喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン軸

なるかみ喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン軸)

なるかみ初となる双闘能力を持つ「喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン」を切り札とする【喧嘩屋】デッキ。
双闘による退却効果と高パワーのアタックにより相手の盤面、手札の両方に大きな損害を与える。


主なカード

 パワー11000のレギオンリーダー。レギオンメイトはパワー9000の《喧嘩屋 スカイハウル・ドラゴン》。
 ヴァンガードにアタックした時、パワー+2000を得る。
 双闘した時、相手前列のリアガードを1枚選び、退却することができる。
 他のなるかみの双闘ユニットと比較すると豪快さはないが、双闘に成功すれば使用できるという手軽さは大きく評価できる。
 双闘の後はパワー22000で殴るしかできないユニットとなるので、《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》への再ライドを繰り返して堅実的にアドバンテージをとっていく使い方が望ましい。
 《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》のレギオンメイト。パワー9000。
 コール時に「喧嘩屋」のヴァンガードがいるならカウンターブラスト(1)で相手前列のリアガードを1枚選び、退却することができる。
 比較的手軽に退却を行える優秀なユニットであり、《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》と共に徹底した前列退却を行える。

サポートカード


―グレード3―
 パワー11000。
 ヴァンガードサークルに登場した時、カウンターブラスト(1),ソウルブラスト(1)で山札から《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》を1枚まで手札に加えることができる。
 《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》のみを軸にするならばフル採用は必須。
 先攻時は《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》にライドしても双闘をすることができないので、このカードにライドして《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》を手札に加えておけば無駄がなく、再ライドへの布石を作りやすい。

―グレード2―
 パワー9000。
 アタックした時、「喧嘩屋」ヴァンガードがいるなら、パワー+3000を得る。
 緩い要件で単体パワー12000となる優秀な前列要員。
 《ライジング・フェニックス》などのパワーが低いグレード1を採用する場合には多く採用したい。

 パワー9000。
 ヴァンガードが双闘した時、相手の前列のリアガード1枚を選び、退却させる。
 《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》も双闘時に同じ効果を発生させる持つ能力が誘発するので、合わせて相手前列のユニットを2枚退却させることが可能。

 パワー8000。
 アタックした時、ヴァンガードが双闘しているならパワー+4000を得る。
 5枚目以降の《喧嘩屋 ワイルドフィスト・ドラゴン》として利用できる。

―グレード1―
 パワー7000。
 リアガードサークルに登場した時、相手の前列のリアガードが1枚以下なら、手札を1枚捨てることで山札から1枚引くことができる。
 要件の緩い手札交換要員であり、ライド事故回避にも双闘補助にも役立つ。
 パワー7000。
 アタックした時、「喧嘩屋」ヴァンガードがいるなら、パワー+3000を得る。
 緩い条件で単体パワー10000となる優秀なユニットで、前列と後列の両方での運用が見込める。
 パワー7000。
 相手のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、ヴァンガードが【双闘】しているなら、パワー+3000を得る。
 《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》や《喧嘩屋 スカイハウル・ドラゴン》の自動能力で誘発し、パワー+10000ブースト以上を可能とする。
 パワー6000。
 ヴァンガードをブーストした時、双闘しているヴァンガードがいるなら、ブーストしたユニットにパワー+4000を与える。
 ただでさえ高いレギオンアタックに計パワー+10000ブーストを与えることで、《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》はパワー32000ラインに達する。
 パワー6000。なるかみのクインテットウォール。
 山札からガーディアン5枚をスペリオルコールして相手の強力なアタックをガードするとともに、再ライドを繰り返す《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》の双闘をサポートすることができる。
 ただし《喧嘩屋 ファイティング・ドラコキッド》や《喧嘩屋 スカイハウル・ドラゴン》などを多用するとカウンターブラストはあっという間に枯渇する。
 バランスを見て採用したい。

―グレード0―
 【喧嘩屋】デッキのファーストヴァンガード候補。パワー5000の先駆持ち。
 自身をソウルインすることで、ヴァンガードに『相手の前列のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、このユニットが【双闘】しているなら、カウンターブラスト(1)でそのユニットと同じ縦列の相手のリアガードを1枚まで選び、退却させる自動能力』を与える。
 前列リアガードの退却のみに特化したなるかみの特徴は「喧嘩屋」にも引き継がれているが、このユニットを使用すれば相手の厄介な後列をも退却することができる。

―「喧嘩屋」以外のカード―
 パワー5000のグレード1。
 (R)に登場したとき、ソウルブラスト(2)で1枚ドローできる。
 なるかみは手札増強・フィールド調整の手段が少ないのでドローの価値は大きく、他にソウルブラストを使わないなら有用なカードとなる。
 また、このデッキではコストとなるソウルブラストは双闘コストの4枚のドロップカードをソウルから排出するという見方が可能。
 《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》の再ライドと双闘をサポートする重要なユニットの1枚になり得る。

トリガー構成

 基本的には自由。
 展開力がさほどない上、双闘したユニットのパワーの高さを鑑みるとクリティカルトリガーとの相性が良い。
 また既に《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》にライドしていると《喧嘩屋 スカイブロー・ドラゴン》のメリットが薄いのでリアガードに展開できる。
 前衛のパワーも十分に高くできるためスタンドトリガー主体でも良い。
 《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》を手札に加えやすくするためドロートリガーも相性が良い。

プレイング考察

 このデッキでは「いかに早く《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》の双闘を繰り返すことができるか」が勝負の鍵となる。
 アドバンテージの取り方が、ほぼ《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》の双闘時の退却に限られるからだ。《喧嘩屋 スカイブロー・ドラゴン》などを利用して常に《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》を手札に握り、ドロップゾーンのカードを4枚以上置いておく必要がある。
 ガードについてだが、序盤から使うことを推奨する。双闘はリミットブレイクと違いダメージゾーンのカードを発動要件としない。そして《喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン》の能力もカウンターブラストが不必要である。
 よって今までのように序盤から必ずしもダメージを受ける必要はない。むしろ自分が後攻であった場合はグレード3ライド時すぐに双闘ができるよう積極的にカードをドロップするという新たなテクニックが必要となる。
 ヒールトリガーを懸念してのダメージコントロールも頭に入れる必要があるが、特に確実に防げるリアガードのアタックには迷わずガードして間違いない。

弱点と対抗策

内容

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • ライトニングライダー、ワイルドラッシュ、リセイがいて、スカイブローが二枚目以降腐るこのデッキのどこが前衛のパワーが低いんだか・・・ -- 2014-05-18 08:29:02
  • 決定的に相性が悪いわけでもないかぎりトリガーはバランス型でお願いします。あと一部改行や表現の修正。 -- 2014-05-18 08:44:55
  • ↑↑パワーが高いってのはラインで考えても最低20000超えのことを指すと思うんだが。このデッキならアークと退却のコンボを合わせないとRでそこまでの数値は出せないよ。だからスタンドトリガーを活かしきれない。だからなるかみの基本配分は✩8引4治4なんでしょう? -- 2014-05-18 22:28:20
  • それとドロップキックを入れるなら -- 2014-05-18 22:35:45
  • ↑ミス ドロップキックを入れるならその有用性を書いたら? 一見、パワー+5000って効果はすごいように見えるけど、ユニット自体のパワーもたった5000だよ? しかも使いきり。喧嘩屋統一でもいいけど、これは飽くまでもスカイビート・ドラゴンが主軸なんだからさぁ、よく考えて変えようよ -- 2014-05-18 22:42:56
  • 前衛のパワーって書いてあるんだが・・・スタンドトリガーが使用できる最低条件がパワー11000のユニットが複数枚選択肢にあること。その上ユニットの能力を鑑みてスタンドトリガーが有効かどうか。最初から選択肢を狭めるのは良いことではない。 -- 2014-05-18 23:15:03
  • レシピでいじったのはトリガー部分のみ、他はノータッチ。デッキとして成立しないレベルじゃなきゃ水掛け論になるので弄るつもりはない。あとサポートカードの欄にドロップキックないでしょ?誰も勧めておらんよ。 -- 2014-05-18 23:19:16
  • スタンドトリガーのハオカーは効果が強いから一概にないとは言えない。まあ☆安定という風潮はあるんだけどね。まあここスカイビートのページだけど、単体パワーの上がるビッグバンスラッシュやヒット時効果持ちのプラズマクローの積めるビッグバンナックル軸なら割とアリかも。 -- 2014-05-18 23:27:32
  • ↑↑議論もせずにライフェニ全部とコウメイ1枚抜いてドロップキック入れた奴がいる。そいつに対して言ってるんだ。スタンドトリガーの件はもう勝手にしてくれ。俺は毒心のジンも入れた✩10枚体制だし。そもそもスタンドトリガーが全くなしとは書いた覚えもないね。ハオカーが使えると書いたこともあるし -- 2014-05-19 00:19:54
  • スカイブローは入れなくてもいい。手札で腐ることが多いし、手に入りやすさも現実的ではないから。ドロップキックがどうの書いてるやつがいるが、入れてもいいのでは?5000とはいえ、パワーラインを作ってくれるからね。とりあえず、スカイブローは必須じゃないです。はい -- 2015-01-31 00:02:30
コメント:

すべてのコメントを見る

デッキレシピ

+...
G ユニット 枚数 備考
0 喧嘩屋 ファイティング・ドラコキッド 1 FV
喧嘩屋 プラズマキック・ドラゴン 4
戦鼓の喧嘩屋 ハオカー 4
喧嘩屋 ドコウソン 4
喧嘩屋 グリーンジェム・カーバンクル 4
1 威嚇の喧嘩屋 コウメイ 3
旋棍の喧嘩屋 アーク 3
喧嘩屋 ワイルドクローク・ドラゴン 2
辛苦の喧嘩屋 トウシュウ 4
喧嘩屋 ドロップキック・ワイバーン 3
2 喧嘩屋 スカイハウル・ドラゴン 4
喧嘩屋 ヨウジン 2
喧嘩屋 ワイルドフィスト・ドラゴン 4
3 喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン 4
喧嘩屋 スカイブロー・ドラゴン 4

外部リンク