プラネットアイドル パシフィカ軸

バミューダ△プラネットアイドル パシフィカ軸)




主なカード

キーカード

 パワー11000の盟主。
 ヴァンガード1枚にパワー+10000と『1ターンに1度、他のリアガードのバウンス時に山札からユニット1枚までスペリオルコールする自動能力』を与える。
 カウンターブラスト(1)と《トップアイドル パシフィカ》のソウルインで、ソウルから自身を手札に加え、他のリアガード1枚をバウンスできる。
 主に《プラネットアイドル パシフィカ》のソウルインコストとして消費していくことになる。
 ライドした場合でもメインフェイズ開始時の自動能力も魅力的、手札を確実に整えられ、ソウルチャージで《プラネットアイドル パシフィカ》がソウルに置かれれば余分な《トップアイドル パシフィカ》の処理も容易。
 メガブラストはサーチ式のスペリオルコール。アドバンテージとしては小さく、狙っていくだけの爆発力には欠けるが、デッキ次第でその状況に合ったカードを複数選べるので様々なコンボを生み出せるのは面白い。
 《マーメイドアイドル ファルーカ》が存在するのでメガブラストを狙おうと思えばある程度狙っていけるが、狙わずともヴァンガードとして運用しても十分な強さを持っていると言える。

サポートカード

 ブレイクライド先の筆頭候補。
 コストはカウンターブラスト3枚と重いが、バウンスによる返しのターンに備えたシールド増加、バウンス時能力の利用、バトルフェイズ中のクランのみ指定のスペリオルコールによる追撃と様々な働きを持つリミットブレイクである。
 スペリオルコールという形であるものの、後でバウンスすることで手札に加えることも狙えるので、《マーメイドアイドル エリー》をスペリオルコールするのも有効になり得る。
 スペリオルコールのために1つはリアガードサークルを空けておきたいため、事前にアタックし終わったリアガードを主なバウンス対象にすることになる。
 バウンスは「2枚まで」なので、リアガードが少なくリアガードを先にアタックさせにくい時はバウンスせず、スペリオルコールのみを利用することも可能。
 クロスライド前の《トップアイドル パシフィカ》は《プラネットアイドル パシフィカ》の起動能力でソウルインが可能なため、クロスライドを狙って行きやすい。

トリガーについて


プレイング考察

内容

弱点と対抗策

内容

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
コメント:

すべてのコメントを見る


デッキレシピ

+...
メインデッキ
G ユニット 枚数 備考
0 はじめての楽譜 アカリ 1 FV
衝撃の出会い リプス 4
ハートフルエール ファンディ 4
お寝坊注意! クルク 4
ハートの恋人 ペンネロッタ 4
1 がんばる才能 シャンディー 4
Duo ドリームアイドル マイン 4
とびきりの新入生 シズク 3
空想委員 ククリ 4
2 憧れの煌めき スピカ 2
お日さまの友達 マルッカ 4
Duo ドリームアイドル サナ 4
3 エターナルアイドル パシフィカ 3
プラネットアイドル パシフィカ 3
トップアイドル パシフィカ 2
Gデッキ
G ユニット 枚数 備考
4 学園の綺羅星 オリヴィア 4
トゥインクルハピネス☆ パシフィカ 4

外部リンク