着ぐるみアイドル アルク軸

バミューダ△着ぐるみアイドル アルク軸)




主なカード

キーカード

 ヴァンガードにアタックしたバトルの終了時に手札のグレード3をスペリオルライドすることで、ソウルから《着ぐるみアイドル アルク》を手札に加え、1ドローするリミットブレイクを持つ。
 ライドした時、ソウルブラスト(1)でリアガード1枚をバウンスし、パワー+5000を得る。
 リミットブレイクは手札のグレード3が尽きるまで使用することができる、と考えれば良い。
 ライド時のバウンス能力を鑑みて被バウンス時能力持ちのユニット及び、ブレイクライドをサポートするカードを多く入れると中々強力なカード。

 リミットブレイクを持つユニットをブーストしたアタックがヒットした時、ソウルインし1ドローできる。
 際立って高いシナジーはないため、特に拘りがなければ他のカードを使用したほうが無難か。

サポートカード

 ヴァンガードにパワー+10000と『他のユニットがバウンスされた時、山札からユニットをスペリオルコールする能力』を与えるブレイクライドを持つ。
 大抵のブレイクライドと相性の良い《着ぐるみアイドル アルク》だが、このユニットはリアガードサークルから《トップアイドル パシフィカ》をソウルインすることでソウルから手札に加える起動能力を持つ。
 つまり《トップアイドル パシフィカ》を実質《プラネットアイドル パシフィカ》として扱えるため、ブレイクライドの回数を増加させることができる。
 またブレイクライド能力で《トップアイドル パシフィカ》を山札からスペリオルコール出来ることも相性が良い理由。
 少々リターンの少ないブレイクライドだが、バウンス時能力を上手く使用してアドバンテージを取っていきたい。

 1ドローとリアガード2枚のバウンスを行い、ヴァンガードに1枚にパワー+10000を与えるブレイクライドを持つ。


 グレード3のユニットのライド時にパワー+10000を得る。

 基本は《プラネットアイドル パシフィカ》を回収するためのカードだが、ヴァンガードとしてもそれなりに優秀な部類のカードなので、事故回避にはなる。

 ライドした時、リアガードすべてをバウンスする能力を持つ。
 このカードを《着ぐるみアイドル アルク》のリミットブレイクでスペリオルライドするとリアガードを相手ターンに残さないという独特のプレイングができる。
 ダメージの調整がラクになる上、リアガードに干渉するタイプの能力を一時的に無力化できる。
 ただヴァンガードにアタックしたバトルの終了時にスペリオルライドする関係上、リアガードを残せないのでトリガーをリアガードに振れない点が難点。

トリガーについて

 《PR♥ISM-I ローザ》等を採用すれば、スタンドトリガーも十分採用可能。
 またバウンス時にドローするユニットを使用しているとドロー過多になる可能性もあるため、ドロートリガーを多く採用するとデッキアウトになりやすい。

プレイング考察

内容

弱点と対抗策

 際立った弱点はない。《解放者 ホーリーシャイン・ドラゴン》のように先にブレイクライド持ちにライドしなくても支障がないこともあるため安定性が高い。 
 ただブレイクライドを連発するにしてもメリットが少々薄いため、攻めきれないことも多々ある。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • 編集をする時は一般的に採用されないようなカードでも、主観的な言い回しは極力避けた方がいいかもね -- 2014-03-29 21:21:03
  • 火力・防御力ともに下がりますが、レナと合わせればリンクジョーカーやかげろうの対策になりませんか? -- 2014-03-29 23:34:25
  • というかV登場時効果持ち全般と相性は良い。よくあるのはプラパシとの組み合わせだけど。 -- 2014-03-30 01:42:50
コメント:

すべてのコメントを見る

デッキレシピ

+...
G ユニット 枚数 備考
0 着ぐるみ七変化 アルク 1 FV
ドライブ・カルテット シュプリュ 4
ドライブ・カルテット バブリン 4
ドライブ・カルテット リサッカ 4
ドライブ・カルテット フロース 4
1 マーメイドアイドル セドナ 4
見習いアイドル カレン 4
マーメイドアイドル エリー 4
ターコイズブルー ティレニア 3
2 トップアイドル アクア 2
プリティセレブ シャルロット 4
ガールズロック リオ 4
3 着ぐるみアイドル アルク 4
Duo 理想の妹 メーア 4

外部リンク