メッチャバトラー ビクトール軸

ノヴァグラップラーメッチャバトラー ビクトール軸)

アタック時に自身とリアガード1枚にパワー+5000を与えつつそのリアガードをスタンドさせるジェネレーションブレイクと、
Gユニットが超越した時にカウンターブラスト(1)でヴァンガード1枚に『1ターンに1度、ヴァンガードにアタックした時に
リアガード1枚をスタンドさせパワー+5000を与える自動能力』を与える自動能力を持つ《メッチャバトラー ビクトール》をメインにしたデッキ。
出足は遅くなりがちだが、手数とパワーを両立させた中盤以降からの攻勢を得意とする。


主なカード

キーカード

 パワー11000。このデッキのメインヴァンガード。
 ジェネレーションブレイク(2)で、このユニットがヴァンガードにアタックした時に自身のパワー+5000を得て、リアガード1枚をスタンドしパワー+5000を与える自動能力と、Gユニットが【超越】した時に、ヴァンガード1枚に『1ターンに1度、ヴァンガードにアタックした時にカウンターブラスト(1)で、リアガード1枚をスタンドしパワー+5000を与える自動能力』を与える自動能力を持つ。
 中盤以降はほぼ確実にリアガードをスタンドさせつつパワー+5000を与えられるようになるため、【ノヴァグラップラー】に多い『自身がスタンドした時に誘発する自動能力』を持つユニットと相性がよい。

サポートカード

-Gユニット-
 【ノヴァグラップラー】のGユニット。
 このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、リアガード1枚をスタンドしパワー+5000を与える自動能力を持つ。
 《メッチャバトラー ビクトール》が(V)にいる状態で【超越】した場合、そちらの超越ボーナスで得られる自動能力も使用できるため、縦列1つにいるユニット2枚にパワー+10000を与えた状態でスタンドさせることができる。
 同じくGユニットの《メテオカイザー ビクトプラズマ》がカウンターブラストや手札の消費が激しいため、こちらを【超越】し続けて戦う場合もあるだろう。

 【ノヴァグラップラー】のGユニット。
 カウンターブラスト(2)とGペルソナブラストで、Gゾーンの表のカードが2枚以上あるなら、ドライブ-1と、『1ターンに1回、このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時に、手札を2枚捨てることで自身をスタンドする自動能力』を得る起動能力を持つ。
 【超越】とドライブチェック数の減少、手札コスト等の面から、状況を選んで使わなければ自分の首を絞める諸刃の剣と言えるユニット。しかし、退却や呪縛によってリアガードがまともに機能しないような状況においては、ヴァンガード単体で攻勢に出られるという強みがある。

-グレード2-
 パワー9000。
 ジェネレーションブレイク(1)で、カードの効果で自身がスタンドした時にそのターン中パワー+5000を得る自動能力を持つ。
 【ターン1回】の制限はないため、複数回スタンドしたならその分だけパワーが増加していく。
 《メッチャバトラー ビクトール》や《ホワイト・ハンク》、《エナジー・ガール》等で複数回のスタンドも十分に狙えるため、終盤においてフィニッシャーとなるだけのポテンシャルを秘めている。本当にコモンなのだろうか
 《獣神 マックスビート》のブーストをからめたアタックを行った場合、カウンターブラストの消費がかなり激しいが自身の後列のユニット共々2度スタンドすることも可能。《メチャバトラー ザザンダー》→《ホワイト・ハンク》→《メチャバトラー ザザンダー》、《メッチャバトラー ビクトール》、《メチャバトラー ザザンダー》とアタックすることで最終パワーは単体29000にまで上昇する。

 パワー9000。
 ジェネレーションブレイク(1)で、1ターンに1回、このユニットがヴァンガードにアタックした時にブーストされているならカウンターブラスト(1)で他のリアガードを1枚をスタンドし、パワー+5000を与える自動能力を持つ。
 《メチャバトラー ザザンダー》や《ファイナル・レンチ》と同じ縦列の前列にいるユニット等をスタンドさせて追撃につなげるのが主な役割のため、そのアタックはそのターンで2回目以降のバトルになるのが基本。
 特殊例だが、《獣神 マックスビート》をブーストにしてアタックすることで、《ホワイト・ハンク》の自動能力で《獣神 マックスビート》をスタンドさせパワー+5000、《獣神 マックスビート》の自動能力で《ホワイト・ハンク》をスタンドさせることで、カウンターブラストの消費はかさむがアタックしている最中に1列がスタンドし直しており、またブースト中のできごとのためパワー+5000が加算されることで1回目のアタックからパワー21000ラインになっている、という通常ではありえない芸当が可能。
 《メッチャバトラー ビクトール》の自動能力も絡めると2列しかなくともパワー21000以上のアタックを4回繰り出すことができる。

-グレード1-
 パワー7000。
 手札から(R)に登場した時、手札からグレード3のカードを公開することで、グレード3の「ビクトール」のカードを1枚手札に加え、その後手札を1枚捨てる自動能力と、さらに【超越】のコストを払う際にグレード+2して扱われる永続能力を持つ。
 メインヴァンガードである《メッチャバトラー ビクトール》を確保できるのも重要だが、【超越】を繰り返すにあたって、手札が増えにくい【ノヴァグラップラー】においてコストをグレード3以外で1枚の消費にしてしまえることは強力と言える。

 パワー7000。
 ジェネレーションブレイク(1)で、カードの効果で、同じ縦列にいるユニットがスタンドした時にそのユニットにパワー+4000を与える自動能力を持つ。【ターン1回】の制限はない。
 効果でスタンドするたびにパワーが増加する《メチャバラー ザザンダー》と相性が良い。そちらを2回以上スタンドさせられるなら、その分だけパワー+4000も重複する。上記の《メチャバトラー ザザンダー》の項にあるようなアタックをこのユニットを後列にして行うと、《メチャバトラー ザザンダー》が単体パワー37000にまで上昇する。

 パワー6000の守護者。
 手札から(G)に登場した時にヴァンガード1枚をヒットされない状態にし、さらにドロップゾーンに《レディ・サイクロン》あるなら、ダメージゾーンのカードを1枚表にできる。
 カウンターブラストの消費がかさみやすいこのデッキにおいてはかなり有用。

-グレード0-
 パワー5000。
 ファーストヴァンガード候補。
 ジェネレーションブレイク(1)で、同じ縦列にいるユニットが同じ縦列にいるユニットがスタンドした時に自身をスタンドする自動能力を持つ。
 タイミングが遅く速攻にも使えず、その前に退却させられる等をされる可能性その場合は後々にコールする《ファイナル・レンチ》を守る避雷針になるとも言え、残っても5枚目以降の《ファイナル・レンチ》のように扱える。

トリガー構成について

 手札やコストの面から、ヒールトリガーとドロートリガーは必須。ユニットたちの能力で自前でスタンドさせられるため、スタンドトリガーに特化させる必要がなく、むしろクリティカル+1を与えたリアガードで2回アタックするという状況を作れるため、バランス型やクリティカルトリガー寄りの配分が相性が良いと思われる。

プレイング考察

 内容

弱点と対抗策

 内容

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • 左のメニューのノヴァのとこからここにこれないから、直せる人よろしくお願いします。メッチャじゃなくてメチャになってるからかなぁとは思ったけど直し方がわからなかった。 -- 2014-12-15 14:50:04
  • ↑直しておいた -- 2014-12-15 20:40:13
  • サンクス! そして直せない無知でごめん。かわりに内容の編集をさせてもらうよ -- 2014-12-16 13:26:17
  • ↑の者だけど、簡単にだけど編集した。またなにかあれば追記します -- 2014-12-16 17:43:53
コメント:

すべてのコメントを見る

サンプルレシピ

+...

メチャバトラー系採用型

メインデッキ
G ユニット 枚数 備考
0 メチャバトラー カブトロン 1 FV
メチャバトラー ブチヌーク 4
ドローン男爵 4
パーフェクト・レフリー 2.99 4
ラウンドガール アイ 4
1 メチャバトラー ケンドール 3
メチャバトラー アラシード 4
メチャバトラー マルヤーキ 4
メチャバトラー ガチバトール 4
2 メチャバトラー ケンビーム 3
ベビーフェイス・ナルシス 3
メチャバトラー アバレール 4
3 メッチャバトラー ダンシャーク 4
メッチャバトラー ビクトール 4
Gデッキ
G ユニット 枚数 備考
4 メテオカイザー ビクトール 4
メテオカイザー ビクトプラズマ 4

獣神 マックスビート採用型

メインデッキ
G ユニット 枚数 備考
0 進化転生 ミライオー 1 FV
獣神 バンパウロス 4
獣神 デススティンガー 4
エナジー・ガール 4
獣神 レスキューバニー 4
1 獣神 マックスビート 4
ドグー・メカニック 3
メチャバトラー アラシード 3
レディ・サイクロン 4
2 ホワイト・ハンク 4
メチャバトラー ザザンダー 4
スターライト・ヘッジホッグ 3
3 メッチャバトラー ビクトール 4
メッチャリーダー ム・サーシ 4
Gデッキ
G ユニット 枚数 備考
4 メテオカイザー トライブルート 4
メテオカイザー ビクトプラズマ 4

外部リンク