ansuke @Wiki 小説:死にたい奴この指とまれ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死にたいやつ、この指とまれ。

一郎は夜通しパソコンに向かい続けた。自殺志願者の集まるサイト。

星の数ほどの死が、無表情に、あっけらかんと散らばっている。

3/10/3:45 ミヨミヨ:「例の薬、手に入った。わたし、先に行ってるよ。ではでは」

(ああ、またひとり死んでる)

一郎はもう驚かなくなっていた。

眉ひとつ動かさずにその書き込みを読み流した。

押し寄せる睡魔に意識が持っていかれそうになる。

チャットルームにメッセージが入った。

 

メリー:「こんばんは、まだ生きてる?」

一郎:「すみません、生きてます」

メリー:「おおっ!ほんとに生きてる」

一郎:「周りの奴があっと驚くような派手なやり方がいいんだけど」

メリー:「富士さんの火口に飛び込んでみるとか」

一郎:「そんなこと、できるの?」

メリー:「知らない。行ってみれば?」

一郎:「ショーみたいな感じがいい。火口に飛び込んだって、誰も見ないよ」

メリー:「目立ちたがり屋だね。一郎って、ほんとに引きこもり?」

一郎:「死ぬときくらい、派手にしたっていいじゃん(笑)」

メリー:「そっか。そういえば、いいの見つけたよ」

 

その下にはどこかのホームページのURLがコピーされていた。

一郎:「なんだ、これ」

メリー:「見てみてよ。いい死に方を教えてくれるところらしいよ」

一郎:「メリーは見たの?」

メリー:「少し見た」

一郎:「なんか気に入ったのあった?」

メリー:「教えてもらうのには、お金がかかるらしいから、やめた」

 

顔も知らない人間と、「死」について話をしている。

それも一般的な「死」ではなく、他でもない、お互いの死、自分の死について。

最初は違和感があったけど、2~3日もしたら慣れてしまった。

今ではメリーが親しい友達のように思える。

 

一郎:「メリー、一緒に死なない?」

メリー:「わたしはひとりでやるつもりだけど。一郎、いくつ?」

一郎:「十四歳だけど」

メリー:「十四歳?どうせ心中するなら格好いいおじ様がいい。太宰治みたいな(笑)」

一郎:「ガキには興味ないって?」

メリー:「ごめんなさ~い」

メリー:「じゃあ、私、そろそろ寝るから。頑張ってね」

一郎:「これでサヨナラかもしれないね」

慌てて打ち込んだ文字の後、メリーからの言葉は返ってこなかった。

メリーからの贈り物は長ったらしい一行のURLだけ。

せっかくだから、という程度の気分で、なんとなくクリックしてみた。

 

自殺美容整形外科

あなたの最期を美しくクリエイトします。

死にたい方「ENTER」。死にたくない方「EXIT」。

 

確かに「自殺美容整形外科」と書いてある。

この期に及んで、これが開けてはいけない扉のように思えた。死への”http”

少し躊躇しながらも半ば意地になって「ENTER」のリンクをクリックした。

 

<つづく>