※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Virusを駆除する方法

Virusを駆除する方法

まずは、どのようなウイルスであるか特定することだ。

Virusの特定

Virusを特定する方法は以下の2つだ。

  1. VirusScanでVirus名を特定する
  2. 症状で検索し、Virus名を特定する

通常は1.で事足りるが、Virus対策ソフトが入っていない場合やVirusDatabaseにないVirusの場合は2.で特定するしかない。

http://www.mcafeesecurity.com/japan/security/vlibrary.asp

でVirus検索してみるといい。

Virusの駆除方法

Virusを特定できればVirusの駆除する方法もそこに書いてあるはずだ。駆除方法は大きく分けて3種類ある

  1. 手動で削除
    • これはVirus源であるファイルを削除し、悪さしているレジストリなどを手動で正常に戻すことで駆除する方法です。
  2. 無料で配布されている駆除ツールを使う
    • 流行のVirusの場合、各セキュリティ会社で配布されている無料の駆除ツールで駆除することができる。
  3. 市販ソフトの30日体験版を使用して駆除
    • AVG-AntiVirus Free EditionはVirusを発見できても駆除できない。
    • NortonAntiVirusやウイルスバスターの30日体験版は30日間フル機能が使える
      つまりは
      • VirusDatabaseのupdate
      • Virus駆除
    • も可能である。一時的に使わせてもらうのも手である。
  4. Panda Active Scanで駆除

Virusは「発症」してしまうと手遅れなものが多い。発症する前の「感染」時点で駆除するように心がけてほしい。

  • 感染:VirusにPCの中に入るだけ。
  • 発症:Virusが悪さをし始める。

以上だ。