バトルシスター くっきー軸

オラクルシンクタンクバトルシスター くっきー軸)

リミットブレイクによって高いパワーを出せる「バトルシスター くっきー」をヴァンガードに据えたデッキ。
パワー上昇とドロー効果により、攻防共に隙のないファイトを展開する。


主なカード

キーカード

 このデッキのメインヴァンガード。
 ライド時にカウンターブラスト(2)で2枚ドローの後に1ドロップする能力と、ヴァンガードにアタックした時に
パワー+5000を得るリミットブレイクを持つ。
 このカード以上のことができるカードは少なくないが、このカードの強みは他のカードによるサポートが必要ない点である。
 また、安定してパワー23000がだせるのでクロスライドユニット相手には強い。
 リアガードサークルにコールしても、専用ブーストの《バトルシスター くりーむ》のブーストならばソウルブラスト(1)でパワー21000ラインを形成できる。

サポートカード

グレード3
 ライド時にソウルが1枚以下ならカウンターブラスト(2)で2枚ドローする自動能力と、ソウルがないならパワー+3000を得る永続能力を持つ。
 《バトルシスター くっきー》にライドするまでの中継ぎ。
 《リトルウィッチ ルル》と合わせる事でほぼ確実にソウルを0にできるため非常に強力。
 パワー上昇は消えてしまうが、再ライドすればさらに2枚ドローできる。

グレード2
 アタック時に「バトルシスター」がヴァンガードがいるならパワー+3000を得る。
 《スカーレットウィッチ ココ》にライドしているとパワー9000バニラになる仕様なので、コールの際は《バトルシスター くっきー》に早めに繋げたい。
 アタックがヒットした時、カウンターブラスト(2)で1枚ドローできる。
 《スカーレットウィッチ ココ》及び《バトルシスター くっきー》とコスト競合しているが、その2種は(V)に登場した際にしかドローできないため、中盤~終盤での手札補充に適している。
 また、ヒット対象がリアガードでも発動できるため、相手にガードを強要することもできる。
 このユニットのアタック中、相手は手札からグレード0をガーディアンサークルにコールできない永続能力を持つ。
 パワー+8000ブーストをリアガードに回せるこのデッキでは有効的に能力を使うことができる。
 アタック時に手札が4枚以上なら、パワー+3000を得る。
 手札が増えやすいこのデッキならば発動も容易。

グレード1
 グレード1のバニラ。
 1ターン目にライドできればダメージを抑える事が出来る。
 パワー23000ラインやパワー16000ラインを作る際の重要なブースト要員。
 《バトルシスター くっきー》をブーストした時にソウルブラスト(1)でブーストしたユニットにパワー+5000を与える。
 ヴァンガード、リアガードどちらの《バトルシスター くっきー》も恩恵を受けられるため、火力の底上げに役立つ。
 ただし《リトルウィッチ ルル》でドローを行うと、ソウルを補充しない限り使用できない場合もあるので注意。
 オラクルシンクタンクの守護者。防御の要となる重要ユニット。
 名称を参照するデッキではないので、どちらを採用しても良い。

グレード0
 このデッキのファーストヴァンガード。
 グレード3がライドした時ソウルから自身をスペリオルコールできる自動能力とソウルからスペリオルコールされた時にソウルのオラクルシンクタンク2枚をドロップゾーンに置くことで1枚ドローする自動能力を持つ。
 この能力により《スカーレットウィッチ ココ》の能力を確実に発動できるため相性は抜群。
 スぺリオルコールのタイミングが遅いので序盤のアタックに加われないのが欠点だが、それを補って余りある効果を生み出すユニット。

トリガー
 ソウルに送ることで1枚ドローできるオラクルシンクタンクのクリティカルトリガー。
 手札及びソウル枚数を調整できる便利なカード。

トリガー考察

  • クリティカルトリガー
 《バトルシスター くっきー》の高いパワーを積極的に活かせるので多めに投入したい。
  • ドロートリガー
 大量にドローできるこのデッキではあまり必要ない。
  • スタンドトリガー
 リアガードのパワーが高くなりやすいのでこちらを採用するのもいい。
 しかし、クリティカルトリガーに比べれば優先度は落ちる。
  • ヒールトリガー
 特に相性が良い訳ではないが、強力なトリガーなので採用しておきたい。

プレイング考察

 まず、《スカーレットウィッチ ココ》にライドしてカウンターブラスト(2)で2枚ドローを発動させたい。
 その後は状況を見て「バトルシスター くっきー」に再ライドし、手札交換と同時パワーの安定強化を図る。
 ドローで得た豊富な手札からリアガードをコールし、高パワーラインを形成して速攻を仕掛けよう。

弱点と対抗策

 こちらの《リトルウィッチ ルル》を見て相手がアタックを控えてきた場合や、ヒールトリガーが無駄に発動してしまった場合等に限定されるが、順当にライドした際ダメージゾーンが1枚でカウンターブラスト(2)が払えず、ドローができない状況に陥るのが最もよくない。
 コストが確保されてから再ライドしてドローすることはできるが、再ライドの時点でアドバンテージが小さくなってしまうため、手札の豊富さを武器に戦うことが難しくなってしまう。
 逆に、速攻を許して相手とのダメージに差がついてしまっても、手札をガードに使わざるをえなくなるため
せっかくのアドバンテージが生かせないことになる。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • トム4にしたら何を抜く?タルトとまかろんを1枚ずつ抜くのが無難かな、反対の意見ない? -- 2013-05-03 13:25:31
  • 上の型ならそれが無難かなぁトム3でほか4でもいいかもだけ -- 2013-05-03 13:55:14
  • ↑どっちかね -- 2013-05-03 13:55:42
  • オバロ流行るだろうしもかた出すのは危険かもね -- 2013-05-03 23:46:06
  • ルルラインはもかorまかろんで16kor17kを作る必要があって、もう一方のRラインはトムジェミニorくっきーくりーむを作る必要がある。くりーむと派遣バニラを増やしたけどいいかな? -- 2013-10-26 10:39:22
  • ↑V裏もG1バニラ欲しいし、いいバランスだと思う。絵柄的にもミヒカリヒメなのもグッドだ( -- 2013-10-26 11:14:07
  • 弱点とサポートカードにメイデン・オブ・ライブラを追加。個人的にはまかろんじゃなくてライブラでガード強要狙うのも悪くないと思う。ブーストがルルでも相手リアの9000狙えばいいし。 -- 2013-10-26 12:20:20
  • くっきーとくりーむでリアで21000出せるってのがなかったので追記。 -- 2013-10-27 09:39:12
  • これ本当にくっきー軸のページ?ココ軸にしか見えんのだが?くりーむのソウルブラストをココルルが阻害している時点でくっきーサブヴァン扱いになってないかな? -- 2014-08-24 22:45:27
  • ↑ココくっきーとココサクヤとココインペリアルでページを分けるために分割した過去があるのと、レシピをすぐ直す奴がいるからそのまま。ぶっちゃけココくっきーは使うファイターが最初にライドするココか、後からライドするくっきーか、どっちをメインだと思ってるか次第じゃないかな。 -- 2014-08-28 13:33:31
コメント:

すべてのコメントを見る

サンプルレシピ

+...
G ユニット 枚数 備考
0 リトルウィッチ ルル 1 FV
オラクルガーディアン ニケ 4
バトルシスター じんじゃー 4
サイキック・バード 4
ロゼンジ・メイガス 4
1 オラクルガーディアン ジェミニ 4
バトルシスター ここあ 2
バトルシスター くりーむ 4
バトルシスター しょこら 4
2 バトルシスター まかろん 3
サイレント・トム 4
バトルシスター もか 4
3 スカーレットウィッチ ココ 4
バトルシスター くっきー 4

外部リンク