※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは未完成です


このページについて

ここでは、BOXに所属するにおいて、これは知っとかないとダメだろうという、必要最低限のテクニックをまとめています。

目次



印刷時のチェック

+解像度について
解像度とは、簡単に言えば画像の細かさです。
dpi(dot per inch)、つまり1インチの幅にどれだけドットを表現できるかを表します。
これが低いと、印刷した時にノイズが現れてしまい、
「ディスプレイでは綺麗なのに、印刷したら汚い」という事態を招きます。
印刷するなら、最低でも300~350dpiは必要です。

+カラーモードについて
RGBは主にディスプレイにおける色の表現方法。
R(赤)G(緑)B(青)の三色で表現しています。
変わってCMYKは印刷などのインクにおける色の表現方法。
シアンマゼンタイエローキートーン(色調)の4つの要素で表現されます。

印刷するときは、RGBでやってしまうと色が変化してしまいます
途中でカラーモードをRGBからCMYKに変更しても色が変わってしまいますので、
作品を制作するときは必ずカラーモードを確認してください
+Tips!
CMYKのKはKey tone のKですが、blacKKuroなどのKと表記されることがあります。
実際、黒なんでBlackのBを使えばいいんですが、Blueと混同してしまうことから、Kとされたそうです