい。トンプソンに比べ弾数が多いためサイレンサーをつけるならこちらが良い。デュアルマガジンは64発と非常に多い。その性能の高さから本作においては最も使用者の多い銃となっている。なおデュアルマガジン版は「MP40-II」という名称で実際に試作されている。重量増加に見合うだけのメリットが無かったため、ごく少量しか製造されなかった。 Suppressor
ApertureSight
DualMagazines
25 Type100
(一〇〇式機関短銃)
30/60 日本 少数が生産された日本軍のSMG。威力、連射速度共に申し分なく、しかも低反動と非常に使いやすい。ロングマガジンは60発。実銃は十四年式拳銃と同じ8mm南部弾を使用するが、ゲーム中で弾の融通は出来ないので注意。またバイポッドや銃剣が取り付けられる変わったSMGでもあったが、ゲームではそのような再現はない。観戦時、一人称視点と三人称視点では銃の持ち方が違うというバグがある。 Suppressor
ApertureSight
BoxMagazine
53 PPSh-41 35/70 ソビエト ソビエト赤軍の象徴となったSMG。発射速度が非常に高く、低反動で装弾数も多いが、威力が非常に低くStopping Powerをつけても4発当てなければ倒すことは出来ない。その驚異的な連射速度と低威力のためBandolier無しではあっという間に弾が無くなってしまうので注意。箱型弾倉は35発、ドラム弾倉は70発。 ApertureSight
RoundDrum

Shotguns(ショットガン)

近距離、室内などでの遭遇戦で驚異的なアドバンテージを誇るが、多人数相手はやや厳しく遠距離は弱い。高い威力での一撃必殺が基本。
エイム時のズーム倍率は小さいが、揺れは小さい。
Steady Aimをつけた場合、集弾率が上がることにより一撃必殺可能な距離が伸びる。
Double Tapにした時では発射間隔を短く出来る。
共通オプション:グリップ
画像 Lv 名前 装弾数
/所持弾数
製造国 特徴 Attachment
M1897Trench Shotgun
(ウィンチェスターM1897)
4/16 アメリカ 第一次世界大戦で示されたあまりの強さと残虐性で戦後条約で使用禁止武器に指定されたショットガン。ポンプアクション式なため連射が利かず倒し損ねるとスキができる。1発1殺が基本。至近距離でまともに命中させると相手の体の一部が吹き飛ぶ。銃剣が取り付けられる渋いショットガン。ちなみにこの銃剣で敵を倒すと恐ろしいことが起こるので試してみると良い。 Grip
Bayonet
29 Double-Barreled Shotgun
(レミントンM1889)
2/18 アメリカ アメリカのレミントン社が開発した水平2連ショットガン。連続2連射が可能だが装弾数が2発しかないため頻繁にリロードする必要があり、多人数を相手にするには厳しい。至近距離で命中させて倒すと相手の体の一部を吹き飛ばすエフェクトが付く。少ない装弾数を補うSleight of Handと相性が良いが、Stopping Powerをつけると中々の射程になるのでどちらもお勧め。 Grip
Sawed-Off Shotgun

Machine Guns(マシンガン)

通称MG。MG42、M1919をHMG(重機関銃)、その他をLMG(軽機関銃)と区別する場合がある
(ただし、あくまで特性を元にしたゲーム上の分類であり、実際にはMG42は汎用機関銃、FG42は自動小銃と呼ばれる)。
全体的に弾数が多めで、威力、貫通力が高いが、構えの遅さや機動力・リロードに難があり、エイム時の揺れも大きい。
エイム時の揺れの大きさは伏せることによってかなり改善されるが、上記のHMGとテレスコープを搭載したFG42は対象外なので注意。
また上記のHMGは他の機関銃に対してレティクルが広く、集弾率が悪い。
Type99、BAR、DP-28の3種は他の機関銃よりエイム時のズーム倍率が大きい(そのためエイム時の揺れが大きいように感じるが実際には変わらない)。
ただし、Type99、BARはアタッチメントを装着することによって他の機関銃と同様となってしまうので注意。
機動力については例外があり、FG42、M1919の2種は他の機関銃よりも高く設定されている。
バイポッドは窓枠や土嚢などの前で設置できるが、実用性を考えれば普通にエイムしたほうが良い。
ただし、極めて高精度の弾を連続して撃ち出せるため、壁抜きやスナイパーに対して有効(特に前者)な場合がある。

共通オプション:バイポッド
画像 Lv 名前 装弾数
/所持弾数
製造国 特徴 Attachment
Type99
(九九式軽機関銃)
30/60 日本 日本軍の高性能機関銃。上部に設置されたマガジンのため視界が非常に悪いが、低反動・高精度・高威力なうえ、ズーム倍率も大きいという非常に優れた機関銃。その性能ゆえに汎用性が非常に高く、自由にperkを組むことができる。対応範囲の拡大を狙ったStopping Powerが無難だが、近中距離ならJuggernautも悪くない。伏せ射ちの性能が素晴らしいが、装弾数は30発なうえに予備弾数も多くないため、あまり見境無く撃ってよいものではない。史実同様に銃剣を付けることができ、実銃はそれにより命中率が向上したとされるが、ゲーム上でそのような再現は無いので注意。また、アタッチメント装着時はエイム倍率が低下してしまうが、周りは若干見やすくなるので有効な場合がある。 Bipod
Bayonet
BAR(M1918A2
BAR=バー=Browning
Automatic Rifle)
20/60 アメリカ 自動小銃と軽機関銃を一纏めにしたアメリカ軍の分隊支援火器。弾数は20発と少なく連射速度も非常に遅いため、通常の機関銃として使えばほとんどDP-28の劣化でしかない。ただし、バースト射撃を行うことによって、極めて安定した遠距離射撃が可能であり、特にマズルフラッシュが制御可能なのは以外な利点。そのため、ズーム倍率の下がるバイポッド装着はしない方が使い勝手が良い。また、エイム時にはそれなりの揺れがあるため可能な限り伏せ射ちを心がけること。分類こそ機関銃ではあるが、実際には「連射可能なライフル」と思ったほうが良い(・・・なのだが、個人差はあるが手動連打にさえ連射速度は劣る)。アイアンサイトは見やすくリロードは結構な早さ。 Bipod
13 DP-28 47/47 ソビエト 上部に装着された47発入り円盤型マガジンが特徴のソ連軍の機関銃。連射時には独特の大きなブレが発生するものの、見やすいアイアンサイトや、連射速度がやや遅い事とズーム倍率が大きい事等が組み合わさり、移動中の敵にも当てていきやすい。ただし、マズルフラッシュが大きく、遠距離の敵はそれに隠れてしまい仕留め損なうことがある。弾幕も張りやすいが、予備弾数自体は多くないため撃ちすぎには注意。リロードはそこそこの早さ。単に射撃能力を見た場合、一番とは言えないが、非常に扱いやすい機関銃で初心者にもお勧め。その形からザクマシンガンと呼ばれることも。 Bipod
33 MG42 50/100 ドイツ ドイツ軍の汎用機関銃。毎分1000発を超える圧倒的な連射速度を誇るが、ダメージは他の機関銃より下げられている。ただし、威力減衰が無いためどの距離でも同じ弾数で敵を仕留めることができる。装弾数は50発であり、バースト射撃で弾の節約を心がけないとあっという間に無くなってしまうので注意。また、連射時には電動ノコギリのような大きな発砲音が発生するので位置がバレやすいが、威圧感はあるかもしれない。アイアンサイトは見やすいがリロード時間は長め。集団に対する射撃能力は高いものの、総合的にはあまり使いやすい機関銃とはいえない。 Bipod
45 FG42 20/60 ドイツ ドイツ空軍の降下猟兵(空挺部隊)の為に開発されたアサルトライフル。ゲームでの性能はMG42をコンパクトにしたものと思ってもらって良い。機関銃で唯一テレスコープを付けられるのが特徴。高連射速度で、連射した場合の反動は大きい。また最高威力はMG42と同じだが威力減衰が存在するので注意。リロードはそれなりに速く、撃ち切った場合もコッキング動作を省略すれば問題ない。なお実銃は立って撃てる代物ではなく、高価な失敗作とされている。 Bipod
TelescopicScope
61 Browning M1919
(ブローニングM1919A4)
50/100 アメリカ アメリカ軍の非常に重い機関銃。高威力でType99と同等の連射速度と使いやすい。また、14kgと非常に重い銃にもかかわらず他の機関銃よりも機動力が高い。威力減衰がないため、Stopping Powerを付ければどの距離でも2発で敵を倒すことができる(敵がJuggernaut装着の場合は3発)が、エイム時の揺れ(伏せても改善されない)と射撃時のブレが組み合わさり、精度はあまりよろしくない。しかし、装弾数は50発あり、予備弾数もBandolierを装着することによって非常に多くなるため、無闇矢鱈に発砲することができ、その弾幕は脅威。その点では今作における最も機関銃らしい機関銃といえるかもしれない。見辛いアイアンサイトと7秒程度かかるリロード速度が最大の欠点。また、本来のM1919A4は兵器搭載前提の設計なため人間が直接持って撃てる代物ではない(本来の携行型はM1919A6)。 Bipod

Pistols / Sidearms(ピストル)

携行武器。基本的にメイン武器のリロード中やセカンドチャンス状態などのときに使用される。
スナイパーでは接近戦のときにも使用。ハンドガンを装備してる時の機動力は最速で、ナイフの振りも最速だが、エイムしてもズームしないので注意。
.357magnum以外は同じ威力なので使いやすいものを選ぼう。
今作では、ピストルを持ちながら歩くと下のほうに表示されピストルの先ぐらいしか見えなくなっている。(CoD4では歩きながらでもハンドガンのすべてが表示されていた。)
画像 Lv 名前 装弾数
/所持弾数
製造国 特徴
Colt M1911
(コルトM1911)
8/24 アメリカ 1911年に制式採用されて以来、現在に至るまで広く使われている。日本での通称はガバ/ガバメントで、アメリカでは1911と呼ぶ。
.45ACP弾といえばこの拳銃。
同威力のピストルにおいて、銃身の跳ね上がりが目立つ。
ただし反動そのものに影響はない。
ピストル不所持の時Second Chanceが発動するとこれを使う。
Nambu
(十四年式拳銃)
8/24 日本 一四年式拳銃とも表記される。8mm南部弾を使用する半自動式拳銃。今作に登場するのはいわゆるダルマ型のトリガーガードの後期型で、弾倉の脱落防止用のバネは付いていない。アメリカではナンブピストルと呼ばれる。太平洋戦争時、日本軍では後に採用された九四式拳銃と共に、主に憲兵、士官、将校が使用し、一般兵は殆ど装備していない。上記のコルトのような跳ね上がりを持つが、リロードはピストルの中では最速。
Walther P38
(ワルサーP38)
8/24 ドイツ 9mmパラべラム弾のセミオートマチックピストル。
アイアンサイトは見易く、トカレフと同じく銃身の跳ね上がりは無い。あの某3世も愛用しており、ワルサーP38を題材にした歌も歌われている。
21 Tokarev TT-33
(トカレフTT-33)
8/24 ソビエト アメリカのコルトM1911を真似たと言われるロシア製大型拳銃。
安定性が非常に高く使いやすい。
安全装置は簡素化されている。殺傷力が高いのが特徴。
49 .357 Magnum
(S&W M27)
6/18 アメリカ 威力が高いリボルバー。
反動が大きく、リボルバー式なのでリロードが遅い。
他四つは一緒だが、これだけレティクルが他より狭いのも特徴。
垂直に跳ね上がるのでそれに慣れさえすれば使いやすい。

Knife(ナイフ)

当たったら一撃死。レーダーに映らない為、近接戦のほか隠密向けとなる武器。
ナイフ攻撃の出の速さは機動力に比例しており、SMGやSG、ピストルだと速く、MGが最も遅い。
遭遇戦で威力を発揮する。スナイパーは閉所ではピストルに切り替えて斬りに行こう。
左から中央へ振る為、敵をやや左に捉えると良い。
一定距離内だとややホーミングしながら近づいて刺す。刺した後に抜く時間があるため他に敵がいる場合は注意。
「ハンドガンに持ち換えるよりナイフを振るほうが早い」というある方の名言を忘れずに。

Primary Grenade(プライマリーグレネード)

画像 名前 特徴
Frag
(破片手榴弾)
おなじみ、普通の破片手榴弾。ピンを抜いてからおよそ4秒後に爆発するため、ホールドした状態で投げると投げ返させる時間を与えない。CoD4より飛距離、炸裂範囲が落ちた。フラグを手に持った時点から秒読みがはじまるので、持ち続けていると自爆する。手に持つ時間を調整すれば空中爆発も可能。 これで倒すと相手のSecond Chanceを阻止できる。 グレネードは投げ返せるが、手の中で爆発する事が多いのでToss Backをのパークを装備していな限り落ちていたら逃げた方が無難。 相手に直接当てても微量ながらダメージを与えられる。 ハードコアの場合、暴投のほか、殉教などでも味方を巻き込むことが最も多い武器なので、ハードコアでの運用は要注意。
連合軍(アメリカ軍・ソ連軍)はMk 2手榴弾、枢軸軍(ドイツ軍・日本軍)は九七式手榴弾を使用。
No 74 ST
(No.74柄付手榴弾)
ぺたっとくっつく、対戦車手榴弾、別名粘着手榴弾。
物体に吸着後、およそ1.5秒後に爆発。フラグのようなタメ投げができない。
人にもくっ付く為、直接当てられれば100%殺傷できる。
ちなみにこの手榴弾はイギリス軍のものである。
Molotov Cocktail
(モロトフ・カクテル)
いわゆる火炎瓶。着弾した瞬間に着火するのである程度の機動性があるが、フラググレネードより範囲は狭い。着火した状態で構えていても爆発することはない。モロトフ・カクテルという変わった名前の由来は当時のソ連の外相ヴャチェスラフ・モロトフが冬戦争でフィンランドに対する空爆を「爆弾ではなくフィンランド市民に対しパン籠を投下している」という発言に対し火炎瓶のことを「モロトフに捧げる特別製のカクテル」というフィンランド軍兵士の皮肉である。対戦車にも微弱ながら効果あり。実際にも、戦車のエンジンに投げてオーバーヒートを狙ったりした。

Special Grenade(スペシャルグレネード)

画像 名前 特徴
Smoke(AN-M8発煙手榴弾) スモークグレネード。煙を炊いて周囲の視界を塞ぐ。
手榴弾に記されている名前からアメリカ軍のAN-M8発煙手榴弾と見られる。
Tabun Gas
(タブン・ガス)
毒ガス。吸い込むと痙攣し呼吸困難に陥る。
効果を受けている間、動作が遅くなり画面がにじんでブレる。
近くで炸裂させると自分が食らうので注意。フレアよりは時間長くないが、炸裂から少しの間ガスが出続ける
Signal flare 燃焼する信号筒。暗闇を照らしたり、合図を送る際に使用する。近距離で光を見ると少しの間目に焼き付いて見え辛くなる。詳しい効果は、画面自体は赤+白味がかって一応少し見えるがレティクルやレーダーといった表示物は消える。4のフラッシュバンと異なり、結構な時間、効果を発揮する。味方にも効いてしまうので使いどころには気をつけること。

Attachment(アタッチメント)

WAWでは銃に付けられるアタッチメントや、アンロックの順が銃により異なる。
名前 特徴
Bayonets バヨネット 銃剣を装着。ナイフよりもリーチが長く、ほとんど槍の間合いだが隙は大きい。
PC版はver1.4でジャンプ中に使用不可となった。
Aperture Sight アパーチャーサイト ドットサイトのような照準器。
Telescopic Scope テレスコピック
スコープ
低倍率スコープ。スコープの外も少し見える。覗き込んだときに若干のブレが生じるようになる。
Sniper Scope スナイパー
スコープ
付けると狙撃銃として息止めシステムになり、弾丸の破壊力が上昇。
その反面レティクルは大幅に広がってしまい腰だめ撃ちの精度が格段に落ちる。
Rifle Grenade ライフルグレネード Perk1を占有。手榴弾より遠方へ攻撃が可能。擲弾を銃口に取り付けるので射撃との切替には時間がかかる。2発目のリロード自体は速い。CoD4とは異なり至近距離でも爆発する。SpringfieldとM1 GarandはM7グレネードランチャー、Mosin-Nagantは形式不明、Kar98kとGewehr43はシースベッヒャー、Arisakaは二式擲弾器を装着。二式擲弾器は1発目の装填が他のものより若干遅い。
Bipod バイポッド 二脚台。窓枠や土嚢などの前でUSEキー(Fキー、□ボタン、Xボタン)が表示され、設置出来るようになる。シングルに出てくる同じ固定機銃で無反動だが移動不可。射角は60~90度ほど。以前までは伏せて左スティックを倒すことで、弾薬表示が消え、弾数無制限の固定機銃として使用可であったが、2009年2月末のアップデートにより対策された。取り付けるとズーム倍率が落ちる。
Enlarging-Your-Magazine
(RoundDrum/DualMagazine)
--- マガジン拡張。ドラム型かデュアル型マガジンが銃に取り付けられ、1マガジンの装弾数が元の倍になる。
リロードがほんの僅かだが遅くなる。
Suppressors、
Flash Hider
サプレッサー
フラッシュハイダー
搭載した銃の発砲時にレーダーに映らなくなる。
また、マズルフラッシュを抑え、発射音を小さくする効果もあるが、距離減衰が強くなる。
Sawed-Off Shotgun ソードオフ・ショットガン ショットガンの銃身を切り詰める。至近距離での威力増、距離減衰の増加。
Grip グリップ Perk1を占有。ショットガンの反動を抑え命中精度が上がる


【CoD】Call of Duty World at War part6【WaW】>>335さんの書き込みより
カッコ内の数字は解除されるレベル
http://call-of-duty.6.ql.bz/index.php

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|