隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”軸

むらくも隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”軸)

デッキ紹介・戦術など


主なカード

キーカード

 パワー11000の盟主。
 リアガード2枚の呪縛で同名カード3枚までにパワー+10000を与えるリミットブレイクを持つ。
 ライド時にカウンターブラスト(2)で山札から同名カードを1枚までスペリオルコールできる。
 効果を最大限に活かすために同名のリアガードを2枚揃え、それを維持できるようにしておきたい。
 自身のライド時能力でも1枚は確保できるが《隠密魔竜 カグラブルーム》のブレイクライドを使った方がコスト効率が良いので、極力それを狙うようにしておきたい。
 同名のリアガードの維持についてはノーマルコールしてしまうと次のターンに相手にバトルまたは能力によって退却させられる危険性があるため、《忍妖 オボロカート》等でスペリオルコールする等してリアガードサークルに残さないようにしておきたい。
 また《忍獣 メタモルフォックス》の能力を併用することで、ブースト要員の補充やリミットブレイクの再起動を狙うことができる。

サポートカード

 パワー11000の盟主。
 ヴァンガード1枚にパワー+10000を与え、山札からそのターンの終了時までそのユニットと同名のカードを2枚までスペリオルコールするブレイクライドを持つ。
 被ブースト時にパワー+2000を得る。
 ブレイクライドによってライドしたユニットを2枚スペリオルコールし、その後にバウンスするため1:2交換のアドバンテージになる。
 デッキ圧縮手段として見ても効率はそれなりに良く、同名カードへのブレイクライドも有効となり得る。
 このデッキの場合、《隠密魔竜 ヒャッキボーグ"Я"》を退却から守りつつ、手札に確保できるようになるため、非常に役立つ。
 ほかに優先するカードもないので、ほぼ唯一の選択肢。 

 グレード1。
 コール時に呪縛カード1枚を解呪する。
 基本的に【リンクジョーカー】への対抗手段でしかないこの手のカードだが、このカードに限っては《隠密魔竜 ヒャッキボーグ"Я"》の更なる強化につなげることできる。
 つまり《隠密魔竜 ヒャッキボーグ"Я"》を一ターンに二度使用できるようになるため、パワー31000のアタックを三回行うことができる。
 非常に強力な上、メタカードでもあるので是非多めに採用したい。

トリガー構成

 基本的にどのトリガーとも一定の相性があるため、かなり自由度が高いことを念頭に置いておくこと。

 クリティカルトリガー・・・リミットブレイクが使用できるまである程度展開を抑えて戦わねばならないため、ダメージレースで不利になりやすい。そのカバーができる。
 スタンドトリガー・・・・・パワーアップしたヒャッキボーグがスタンドできるとかなり効果的である。ただし、中盤だと使いにくいことも多い。
 ドロートリガー・・・・・・インターセプトができる前衛を揃えるため、一時的に戦線を構築できるオボロカートなどを引き込むために有効。
 ヒールトリガー・・・・・・言わずもがな。即効に努めるならばある程度はカットしても良い。

プレイング考察

 第一にリアガードを揃え切らないこと。
 最終的に《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》を前列のリアガードサークルに並べなければならないため、リミットブレイクの起動時に前列が存在するととたんに扱いづらくなる。
 呪縛コストにしてしまえば問題無いが、その場合少なくとも後列を開けておくことが重要になる。
 また、リアガードサークルを開けておかないと強力な登場時能力が使用できなくなることも大きい。
 《忍妖 オボロカート》や《忍妖 ミッドナイトクロウ》などで一時的に前列を確保、場合によっては《番傘の忍鬼 スケロック》などを使用してバトル回数をカバーすると良い。
 《忍妖 メタモルフォックス》を使用すれば更なるパワーアップが見込め、【リンクジョーカー】へのメタともなる。これらのカード効果を最大限に生かした展開を行いたい。

弱点と対抗策

 ライドからリミットブレイクまでターンが空くと、バトル回数の維持が大変になる。
 その分前列をコールしなければならないが、後列を埋めると身動きが撮りにくくなるため、展開を抑えてくることが多い。
 これを利用し、早期からガードを行ってなるべく長期戦に、ダメージレースで優位になるべく勤めたい。

 そうしてターンを引き伸ばすといずれ《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》がリアガードサークルに置かれたままになる。ここをすかさず狙い撃ちすると良い。
 完全にギミックが機能しなくなるので、あとはゆっくり仕留めれば良い。
 そう言う意味では確実に退却できる《なるかみ》に若干弱いと言える。

 ピンポイントだがバトル中での退却を行える《呪札の魔女 エーディン》とは相性が悪い。
 退却を防ぐ手段がほぼないからである。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • このデッキ誰も編集しないの? -- 2014-01-17 09:01:18
  • 俺つえーデッキなんていらないしなあ -- 2014-01-17 16:43:39
  • 方針が変わってレシピ編集はできる限りしない方向になったの。だから編集するなら考察とかの方を優先してね。明らかに相性が悪いカード使わん限り。 -- 2014-01-18 12:15:09
  • トリガーはスタンドかクリティカル特化型どっちがヒャッキにあっている? -- 2014-01-18 14:00:44
  • トリガー構成を見てくれ。ぶっちゃけどっちでも強い。 -- 2014-01-19 22:27:21
  • ↑×3 明らかにカグラBRと相性最悪なササメ入ってるがな。FVも相性いいと言えないし -- 2014-02-02 11:29:10
  • ササメはカグラBR後に使えば相性が最良に変わるんだよ。守護者はファイトの前半に使うことないでしょ。だからカグラとヒャッキ両方加える必要あるからFVはコクエンマルが一番 -- 2014-04-08 23:31:13
  • 確かにカグラでヒャッキを呼び込めばデッキ圧縮でガード期待値は上がるけど、守護者を使う状況が常にカグラ→ヒャッキのブレイクライド後とは言えないんじゃないか -- 2014-04-09 02:08:49
  • まぁ圧縮効果後の相性は悪くないよ。ただLB前に使用できないって点があまりにも痛い。そう言う意味でもササメ4はありえない。 -- 2014-04-09 20:40:34
  • 別にコストあれば使えるぞ(笑)まあ確かにヒャッキ2枚落ちたら元も子もないがな -- 2014-04-09 21:51:09
コメント:

すべてのコメントを見る

サンプルレシピ

+...
メインデッキ
G ユニット 枚数 備考
0 鎖鎌の忍鬼 オニフンドウ 1 FV
忍獣 キャットデビル 4
忍妖 オバケランタン 4
忍妖 ダートスパイダー 4
忍妖 リバーチャイルド 4
1 忍妖 レイクダイバー 4
忍獣 ホワイトへロン 4
忍獣 メタモルフォックス 4
忍妖 オボロカート 3
2 忍獣 ブラッディミスト 2
忍竜 オボロキーパー 4
忍竜 ルーンスター 4
3 隠密魔竜 カグラブルーム 4
隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я” 4
Gデッキ
G ユニット 枚数 備考
4 伏魔忍竜 ヒャッキヴォーグ・ナユタ 4
伏魔忍竜 ホムラレイダー 4

外部リンク