bodywork @Wiki もやし
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もやしについて

もやしとは

もやしを漢字で書くと「萌やし」。芽が出る様子の「萌える」が語源だと言われています。

一般に豆を発芽させたものを総称してもやしと呼んでいます。

近年原料にはさまざまな野菜の種子が使われていますが、日本で一般的なものは緑豆を使った緑豆もやし、大豆を使った大豆もやしの2種類です。

もやしに含まれる栄養素と効能

ビタミンC

免疫作用の強化、肌荒れ防止           お肌すべすべ

ビタミンB1

疲労回復                    元気もりもり

食物繊維

整腸作用、肥満や便秘の予防           おなかすっきり

もやしの作り方

1.   原料となる緑豆を水かぬるま湯に浸けます。水で12時間、ぬるま湯で6時間、豆の殻が割れればOKです。

2.   ふやけた原料を暗い場所に置きます。光がまったく無いほうが白いもやしになります。

3.   数時間おきに水をかけます。一日に4回以上が目安です。

4.   六日から八日でりっぱなもやしになります。