将軍 ザイフリート軸

スパイクブラザーズ将軍 ザイフリート軸)

ドライブチェックで出したグレード3をそのままスペリオルコールできる将軍 ザイフリートを軸としたデッキ。
不確定とはいえ、1ターンに4回以上の連続攻撃を仕掛けられる効果は強力。


主なカード

+...

キーカード

ドライブチェックで出したグレード3をスペリオルコールする効果を持つ。
上書きするとディスアドバンテージになるので、前列が空いているところにスペリオルコールすることになる。
とはいえアタック回数を減らしてもも意味がないので、ジャガーノート・マキシマム等の効果を活用して空ける事になるだろう。
ちなみに、自身もブーストを受ければパワー+3000なので充分なパワーを発揮できる。

サポートカード

グレード3
スパイクブラザーズにおいて重要な役割を持つカード。
アタック時にソウルブラスト1でパワー+5000し、アタック後にデッキに戻る効果を持つ。
この効果によって単体でパワー16000というリアガードの中では最大級のパワーを出すことができる。
このカードからアタックすればフィールドを空ける事もでき、一切の無駄が無いカードといえる。
アタックヒット時に自信をソウルに置くことで手札から1体スペリオルコールできる。
連続攻撃のための効果であり、このデッキの攻撃性をより尖らせる。
これはジャガーノート・マキシマムにも言えることだが、パワー11000なのでライドしてもそこそこ戦える。
手札のこのカードをデッキに戻して、デッキからグレード2以下の「ダッドリー」を手札に加えられる。
デッキのグレード3を増やしつつシールドを増やせるのでデッキ内での相性も悪くない。
「ダッドリー」には扱いやすいカードが揃っている点もこのカードの評価を上げている。
しかし、このカードのパワーは10000しかなく、フィールドからデッキに自力で戻ることもできないため、
将軍 ザイフリートの効果でスペリオルコールする対象としてはやや不安が残る。

グレード2
グレード2のバニラ。
パワーが高いというだけで十分に採用の余地はある。
ジャガーノート・マキシマムのグレード2版。
パワーが14000までしか上がらないので単体でのアタックでは手札を削れないが、スペリオルコールされる時はジャガーノート・マキシマムが優先されるので、フィールドを能動的に空けることこそがこのカードの役割といえる。
その時ならブーストを受けられるので7000ブーストでパワー21000に達するこのカードのパワーはむしろベストと言える。
アタックをヴァンガードにヒットさせた時にカウンターブラスト1と手札1枚のソウルインで、デッキからユニット1枚をスペリオルコールできる。
効果の発動は容易ではないが、サーチと追撃ができるという点で見た目以上のアドバンテージになっている。
ジェリー・ビーンズのサーチ対象である点も見逃せない。
ヴァンガードにアタックをヒットさせればソウルブラスト1でドローしてデッキに戻る効果を持つ。
アドバンテージを失わずにフィールドを空ける事のできる唯一のカード。
しかし、ヒットしなければフィールドを空けられない点で扱いづらさが目立つ。
スパイクブラザーズのエスペシャルカウンターブラスト1でパワー12000のアタックができる。
高パワーであることはこのデッキにおいて非常に重要な要素なので優秀な効果である。
コストの工面は比較的に容易な方だが、他の優秀なユニットに回したい場合も多いので使いどころには気をつけたい。

グレード1
グレード1のバニラ。
1ターン目にライドすることで被ダメージを抑える事ができる。
将軍 ザイフリートをブーストすればパワー21000になる点も見逃せない。
登場時にソウルチャージ1できる。
ソウルが不足することはあまりないが万が一に備えてソウルを増やしておいても不都合はない。
パワー7000なのでハイスピード・ブラッキーをブーストしてパワー21000ラインを作れる。
バトルフェイズ中にコールされた時に手札交換ができる。
自力では発動条件を満たせないので、ダッドリー・ダンと併用することになるだろう。
ダッドリー・ダグラスのグレード1版。
効果の方は今一つなのでジェリー・ビーンズでサーチできる点を重視したい。
スパイクブラザーズの守護者。
手札消費が激しいこのデッキでは使えなくなることも多々あるが、そのときコストにすればいいので無駄にはならない。
ヴァンガードをブーストした時にカウンターブラスト2と手札1枚をソウルに置いてデッキからスパイクブラザーズのユニット1体をスペリオルコールする効果を持つ。
将軍 ザイフリートの効果と被るので効果発動のタイミングは見極める必要があるだろう。
自身のパワーは僅か4000しかないが将軍 ザイフリートをブーストすればパワーは17000なので何とか及第点。
メカ・トレーナーで手札に加えられるので複数採用しなくても良い点もこのカードの使い勝手を上げている。

グレード0
このデッキのファーストヴァンガード候補。
カウンターブラスト1と自身の退却でデッキからグレード1のユニットを手札に加える。
非常に優秀な効果なので大抵の場合はこちらを採用することになる。
このデッキのファーストヴァンガード候補。
ファーストヴァンガードでありながらパワー8000のブーストが可能。
パワー8000でブーストするとブーストされたユニットはデッキに戻るのでここぞというときだけ使おう。
将軍 ザイフリートの効果でコールされた他の将軍 ザイフリートやジェリー・ビーンズをデッキに戻したりもできる。
ただ、素のパワーは5000なので平時のパワーには少々不安が残るのが難点。
メカ・トレーナーと比べると効果の強力さでは劣るかもしれないが、コストを使わない点や高パワーを出せる点で十分に価値を見出せる。

トリガー考察

  • クリティカルトリガー
このデッキはひたすらに攻撃的なのでクリティカルトリガーもフルに積んでいきたい。
  • スタンドトリガー
ザイフリートは確定でコールできるわけではないので、前列のみでアタックするという定石が使用できない。
逆にそれをフォローすることもできるため、決して相性が悪いわけではないが、役立つ場面が限られるのは確か。
  • ドロートリガー
キーカードを引くため、手札コストの確保のためにも採用しておくと便利だろう。
  • ヒールトリガー
特別に相性がいい訳ではないが、純粋に強力なトリガーなので入れておいて損はないだろう。

サンプルレシピ

恐怖政治 テルミドール型

G ユニット 枚数 備考
0 恐怖政治 テルミドール 2 FV
サイレンス・ジョーカー 4
陽気なリンクス 4
カンフー・キッカー 4
チアガール ティアラ 4
1 ワンダー・ボーイ 3
ダッドリー・デイジー 2
ダッドリー・ファントム 1
チアガール マリリン 4
ダッドリー・ダン 2
2 ダッドリー・ダグラス 2
ダッドリー・メイソン 3
ハイスピード・ブラッキー 2
3 ジャガーノート・マキシマム 3
スカイダイバー 2
ジェリー・ビーンズ 4
将軍 ザイフリート 3

メカ・トレーナー型

G ユニット 枚数 備考
0 メカ・トレーナー 1 FV
サイレンス・ジョーカー 4
陽気なリンクス 4
カンフー・キッカー 4
チアガール ティアラ 4
1 ワンダー・ボーイ 3
メディカル・マネージャー 4
チアガール マリリン 4
ダッドリー・ダン 2
2 至宝 ブラックパンサー 4
ハイスピード・ブラッキー 4
パンツァー・ゲイル 2
3 ジャガーノート・マキシマム 4
スカイダイバー 2
将軍 ザイフリート 3

バッドエンドドラッガー採用型

G ユニット 枚数 備考
0 メカ・トレーナー 1 FV
恐怖政治 テルミドール 1
サイレンス・ジョーカー 4
陽気なリンクス 4
ソニック・ブレイカー 4
チアガール ティアラ 4
1 レックレス・エクスプレス 2
ダッドリー・デイジー 2
ダッドリー・ファントム 1
チアガール マリリン 3
ダッドリー・ダン 2
メディカル・マネージャー 3
2 ダッドリー・ダグラス 2
ダッドリー・メイソン 4
ハイスピード・ブラッキー 3
3 ジャガーノート・マキシマム 2
バッドエンド・ドラッガー 3
ジェリー・ビーンズ 2
将軍 ザイフリート 3

戦術

ハイスピード・ブラッキー、ジャガーノート・マキシマムの効果でアタックをしつつフィールドを空け、将軍 ザイフリートやダッドリー・ダンの効果でスペリオルコールして再アタック、という流れが理想的。
将軍 ザイフリートの効果は不確定なのでフィールドを空ける場合はある程度のリカバリー手段を考えておこう。
ファーストヴァンガードがメカ・トレーナーの場合、メイソンか自身の効果でテルミドールをサーチしておきたい。(ただしバッドエンドにライド予定の場合はその限りではない)

このデッキの弱点

何と言っても将軍 ザイフリートの効果の不確定さが最大の不安要素。
ダッドリー・ダンでリカバリーできればよかったのだがダッドリー・ダンの方が先に発動するので逆に効果が競合してしまう。
また、将軍 ザイフリートの効果でスペリオルコールしたユニットがパワーの低いグレード3だとアタックがままならない。
何かとドライブチェックの結果に左右されてしまうので、不運が重なれば連続攻撃どころではないだろう。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • てか、スパイクブラザーズにスタンド入れるとか本当に作ってデッキ回したのか疑うレベルだぜ -- 2012-12-15 19:26:11
  • ダーク・ブリンガーのスキルがまるっきり違ってる -- 2012-12-23 01:46:23
  • ↑報告ありがとうございます。修正しておきました、というかメカ・トレーナーで十分なので消しておきました。 -- 2012-12-23 03:32:08
  • G3多い気が・・・ -- 2013-01-02 20:07:59
  • G3は、ザイフリートとマキシマム、スカイダイバーでいい -- 2013-01-18 09:21:28
  • この手のデッキはG3多めとG3の枚数は増やさない構築で分かれるところだな。でも、ジェリー・ビーンズはスペリオルコールしてもしょうがないからいらないかもね。 -- 2013-01-18 14:09:48
  • G3は13枚も要らない気が・・・。 -- 2013-02-25 18:47:53
  • ↑2 ジェリーはテルミドールで山札に戻せるからコールしても問題ない。手札に来た場合も自身の能力で「ダッドリー」に変換できるし -- 2013-02-26 11:20:59
  • 森川マケミ化乙。本題:テルミ-1でファントム+1の方が良いんじゃないかな? -- 2013-02-27 00:19:19
  • テルミは-1に同意。個人的にはザイフリート4でジェリーとマキシマム3ずつでもいいかなと。 -- 2013-02-27 01:02:16
コメント:

すべてのコメントを見る

外部リンク