※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AVGを軽くする方法

はじめに

AVG-AntiViurs7になって少し重くなってしまった。だが、 古いPCをお使いでAVG-AntiVirus7に耐えられないPCもあるかもしれない。そういう方にAVGを少し軽くする方法を伝授しよう。

AVGを重くしている犯人・・・avgcc.exe

バックグラウンドで動いているAVGを確認

 私が以前、タスクマネージャ > プロセスの強制終了 で説明したとおりに、[Ctrl] + [Alt] + [Del] でプロセスを見に行って欲しい。 下図のようにavgcc.exe というものが見えるはずだ。avgcc.exeの役割を軽く説明しておく。

  • avgcc.exe
    • コントロールセンター (Control Center)
    • 諸設定の変更を施したり、ポップアップメッセージを表示するためのプログラム
    • 出番が無い時はリソースだけ食ってサボっている

つまりAVGを重くしている犯人はavgcc.exeであったわけである。 設定はインストール時に予め設定するので必要ない。こいつを起動しなくしてしまえばいい。

AVGを軽くする=avgcc.exeを切る

  • PC起動後に切る方法
  • PC起動前に起動しなくする方法
PC起動後に切る方法
  • [Ctrl] + [Alt] + [Del] > タスクマネージャ > プロセス > avgcc.exe
  • [プロセスの終了] をクリック

しかし、PC起動後、 いちいちタスクマネージャを立ち上げてavgcc.exeのプロセスを切るのは面倒であろう。そこで、 PC起動前に起動しなくする方法を伝授しよう。

PC起動前に起動しなくする方法
  • Windowsのシステム情報を開く
  • [スタート] > [プログラム] > [アクセサリ] > [システムツール] > [システム情報]
    もしくは、
    [スタート]>「ファイル名を指定して実行」で[msconfig ]
  • 「スタートアップ」タグを開き、「 AVG7_CC 」 のチェックを外す
  • 再起動
AVGの設定が必要な場合

[スタート] > [AVG Free Edition] > [AVG Control Center]
でいつでも呼び出すことが可能である。

また終了したい時はPC起動後に切る方法を参考にして欲しい。