村雨の解放者 コイル軸

ゴールドパラディン村雨の解放者 コイル軸)



主なカード


キーカード

 パワー11000。
 レギオンメイトはパワー9000の《夕立の解放者 トラヘルン》。
 カウンターブラスト(2)とヴァンガードサークル上にいる同名カードを1枚ドロップすることで、双闘しているなら山札から4枚見て2枚まで探し、ユニットのいない別々の(R)にスペリオルコールしそのユニットにパワー+5000を与える起動能力と、ヴァンガードへのアタック時にパワー+2000を得る自動能力を持つ。
 《断罪竜 クロムジェイラー・ドラゴン》と《双剣の解放者 マルゴー》の起動能力を合わせたような起動能力を持つ。
 序盤に使ってもノーガードでスルーされやすいため、相手を追い詰めてから使用したり、ガード強要性を持つカードを多く採用してそれらをスペリオルコールすることで手札の消耗を狙う等、使うタイミングに工夫が必要。
 また、「解放者」としてはフィールドアドバンテージよりもパワーアドバンテージを重視しているタイプなので、序盤にやや攻めあぐねやすい難点を持つ。
 コストにもスペリオルコール対象にもクランや名称の指定がないため、混合クランデッキとして使用することも一考でき、一興にもなる。

 パワー9000。
 《村雨の解放者 コイル》のレギオンメイト。
 山札から(R)に登場したとき、ヴァンガードが双闘しているなら他のユニット2枚までにパワー+3000を与える自動能力を持つ。
 実用性は低くないものの、成功率の観点から安定性は低め。しかし《村雨の解放者 コイル》の起動能力のコストとなるため、採用枚数は減らしにくい。
 パワーを増加させるユニットに対してクランや名称を指定しないため、混合クランデッキや一部のスペリオルコールが可能なデッキへの派遣が可能。

サポートカード


-グレード3-
 パワー11000。
 「ゴールドパラディン」にライドされた時にヴァンガード1枚にパワー+10000を与え、「ゴールドパラディン」のリアガード3枚までにパワー+5000を与えるリミットブレイクを持つ。
 《村雨の解放者 コイル》の能力は終盤に使うことで真価を発揮するため、このユニットから経由することで尋常ではない爆発力を発揮できる。
 しかしそのタイミングと盤面の操作がやや難しいため、相性抜群と言えるほどではない。

 パワー10000。
 アタック時に、「ゴールドパラディン」のリアガードを1枚選び、山札の下に置くことでバトル中のパワー+5000を得る。
 《村雨の解放者 コイル》の能力は空いている(R)がなければ実質使用不可のため、このユニットで高パワーアタックをしかけつつ盤面を整理できる。
 完全にリアガード用のユニットであり、非「解放者」でもあるため、「解放者」を指定する《誓いの解放者 アグロヴァル》等とは相性が悪い。
(そもそも《誓いの解放者 アグロヴァル》は《村雨の解放者 コイル》とコスト競合を起こしているのでそちらとも微妙な相性ではあるが。)

-グレード2-
 パワー9000。
 山札から(R)に登場した時、ヴァンガードが双闘しているならパワー+5000を得る。
 《村雨の解放者 コイル》の能力でスペリオルコールされれば単体パワー19000にもなる。
 これのグレード1版の《双斧の解放者 バッシア》と共に《村雨の解放者 コイル》の能力で同じ縦列にスペリオルコールされれば、合計パワー36000ラインという破格の数値となるが、確実性に欠けているためややロマン気味か。

 パワー9000。
 アタック時に「解放者」のヴァンガードがいるならパワー+3000を得る。
 単体パワー12000になれる点で安定性の高い前列要員であり、採用しない理由は特にない。

 パワー9000。
 山札からR) に登場した時、デッキトップ5枚を見てグレード3以上の「ゴールドパラディン」のカードを1枚まで手札に加える。
 運に左右されるが、《村雨の解放者 コイル》の能力のコストを確保できる可能性を持つ。
 また、能力発動後にシャッフルするため山札の下に送ったトリガー等を浮上させられる点も評価できる。

-グレード1-
 パワー7000。「ゴールドパラディン」が山札から(R)に登場した時、あなたのカード名に「解放者」を含むヴァンガードがいるならそのターン中パワー+3000を得る。
 《村雨の解放者 コイル》の能力でスペリオルコールされれば単体パワー15000となり、元から場にいたなら2枚スペリオルコールされることで単体パワー13000となる。
 どちらにせよ高パワーラインの形成に繋がるので、積めるだけ積んでしまうのも良い。

 パワー7000。
 アタック時に「解放者」のヴァンガードがいるならパワー+3000を得る。
 4枚見れるとは言えスペリオルコールのランダム性は決して低くないため、前列にも後列にもなれる有用性は非常に高い。

 パワー6000
 ともに守護者であり、完全ガード。どちらでも特に問題ないが、混号クランデッキであるならば万一を考えてエルドルの方が良いか。
 また、クインテットウォールである《剣陣の解放者 イグレーヌ》はシークメイトのコスト稼ぎになるが、コスト競合の面や、《村雨の解放者 コイル》の起動能力のコストとなるカードをドロップゾーン送りにしてしまう可能性があるため、採用しづらい。

 パワー5000。
 (R)に登場した時「ゴールドパラディン」のヴァンガードがいるならソウルブラスト(2)でダメージゾーンを2枚まで表にする。
 《村雨の解放者 コイル》以外でカウンターブラストを使うカードを採用するなら、このカードの有無で戦術が変わる。
 とは言え、《村雨の解放者 コイル》の能力は連発する類のものではないため、構築次第では不採用でもなんら問題ない。

-グレード0-
 パワー5000。
 ファーストヴァンガード候補。
 他のユニットが山札から(R)に登場した時、双闘しているならパワー+3000を得る。
 《村雨の解放者 コイル》の能力を利用すれば単体パワー11000となるため、ヴァンガードをブーストすることで合計パワー33000ラインを形成できる。

 パワー4000のファーストヴァンガード候補。
 カウンターブラスト(1)と自身のソウルインで、山札の上から5枚まで見て、グレード3以上の「ゴールドパラディン」を1枚まで手札に加える。
 《村雨の解放者 コイル》の確保の他、その能力のコストとしての2枚目以降を入手する手段として活用が可能。
 能力を使用せずにいても、双闘した《村雨の解放者 コイル》と《夕立の解放者 トラヘルン》をブーストすれば26000ラインを形成できる。
 また、コストが足りていること前提だが、自身のタイミングで(R)を空け、その後に《村雨の解放者 コイル》の能力を使用することができる点も覚えておきたい。

トリガー構成について

パワー重視のデッキのため、クリティカルトリガーと相性が良い。しかし構築や発動タイミング次第ではスタンドトリガーもかなり強力であるため、スタンドトリガー型も悪くない。構築次第でどちらにでも対応できる。

プレイング考察

内容

弱点と対抗策

内容

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • キーとサポートの部分だけ記載しました。追記やら修正やらあればよろしくです。 -- 2014-08-28 15:52:47
コメント:

すべてのコメントを見る

デッキレシピ

+...
G ユニット 枚数 備考
0 解放者 ブレッシングアロー・エンジェル 1 FV
剛刃の解放者 アルウィラ 4
解放者 ラッキー・チャーミー 4
きゃっちがる・解放者 4
聖木の解放者 エルキア 4
1 抗いの解放者 ポリウス 4
小さな解放者 マロン 3
疾駆の解放者 ヨセフス 4
光陣の解放者 エルドル 4
2 王道の解放者 ファロン 4
夕立の解放者 トラヘルン 4
ねいるがる・解放者 2
3 村雨の解放者 コイル 4
槍衾の解放者 マリウス 4

外部リンク