アトロピン

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

副交感神経の末端から放出されたアセチルコリンの伝達を遮断するアルカロイド
汗や涙、気管支などの粘液分泌や胃腸の動きを抑制する働きがあり、また点眼などで用いると、瞳孔を広げる作用がある。
手術の際に、気管支の粘液分泌抑制で用いたり、眼科の診断や、治療に用いる。
緑内障の人には、症状の悪化の恐れがあるので禁忌
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|