光の牙 ガルモール軸

ロイヤルパラディン光の牙 ガルモール軸)

展開力に優れた光の牙 ガルモールを中心としたデッキ。
ばーくがる禁止前の全盛期ロイヤルパラディンのような展開力と安定したボード形成が強み。
また非常に安価な傾向のあるカードなので揃えるのが容易であることも見逃せない。


主なカード

+...

キーカード

手札を1枚ドロップすることによってデッキからすのうがるかぶるうがるをコールできる。
すのうがるは場に並んでいれば並んでいるほど強くなるため、そのカードを呼び出せる効果を持つこのカードは決して悪くない。
またヴァンガードの場合、リアガードのすのうがるとぶるうがるの数だけ+1000する能力も強力。
対象カードが3枚存在すれば13000、そのすのうがるでブーストすれば21000にノーコストで達する。
仮にぶるうがる1枚とすのうがる1枚としても12000、ぶるうがるでブーストした場合でも16000と及第点。
アドバンテージは取れないのが難点といえば難点だが、コストを使わないので色々なカードと共存できるという強みがある。
光の牙 ガルモールのグレード2版で、パワーアップ能力がなくパワーは8000。
だが、すのうがるが2枚場にあればパワー8000でも十分である。
すのうがるを出来るだけ早く並べるためにも重要なカードである。
他のすのうがるの数だけパワー+1000するユニット。
このデッキで最も重要なカードと言っても過言ではない。
3枚後列に揃えれば、後列のパワーが全て8000になり驚異的。
効果、パワーと獣騎士 ガルモールに非常に近い性質のカード。
こちらは手札ではなくカウンターブラストを使ってすのうがるを揃える。
アドバンテージを得るという点で見れば重要度は獣騎士 ガルモールよりも高い。
ただし、こちらはコストが何度も工面できないため、実際は併用するのがいいだろう。
また、獣騎士 ガルモールと違い、こちらはすのうがる以外もコールできる。

サポートカード

グレード3
他のグレード3ユニットがいればパワー13000でアタックできるユニット。
ブースト要員はパワーが8000になりやすいのでリアガードでも21000ラインが構築できる。
カウンターブラスト1でパワー+3000にでアタックできるユニット。
爆炎の剣士 バロミデスのほぼ下位互換だが、万が一ライドしてしまった場合はこちらの方にやや軍配が上がる。
ついでに言えば、入手もこちらの方がはるかに楽。

グレード2
グレード2のバニラ。
三体展開したすのうがるのブーストのおかげで18000ラインを作ることができる。
エスペシャルインターセプト効果を持つ。
このデッキならパワー8000も気にならない。
登場時、ハイビーストを+4000する能力を持つ。
すのうがるはもちろんハイビーストなのでこのカードと合わせると容易く20000になる。
コストも軽いため、非常に使いやすい。

グレード1
前衛要員、すのうがるサーチ要員が来なかった場合の保険と重要性は高い。
すのうがるが二枚あるのならば、ヴァンガードの後衛にコールしても光の牙 ガルモールは20000になる。
自身をレストすることで手札交換ができる。
序盤のうちにキーカードを集めるためにも重要といえる。
ハイドッグブリーダー アカネでコールできるユニットのなかですのうがるのブーストで16000を超えることのできるユニットの一つ。
ソウルを貯めないのでぼーるがるは機能せず、アカネのコールではグレード3が揃っていないのでといぷがるも発動しづらい。
よって現在最も容易くパワー9000になれるハイビーストと言えるだろう。
順当に行けば発動回数は2回だけであることと、プロモカードであるため手に入りづらいのが難点。
ロイヤルパラディンの守護者。
例に漏れず重要な役割をもつカードである。

グレード0
ファーストヴァンガード。
ロイヤルパラディンの中では唯一の汎用ファーストヴァンガードである。

トリガー考察

  • クリティカルトリガー
全体的に高めのパワーラインをキープできるのでクリティカルトリガーとは相性がとても良い。
  • スタンドトリガー
グレード3は高パワーだがグレード2は低パワーなので、そこまで使い勝手はよくないだろう。
  • ドロートリガー
すのうがるを集めなくてはいけないので、ドローソースは重要だろう。
  • ヒールトリガー
攻撃力が高いデッキなので不発になる場合もあるが、上手くデッキが回らず足踏みした場合にリカバリーをきかせる際に重要なので是非投入しておきたい。

サンプルレシピ

G ユニット 枚数 備考
0 くらうでぃあ 1 FV
アラバスター・オウル 4
幸運の運び手 エポナ 4
まぁるがる 4
世界樹の巫女 エレイン 4
1 小さな賢者 マロン 4
ぽーんがる 3
すのうがる 4
閃光の盾 イゾルデ 4
2 獣騎士 ガルモール 4
ハイドッグブリーダー アカネ 3
ハイドッグブリーダー セイラン 3
3 ソウルセイバー・ドラゴン 2
爆炎の剣士 バロミデス 2
光の牙 ガルモール 4

戦術

まず、すのうがるを後列に3体並べることが先決。
サポートを駆使すれば割と早い段階で並ぶだろう。
そうしたら、上がったパワーラインで攻撃を仕掛けることになる。
攻撃力こそ高いが強力な効果などはないため、さっさと押し切ってしまう方がいいだろう。

このデッキの弱点

序盤は手札消費が激しいので3~4ターン目は押し切られてしまわないように注意が必要。
また、相手のデッキ次第なのだがすのうがるを除去されると非常に厳しくなる。
単純な除去カード以外にも後列に攻撃できるカードなどもいるので、そういうカードがあるデッキを相手にする場合は苦戦は必至だろう。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • ソウルセイバーをいれて、ローエングリンなんどうすか -- 2012-10-20 14:43:06
  • すいません。上のコメントまちげいました。ソウルセイバーと、ローエングリンはどうですか。 -- 2012-10-20 14:46:54
  • SSDはまだしもローエングリンは確実にいらん -- 2012-11-24 00:27:13
  • 獣騎士、アカネ、セイランの枚数減らしてギャラティンかラモラックを入れましょう -- 2012-11-24 00:28:05
  • ホーリーディザスターはいらない -- 2012-11-24 00:29:17
  • いっそコーリンみたいに☆12にしてみたら? -- 2012-12-12 20:58:30
  • ペイルムーン -- 2012-12-23 22:06:45
  • G1とG2のノキエル、4枚ずつでよくね。 -- 2012-12-30 19:09:51
  • 自分はバロミ三枚でリアンじゃなくといぷがるにしてます。 -- 2013-02-22 00:58:00
  • ブルーは -- 2013-08-18 18:22:12
コメント:

すべてのコメントを見る

外部リンク