コストの比較

コストの比較


比較:ドライブ-1>捨てる≧退却≧山札に戻す≒ソウルに置く>カウンターブラスト>ソウルブラスト
また、本家のカードを見るにカード1枚分のアドバンテージ=CB2のようである。
…がブラスターブレード・解放者がCB2で使っていた前列退却を探索者は今度はCB1で同じ事をしていたりする。今後のカードに注視が必要

重いコスト

ドライブ回数を減らす
  • コスト単価=手札1枚よりも重い
  • 「捨てる」と違い、失う1枚分のカードを選ぶことができない上、ドライブチェック1回分の権利も失うので、非常に重いと言える。
  • ただし、このコストはリアガードで使えばデメリットは無い。そのため、Rでも使える効果にする場合は注意が必要。

捨てる /ペルソナブラスト
  • コスト単価=手札1枚
  • 直接ドロップゾーンに送る分、退却よりも僅かにコストが重い。
  • ペルソナブラストは捨てるカードが限定されるため、通常の「捨てる」よりも重いコストである。
  • モノにもよるが、ヴァンガードがスタンドする効果は手札を2~3枚捨てるようなコストのものが多い。

退却
  • コスト単価≒手札1枚
  • 登場時能力を使用できる分、「捨てる」よりもコストは軽い。
  • 《たちかぜ》に限り、退却=CB1よりやや重い程度。

ソウルに置く
  • コスト単価≒手札1枚
  • 基本的に「退却」に近いが、ソウルが増えるという観点では「退却」よりも軽く、双闘のコストが増えないという観点では「退却」よりも重い。
  • このコストを持つカードのほとんどはグレード0である。

山札に戻す
  • 退却・ソウルイン同様、ボードアドバンテージを失う比較的重いコスト
  • 山札のどこに戻るかは物により異なる。重さ的にもそれによって変化。
  • 戻す場所やクランによってはメリットにもなりえ、一概にコストになるとも限らない。

軽いコスト

カウンターブラスト
  • 軽いコスト。
  • 事実上の回数制限があり、1回のファイトにつき5~6枚しかコストが用意できない。
  • ただし、近年では様々なクランで手軽にCBを回復する手段が出回ってきているため、相対的に軽くなりつつある。
  • 《ノヴァグラップラー》、《エンジェルフェザー》はコスト回復に優れており、他クランより軽いコストになる。
  • スペリオルコール等、アドバンテージを得られるカードは大概がCB2である(聖弓の奏者 ヴィヴィアンの様な例外はいるが、その場合条件がかなり厳しい)。
  • 何度も使用されたくない能力は、カウンターブラスト2以上に設定したい。
  • 一度のファイトにつき、CB1で5~6回場合により7回、CB2は2~3回、CB3は1~2回、CB4以上は1回が撃てる回数の目安。
  • 特に強力な効果の場合、カウンターブラスト3+リミットブレイクも(ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン等)

ソウルブラスト
  • 軽いコスト。
  • 1枚分の価値は「カウンターブラスト」より更に小さい。
  • クランによって価値が大きく異なる。デッキによっては2~3枚分しか用意できないこともあれば、10枚分以上使用可能なものもある。
  • カウンターブラストより軽いが、価値をカウンターブラストに換算すると大きく変動する。
  • 一応大まかには平均でソウルブラスト2≒カウンターブラスト1前後と言われている。

呪縛
  • 軽いコスト。
  • 呪縛されたリアガードは何もできず、一部のクランを除き解呪する手段がないため、「レスト」よりもコストが重い。
  • ブースト/アタックができないため、パワー換算で-4000~-10000。

レスト
  • 軽いコスト。
  • ブースト/アタックができないため、パワー換算で-4000~-10000。

条件

リミットブレイク(LB4)
  • 自分のダメージが4枚以上で使用できるというもの。
  • リミットブレイク≒CB1~2の査定(近年はCB2程度になりつつある模様。今後のカードプールを要注視)
  • CB4以上のコストがある効果にはLBは不要(必要なCB自体が一種のリミットブレイクでもあるため)

アルティメットブレイク(LB5)
  • リミットブレイクの更に上位版。こちらはダメージ5枚以上で有効。
  • CB換算では3程度? 数が少ないため換算は難しい。

Gブレイク
  • ヴァンガードサークルとGゾーンにある、表のGユニットの枚数が一定以上で使用できるというもの。
  • Gブレイク(1)はCB換算で1程度だと思われる。