バトルシスター ふろまーじゅ軸

オラクルシンクタンクバトルシスター ふろまーじゅ軸)

「バトルシスター」のリアガードを4枚以上並べることで能力を発揮する《バトルシスター ふろまーじゅ》を中心としたデッキ。
カード名に「バトルシスター」を含むユニット同士のシナジーで強力なパワー&ドロー能力を発揮する。


主なカード

キーカード

 カード名に「バトルシスター」を含むリアガードが4枚以上いれば、カウンターブラスト(3)で2枚ドローできるリミットブレイクとターン中パワー+4000を得る永続能力を得る事ができる。
 起動能力でドローできるのは必要な時にドローできるため強力。
 しかしそのままではリミットブレイクや重いコストが辛いため、《バトルシスター きゃんでぃ》や《バトルシスター れもねーど》等のサポートで上手く克服するようにしたい。
 また要件付きとはいえパワー14000となるため、パワー7000以上のユニットでブーストすればパワー21000ラインになる等攻撃力も高い。

 登場時、カウンターブラスト(1)でターン終了時までダメージを1枚増やすカード。
 《バトルシスター ふろまーじゅ》のリミットブレイクが起動能力のため、早期に2枚ドローできるようになるというのは非常に大きい。
 しかし、《バトルシスター わっふる》や《バトルシスター えくれあ》等の能力を使っていると、
 ダメージの枚数を稼げても《バトルシスター ふろまーじゅ》のコストが足りない、なんてことも。
 グレード2の「バトルシスター」は前列要員として優秀なものが多くこのカードではパワー不足が目立ち気味になるので、グレード1の《バトルシスター きゃんでぃ》が優先して投入されることもある。
 相手ターンでインターセプトを行い場を空ければ高パワーの前列をコールするスペースを作れるため、実際のところは低パワーもあまり問題にならない。

 登場時、カウンターブラスト(1)でターン終了時までダメージを1枚増やすカード。
 《バトルシスター ふろまーじゅ》のリミットブレイクが起動能力のため、早期に2枚ドローできるようになるというのは非常に大きい。
 しかし、《バトルシスター わっふる》や《バトルシスター えくれあ》等の能力を使っていると、ダメージの枚数を稼げても《バトルシスター ふろまーじゅ》のコストが足りない、なんてことも。
 低パワーを補う手段はいくらかあるとはいえ、他のグレード1の「バトルシスター」で優秀なものが多いのもあって、採用の有無や枚数には非常に悩まされる。
 グレード2に同じ能力を持つ《バトルシスター きゃらめる》もいるので、自由度がないわけではない。

 登場時、ソウルブラスト(2)でダメージを2枚表にできる。
 《バトルシスター ふろまーじゅ》のリミットブレイクの複数回の起動を容易に行える。
 ただし、ソウルを増やす手段には長けているわけではないので使えても2度までが限度。
 またパワー5000しかないため、ブースト対象がパワー11000以上なければ相手への要求シールド値に影響を与えてしまう。

サポートカード

グレード3
 このデッキのサブヴァンガード候補。
手札が4枚以上なら、パワー+3000を得て『ヴァンガードにヒットした時、1枚ドローする自動能力』を得るリミットブレイクと、エスペシャルカウンターブラスト(2)で手札が3枚以下なら1枚ドローする起動能力を持つ。
 軽快かつ手軽なドロー能力とパワーアップによりパワー21000ラインを作るのも容易であり、攻防両方の面で優秀なカードと言える。
 ただし4ダメージ時のドライブチェックでヒールトリガーが発動するとリミットブレイクが有効でなくなり、パワーダウン&ヒットしてもドロー不発になる。
 安定性の高さとドロー能力+ガード強要力があることから、長期戦型の「バトルシスター」デッキ向き。

 このデッキのサブヴァンガード候補。
 「バトルシスター ふろまーじゅ」にライドし損ねた時の保険としてや、ヴァンガードへのアタック時にパワー+5000と、(V)に登場時カウンターブラスト(2)で2枚ドロー後1枚ドロップ、リアガード列でも《バトルシスター くりーむ》と並べてパワー21000ラインなど汎用性が高い。
 このカードも「バトルシスター」であるため「バトルシスター」を対象にしたサポートを受けられる。
 その高パワーラインの形成能力があることから、速攻型の「バトルシスター」デッキ向き。

 このデッキのサブヴァンガード候補。
 カウンターブラスト(1)とペルソナブラストで、山札の上から5枚を確認し、好きなカードを2枚手札に加えるリミットブレイクを有する。
 手札に加えるカードに一切縛りが無く、その時その時に応じて必要なカードを得る事ができる為、対応力が高い。
 ペルソナブラストな上にカウンターブラストも使ってしまうが、幸い消費量は少なめなので《バトルシスター れもねーど》で十分に補える。
 また、「バトルシスター」のエスペシャルカウンターブラスト(2)で、自身のパワー+5000を得る起動能力も持ち合わせているので、パワー21000ラインを作る事も容易であると言える。
 しかし、どちらの能力でも使っただけ《バトルシスター ふろまーじゅ》のリミットブレイクに影響が出るため相性は微妙。
 このカードを採用するなら、《バトルシスター ふろまーじゅ》ではない軸の構築にしたほうが無難。

 リアガード要員。
 グレード1の「バトルシスター」はパワー6000が多いため、増加傾向にあるクロスライド型を対応するなら候補に入る。
 サポートカードとなる《バトルシスター れもねーど》の低パワーを補う目的でも使えなくもない。
 こちらは対クロスライド用のリアガードとして有用なカードであるが《バトルシスター ぱるふぇ》もサブヴァンガードとして有用であり、どちらを優先するかは想定するデッキや好みで適宜選択すると良いだろう。

グレード2
 パワー10000のバニラ。
 「バトルシスター」のグレード1はパワー6000が多いため、パワー10000でも攻防両面で安定している。

 ヴァンガードへヒットした時、エスペシャルカウンターブラスト(1)でデッキトップを1枚見て、それが「バトルシスター」であるなら、相手に見せて手札に加えることができる。
 構築上ほとんどが「バトルシスター」であるはずなので、成功率は高い。
 グレード3にライドするまでに手札増強できる貴重な能力だが、相手のダメージが増す後半ではほぼ防がれてしまう。

 アタック時、「バトルシスター」のヴァンガードがいるならパワー9000+3000になる。
 構築上、デッキのほとんどは「バトルシスター」の採用となるため、グレード2の時点やサブヴァンガードにライドせざるを得なかった場合でも力を発揮できる。
 非常に優秀なカードなので、是非4枚投入したい。

 アタック時、要件を満たしていればパワー8000+3000になる。
 《バトルシスター ぐらっせ》はソウルが0枚、《バトルシスター もか》はアタック時に手札が4枚以上で要件を満たせる。
 《バトルシスター もか》に比べて《バトルシスター ぐらっせ》は安定性が低いが、《バトルシスター れもねーど》を上手く活用できればソウルをなくすのも可能なので5枚目以降としての採用ができなくはない。

グレード1
 アタック時、「バトルシスター」のヴァンガードがいるならパワー7000+3000になる。
 (V)でパワー14000になる《バトルシスター ふろまーじゅ》や《バトルシスター ぱるふぇ》をブーストすればパワー21000ライン、リアガードの後列では《バトルシスター ここっと》をブーストしてもパワー16000ラインが作れる。
 さらに《バトルシスター ぐらっせ》、《バトルシスター ぱるふぇ》、《バトルシスター もか》をブーストすれば、対クロスライドに有用なパワー18000ラインを満たせるため4積みは必須。

 《バトルシスター くっきー》をブーストした時にソウルブラスト(1)でパワー+5000を与える。
 リアガード列で《バトルシスター くっきー》と並べればパワー21000ラインにできる数少ない手段の1つ。
 ヴァンガードの後列で《バトルシスター くっきー》と並べリミットブレイクが有効となっていれば、さらにパワー+5000が加わりパワー26000ラインを満たす。

 登場時にデッキトップを確認し、デッキトップかデッキボトムに戻す能力を持つ。
 効果も優秀だが「バトルシスター」であることが大きい。
 前列の「バトルシスター」はパワーが高めなユニットが多いのでパワー6000であるが気にならない。

 オラクルシンクタンクの守護者。
 《バトルシスター ぱるふぇ》、《バトルシスター もなか》、《バトルシスター ここっと》のエスペシャルカウンターブラストがあるので、《テトラ・メイガス》よりはこちらを採用したい。
 またそれらを採用しない場合においても、いざとなったらコールして《バトルシスター ふろまーじゅ》のために「バトルシスター」のリアガードの数を稼ぐこともあるだろう。

グレード0
 「バトルシスター」デッキのファーストヴァンガード候補の1つ。
 カウンターブラスト(1)と自身がソウルに入ることで、山札の上から3枚見て「バトルシスター」を1枚まで(R)にスペリオルコールしパワー+2000を与える。
 速攻に適した起動能力を持ち、ファーストヴァンガード以外に採用しても優秀。
 ソウルに入ることで《バトルシスター れもねーど》のコスト確保にも繋がり、そちらの能力によって消費したカウンターブラストを補填すれば《バトルシスター ふろまーじゅ》の能力にも支障が出にくい。
 このカード自身もパワー5000あるので終盤まで温存してブースト要員として使うこともできる。

 「バトルシスター」デッキのファーストヴァンガード候補の1つ。
 カウンターブラスト(1)と自身がソウルに入ることで、山札の上から見てみてグレード3のユニットを1枚までサーチできるので、ライド事故率の軽減ができ、自身が「バトルシスター」のため、《バトルシスター ふろまーじゅ》のリミットブレイクまで場に出しておくこともできる。
 ソウルに入ることで《バトルシスター れもねーど》や《バトルシスター くりーむ》のコスト確保にも繋がる。

「バトルシスター」以外のカード
パワー8000のバニラ。
《バトルシスター きゃらめる》をブーストしてパワー16000ラインを形成する手段。

ソウルに送ることで1枚ドローできるオラクルシンクタンクのクリティカルトリガー。
「バトルシスター」ではないがコールしても即ソウルに入れることになるはずなので問題になる場面は無いだろう。
《バトルシスター れもねーど》のためのソウル枚数調整にはこのカードか、再ライドしか手段がないので便利。

トリガーについて

  • クリティカルトリガー
 パワーラインを高くできるデッキなので多めに採用したい。
  • ドロートリガー
 強力なドロー能力を持つが、グレード3までは手段が不足するためドローソースとして役立つ。
  • スタンドトリガー
 リアガードのパワーが高水準なので採用できる。
  • ヒールトリガー
 リミットブレイクのコストが重いので、ダメージ回復によるカウンターブラスト補充に繋がることから4枚採用しておきたい。

プレイング考察

 ヴァンガードが《バトルシスター ふろまーじゅ》であれば、まずは「バトルシスター」のリアガードを4枚揃えるところから始まる。
 ドロー能力こそあるものの、パワー10000のヴァンガードでは長期戦は厳しいのできっちりラインを作って攻撃したい。
 「バトルシスター」のリアガードは4枚あればいいので《バトルシスター きゃらめる》には《オラクルガーディアン ジェミニ》のブーストをつけるなど、「バトルシスター」以外のカードも活用する余地がある。

 《バトルシスター ぱるふぇ》を採用しているなら、初めはこちらにライドした上で《バトルシスター きゃんでぃ》等でダメージ増加を行いリミットブレイクし、パワー21000ライン+ガード強要で相手へプレッシャーを与える。
 その後に《バトルシスター ふろまーじゅ》に再ライドしてカウンターブラスト(3)で2枚ドローし、さらに《バトルシスター れもねーど》をコールして再度2枚ドローできれば手札・盤面共に盤石なものとなる。

 上の戦術は速攻型で、下の戦術は長期戦対応型と言えるかもしれない。


弱点と対抗策

 どのグレード3の「バトルシスター」にライドするにしろ、グレード2までは《バトルシスター ここっと》とドロートリガー以外に手札を補充する手段がないので手札の面で劇的に優位には立ちづらい。
 また、展開補助になるカードもないので速攻気味の相手には苦戦するだろう。
 限定的なところでは除去や呪縛によって「バトルシスター」の数を減らされたりしても厳しい戦いになる。
 構築上、ほぼ「バトルシスター」で統一されやすく、その場合パワー18000ラインを作りにくいためクロスライド型のデッキがやや苦手。
 さらに、基本的にドローをメインとした能力ばかりのため爆発力に欠け、ドライブチェックのトリガーに頼る形になってしまいやすい。

コメント

デッキの編集議論に。雑談をする場合などは共有掲示板をご利用ください。
  • 俺のデッキだと ここっと→きゃらめる たると→もか きゃんでぃ→ここあ レモネード4積みだなー。場に出したいG1が多いから自爆はキャラメルで、5000のレモネードでも16kに届くもかを入れてる。ここっとはごくまれに不発するし、自爆あればふろまLBも割と簡単にできるしぱるふぇのCB2の1ドローはLBじゃないから問題なく回ってる。 -- 2013-09-16 15:15:13
  • カード考察・戦術・弱点をちょこちょこ手直ししました。どこかまずいところあったら教えてください。 -- 2013-09-16 16:20:39
  • ぱるふぇ軸と相当被ってないかこれ -- 2013-09-16 18:19:25
  • ↑被ってるっていうか、ふろまとぱるふぇはどっちがVなってもそこまで運用が変わらないからね。バトシスデッキ(ふろま・ぱるふぇ型)とでも言った方が正しいような気はしてる。 -- 2013-09-17 20:26:34
  • 誤字とか細部を修正。 -- 2013-11-06 17:10:52
  • サンプルが53枚のデッキだったのでいじりました。トリガーはクリ重視型に。ここっと入れるなら統一してもいいけど、それだとドローが不要になるから結局☆8+ヒール4+(☆4or醒4or引4)が安定だと思う。 -- 2013-11-07 17:35:00
  • れもねーど積みすぎ注意って、こないと話にならないから4積むのが普通だろ -- 2013-11-09 14:11:13
  • やけに編集されてると思ったらこっそり編集合戦してんなよレシピ厨共。編集合戦ついでに考察追記されてもありがた迷惑だし別型にして隔離。 -- 2013-11-09 20:05:23
  • さすがにすふれはどうかと思うがな・・・。まあ隔離はGJ。 -- 2013-11-10 05:34:17
  • もかとまかろんが居るならすふれはいらないと思う。 -- 2014-04-23 15:47:39
コメント:

すべてのコメントを見る

サンプルレシピ

+...

統一型

メインデッキ
G ユニット 枚数 備考
0 バトルシスター わっふる 2 FV
バトルシスター じんじゃー 4
バトルシスター てぃらみす 4
バトルシスター あっさむ 4
バトルシスター ちゃい 4
1 バトルシスター たふぃー 4
バトルシスター きゃんでぃ 3
バトルシスター しょこら 4
バトルシスター れもねーど 4
2 バトルシスター たると 4
バトルシスター まかろん 4
バトルシスター ましゅまろ 2
3 バトルシスター みるふぃーゆ 3
バトルシスター ふろまーじゅ 4
Gデッキ
G ユニット 枚数 備考
4 天翔ける瑞獣 麒麟 4
神鳴りの剣神 タケミカヅチ 4

非統一型

G ユニット 枚数 備考
0 バトルシスター わっふる 2 FV
バトルシスター じんじゃー 4
バトルシスター てぃらみす 4
サイキック・バード 4
バトルシスター ちゃい 4
1 バトルシスター おむれっと 4
バトルシスター きゃんでぃ 3
バトルシスター しょこら 4
バトルシスター れもねーど 4
2 バトルシスター たると 4
バトルシスター まかろん 4
バトルシスター きゃらめる 2
3 バトルシスター ぱるふぇ 3
バトルシスター ふろまーじゅ 4


外部リンク