霧島プロジェクト @Wiki 一歩ずつ(23)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■「一歩ずつ」(23)


                   岩堀 美雪(福井県服間小学校)
                    minmin@sky.hokuriku.ne.jp   


今年、持ち上がりで6年生担任になりました。4年前と同じように「クラスで行
っているパーソナルポートフォリオ。この取り組みをぜひ中学校につなぎたい。
中学校で同じ事をして欲しいとは思わない。でも、学力だけでないその子のいい
ところを中学校の先生方にもぜひ知って欲しい。」そう思いました。

今立町は、同じ町内の4つの小学校が一つの中学校に行きます。だから、うちの
学校だけで実践していても多分見てもらえない。4つの小学校全部で実践してい
たら、中学校でも使いやすいですよねっ。

ということでポイントは、残り3校の先生方(全部で5人)に「よしっ、パーソナ
ルポートフォリオをやってみよう!」と言ってもらえるどうかでした。やっぱり
緊張するうっ。しかし、何もしなければ前に進みません。だから、まず電話しま
した。

結果は、・・・。結論から言いますね。他校の6年担任の先生方全員に「やって
みましょう。」と言ってもらいました!!う、うれしいーっ!冷静に考えるとこ
れがまず第一歩目なんです。でも、皆さんに「うん。」と言っていただいたから
こそスタートできたんですから、やっぱりうれしい。感謝、感謝です。

思えば4年前にも同じく他校の6年担任の先生方に説明しました。あの時は、
「ポー、ポートフォリオって何?」って言われたけど、今回は違いました。

あの時のメンバーの一人H先生。中学校で私の話を聞いてくださった先生(勤務
先が小学校に変わられたのです)。共に6年担任。話が速かったんです。特に、
Y先生に電話して「私、もうファイル買ったよ!」と言われた時はものすごく
うれしかった。4年の歳月に感慨もひとしお・・・。

これから中学校の先生方にどう説明していくか。課題は山積みです。
それでもできる限りのことをやるぞ!

※最後に、皆さんにお知らせがあります。
 この程メールマガジン「幸せ教育」を発刊することになりました。
 一人一人の子供たちに、幸せを運ぶ教育について考えていきたい
 と思います。興味のある方は、下記のフォームより登録してくだ
 さいませ。どうぞよろしくお願いします。
 http://www.mag2.com/m/0000155073.html