ブラストバルク・ドラゴン軸

かげろうブラストバルク・ドラゴン軸)



主なカード

キーカード

 ヴァンガードへのアタック時にカウンターブラスト(1)と手札1枚のドロップでパワー+5000/クリティカル+1を得るリミットブレイクを持つ。
 自身がクリティカル2以上ならパワー+5000を得る。
 クリティカルトリガーや他のクリティカル増強能力を持つユニットと併用することで、こちらのリミットブレイクの有効化前からパワーアップを狙ったり、リミットブレイクも使い相手のリミットブレイクの有効化を許さずにガード強要ができる。
 リミットブレイクを使用しない場合に限るが、実質クリティカルトリガーがトリガー2枚分として扱える。
 使用可能状態になれば即効で叩きこみ、手札を削ったorコストが尽きた後にこそ有効であろう。無論中盤でガードをしてくる場合にも有効。
 かなり安定してクリティカルが加算できるものの、ヴァンガード一点集中型ユニットのさだめとして守護者に弱いのはどうしようもない。

サポートカード

 《ブラストバルク・ドラゴン》はその性質上パワーの予測がつきにくく、守護者を使わせやすい。
 このカードもやはり守護者以外での対処が厳しいカードなので、早々に守護者を使用してきた場合、こちらに切り替えるという選択がある。

 被ライド時にヴァンガード1枚のパワー+5000/クリティカル+1を与える。
 1ターンアタックできず、ドライブチェックが不可能な分ディスアドバンテージが大きい。
 とはいえ実質+10000/クリティカル+1となるため、従来のユニットと組み合わせるよりはリターンが大きい。

 同じ縦列にいるノーマルユニットのアタック時にソウルブラスト(2)と自身のレストでそのユニットにクリティカル+1を与える。
 ブーストできないものの、《ブラストバルク・ドラゴン》の能力によって実質ブーストした場合と変わらないパワーでアタックできる。
 とはいえ所詮パワー16000、リミットブレイクを使用したところでパワー21000ライン程度でしかないため、ヒットはほぼ期待できない。
 使用するなら《ドーントレス・ドライブドラゴン》を使うか、サブのヴァンガードに《ドラゴニック・ウォーターフォウル》などを使うしかない。

トリガーについて

 絶対的にクリティカルトリガーが優先。
 クリティカル増加をしないと《ブラストバルク・ドラゴン》はバニラに等しい。リミットブレイク以外でもクリティカル増加ができるよう可能な限り限り多く積みたい。
 またリミットブレイクの手札コストの観点からドロートリガーとの相性も良い。
 リミットブレイクを使用せずにクリティカルトリガー16枚にするという方針もある。

プレイング考察

 相手のダメージを3点止めにしておきこちらのリミットブレイクを使用してガード強要を行い、その後相手のダメージが4点以上になったらリミットブレイクを使わずにアタックすることでシールド要求値を不確定とさせ、相手の手札消費の加速orクリティカルトリガー1枚での貫通を狙う。
 双闘するデッキが相手の場合は3点止めという行為自体がほぼ無意味なので、可能になったらリミットブレイクを使用し相手にダメージを与えて追いつめ、その後は上記と同じようにリミットブレイクを使わずに攻めたい。
 相手が守護者をもっていないことを確認できているなら、終盤だろうとリミットブレイクを使用して手札の枯渇orそのまま決着を狙って行きたい。
 パワー+10000/クリティカル+1というスキル自体は珍しくないが、その中でも低コストであるため継続して3点止めをしやすい。また、他のカードでカウンターブラストを使用しやすいのも利点の一つ。終盤で《バーサーク・ドラゴン》や《魔竜導師 キンナラ》を使い相手にディスアドバンテージを与える選択も悪くない。

 スキルが単純であるがゆえに、全体の構築やリミットブレイクの使用タイミング、サポートカードたちをどう活用するかが腕の見せ所。速攻・高パワー・ガード強要をうまく利用して相手のペースを乱す戦い方をしたい。
 また、《ドーントレスドライブ・ドラゴン》のブレイクライドからのリミットブレイク2連発は相手にとってかなり脅威。手札の消費も尋常ではない(ツインドライブで+2枚、ブレイクライドスキルで-3枚、リミットブレイク×2回で-2枚)が、最低でもパワー31000/クリティカル2での2回アタックはかなりの爆発力を持っている。相手が守護者を2枚確保していたら投了するレベルだが、狙ってみるのも面白い。

弱点と対抗策

  • 弱点
 手札に余裕を持ちやすい【オラクルシンクタンク】【グレートネイチャー】等は苦手。こちらの手札を確実に削ってくる【アクアフォース】も相性が良くない。
ヴァンガード一点突破型の宿命でやはり守護者に弱く、相手が2枚以上確保していたらほぼ確実に押し負ける。長期戦も苦手なので、確保される前に攻めたい。

  • 対抗策
 多少リアガードの展開を抑えてでもガードに余裕があるようにしておくと、相手は自分から徐々にジリ貧になっていく。ディスアドバンテージを与えることも手札の枯渇やフィールドの弱体化につなげられるので有効。ヤられる前にヤる速攻型デッキなので、序盤からガードして凌ぐのもよい。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • ブラストバルクにスタンド入れてどーする・・・最低☆8。 -- 2013-11-24 00:27:51
  • レシピ()なんかこの際どうでもいいから考察記事を何とかしないと・・・wikiの方針上、プレイング考察と弱点と対抗策の項目が揃って空白はまずいだろこれ -- 2013-11-24 09:12:52
  • ガイアースを使うならソウルチャージ用にフレイムエッジドラゴンってのもいいと思う -- 2013-11-24 22:31:11
  • ストライケン入れるならクルーエルも入れたいなぁ -- 2014-01-07 20:09:02
  • ブラストバルク軸に醒なんか要らない。サブvはドーントレスが良さげ -- 2014-02-16 19:18:20
  • 使ってみたら手札消費が激しすぎるから、ドロトリとカラミティはいる。その他ドローソースも -- 2014-03-09 22:23:46
  • 構成を少々改変、レシピからスタンドを除外。レシピはバランス支持派だが、流石にこのデッキの場合は放置できん。 -- 2014-04-21 23:32:49
  • プレイング考察を編集。スキルが単純だからこそプレイング重要だと思うんだよね。サブがドーントレスの場合は完全に速攻&力押しだとは思うけど。 -- 2014-07-17 13:58:34
コメント:

すべてのコメントを見る

サンプルレシピ

+...
G ユニット 枚数 備考
0 レッドパルス・ドラコキッド 1 FV
魔竜導師 ラクシャ 4
ガトリングクロー・ドラゴン 4
ブルーレイ・ドラコキッド 4
ドラゴンモンク ゲンジョウ 4
1 鎧の化身 バー 4
ドラゴンモンク ゴジョー 4
ドラゴニック・ガイアース 3
ドラゴンダンサー マリア 4
2 臥竜 ストライケン 4
ドラゴンナイト ネシャート 3
バーサーク・ドラゴン 3
3 ブラストバルク・ドラゴン 4
ドラゴニック・ウォーターフォウル 4

外部リンク