紅蓮の蝶 ブリジッド軸

ロイヤルパラディン紅蓮の蝶 ブリジッド軸)

不確定ではあるが強力な自己パンプ能力を持つ紅蓮の蝶 ブリジッドを中核に据えたデッキ。
聖域の光剣士を1つ買えば4枚手に入るため容易に集めることができる。


主なカード

+...

キーカード

このデッキのメインヴァンガード。
グレード3が出る度にパワー+5000は強力で、たとえ効果を発動できなくともプレッシャーをかけることで相手のガーディアンを多く使わせることもできる。
ロイヤルパラディンはグレード比率を崩してもサーチで補えるので他クランの同種のカードよりも使いやすい。

サポートカード

グレード3
他のグレード3のユニットがいればアタック時にパワー+3000となるユニット。
純粋に強力な上に相性も良いので是非採用しておきたい。
このカードは手札に来てもグレード2のブラスター・ブレードと交換できるため、ライド事故の防止がっできる。
更に交換後は山札に戻るため、ドライブチェックでグレード3を引く確率を高められるので、特に相性がいい。

グレード2
孤高の騎士 ガンスロッドのサーチ対象。
ライド自己の回避用に孤高の騎士 ガンスロッドと合わせて投入したい。
このカードの効果である相手のリアガードを退却させる効果も、コストが競合する相手がいないので使いやすい。
爆炎の剣士 バロミデスのグレード2版。
パワー21000は出せないが、といぷがるのブーストで20000までは出せるため強力。
本来なら効果が発動しない可能性があったが、このデッキならその心配もいらない。
登場時にロイヤルパラディンのハイビーストをスペリオルコールできる能力を持つ。
上述のみるびるやといぷがるといった、優秀な後衛をサーチ出来る。
このデッキは総じてカウンターブラストを使うことが少ないため、コストも十分捻出できるだろう。

グレード1
グレード1のバニラ。
このカードにライドできれば、1ターン目からダメージを抑えられる。
また、爆炎の剣士 バロミデスをブーストしてパワー21000にしたりとブースト要員としても優秀。
能動的に手札交換を行うことができるユニット。
グレード3が多くなり、シールドが不足しがちなこのデッキでの重要性は高い。
ただし、効果を使うとブーストできなくなるためみるびるとは一長一短。
グレード3のユニットが2体以上いるときパワー9000でブーストできる。
このデッキでは発動が容易になるため相性が非常に良い。
攻撃的なこのデッキでは、ブーストしながら手札の不要なグレード3を捨てられるこのカードは重宝する。
シールドがないグレード3が多いデッキであるため、このカードのコストに困ることはまず無いだろう。
それどころか不足しがちな防御力を補うことができるので、4枚採用したい。
コストを鑑みて、シールド値が低いとはいえドロートリガーを多めに採用するという選択肢もある。

グレード0
ロイヤルパラディンのファーストヴァンガード。
ブーストしたアタックがヒットした時、「ブラスター」を含むユニットをデッキから手札に加えることができる。
ブラスター・ブレードは孤高の騎士 ガンスロッドのサーチ対象でもあるため、枠を裂く必要もなくデッキに上手く収まる。

トリガー構成
  • クリティカルトリガー
紅蓮の蝶 ブリジッドの高いパワーを活かせるクリティカルトリガーは好相性。
  • スタンドトリガー
爆炎の剣士 バロミデスなどで連続攻撃できるので強力。
だが、クリティカルトリガーと比べると優先順位は落ちるか。
  • ドロートリガー
展開の補助に使えるがグレード3の多いこのデッキでは入れ過ぎるとデッキ全体の防御力を落としてしまうことに注意。
  • ヒールトリガー
デッキの防御力を大きく上げる事ができる。
4枚入れて差し支えないだろう

サンプルレシピ

G ユニット 枚数 備考
0 うぃんがる・ぶれいぶ 1 FV
アラバスター・オウル 4
幸運の運び手 エポナ 4
まぁるがる 4
世界樹の巫女 エレイン 4
1 小さな賢者 マロン 4
湖の巫女 リアン 4
閃光の盾 イゾルデ 4
みるびる 3
2 ブラスター・ブレード 4
ハイドッグブリーダー アカネ 3
3 紅蓮の蝶 ブリジッド 4
爆炎の剣士 バロミデス 3
ホーリーディザスター・ドラゴン 2
孤高の騎士 ガンスロッド 2

戦術

紅蓮の蝶 ブリジットの高い攻撃力でガンガン攻撃していく。
カウンターブラストは展開補助に回せるのでフィールドも整えやすい。
手札に無駄なグレード3が溜まってしまう前にみるびるや閃光の盾 イゾルデで逐次処理していくといいだろう。

このデッキの弱点

紅蓮の蝶 ブリジッドの効果を活かす為に極端なグレード比率にすることが多いので、ライド事故が怖い。
また、ファイターズルールによりばーくがるがファーストヴァンガードにできなくなってしまい、ライドの安定性がかなり落ちてしまったのも弱点。
グレード3はシールドが無いため、他のデッキに比べてデッキ全体の総ガード値が少ないのも悩み所だろう。
相手にする際はみるびるや湖の巫女 リアンを除去効果の対象にすることでグレード3の処理を滞らせることができる。

相手のブリジッドへのライド後はブーストも相まって少なくとも21000は超えるパワーで襲ってくることとなるだろう。
たいていの場合+10000のシールドでは足りないパワーとなるためガードがとても困難な状態になりうる。
その分リアガードからのアタックはしっかりと防いでダメージを少しでも抑えたい。

デッキの性質上グレード3ユニットが多いデッキであるため相手もガードが困難である。
つまり逆にこちらのアタックもヒットしやすい。
ここに鍵があると言えるだろう。

相手は手札にグレード3ユニットを持て余していることも多いのでリアガードへのアタックは得策とは言い難い。
ヴァンガードであるブリジッドへアタックを集中させて勝負を決めてしまいたいところである。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • このデッキ、ばーくがる要らなくない? -- 2012-12-03 17:53:25
  • まず、こんなデッキ使わないだろ(本音) -- 2012-12-17 22:42:45
  • ↑このwiki全否定といっても過言じゃないぜ(困惑) -- 2012-12-17 22:55:28
  • さすがにG3が11枚は多くない?1枚位抜いてG2を増やそう。 -- 2012-12-18 00:27:22
  • どらんがるFVどうよ? -- 2013-01-17 19:49:44
  • ぶち抜きを意識するなら☆12が良いと思う。ガード値も増えるし、敵へのプレッシャーも上がる -- 2013-07-08 04:54:49
  • グレード2とかブラスター・ブレード1枚でよくね -- 2013-10-01 20:47:29
コメント:

すべてのコメントを見る

外部リンク