ansuke @Wiki 死にたい奴この指とまれ:エピローグ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死んだ木山一郎は死んだまま家へ帰っていた。

「一郎さん!どこへ行ってたんですか!もう少しで警察に…」

お手伝いの久枝がいた。

「久しぶりに出たら、道に迷って。ごめん」

久枝の言葉を遮るように言うと、二階へ上がった。

今日の出来事は夢ではなかった。一郎は確かに死んだ。

?

死んだ身をベッドに横たえた。「抜け殻のように」とはこういう感じなのかと思った。

傍らのパソコンの画面には、未読メールで真っ黒になった受信箱が開きっぱなしになっている。

身を起こして見てみる。遺書メールを大量送信した時の「failuredelivery」(配信失敗)メッセージが

一郎のアドレスへ大量に送り返されているようだ。

一通だけ、題名の違うメールが届いていた。差出人の欄が文字化けしていて読めない。

?

題名 Re:遺書

?

そろそろ死んでますか?

死にたいと思うことは自由だと言われるかもしれませんが、

あなたがそう思うことに、私は賛成しません。

この遺書は受け取らずにそのまま返します。

?

あなたのために必死に駆けてきてくれる人がいるならば、生きなさい。

夜の街の灯や流れ落ちる流星が綺麗だと思ったら、生きなさい。

生きているうちに死んではいけません。

死ぬまで生きるのです。

?

あなたが死んだらあなたの中に生きている人も死にます。

あなたが生きていれば、あなたの中に生きている人も生き続けます。

 だから本当は、死にたいと思うことはあなたの自由ではないのです。

?

腹に短刀を突き刺した時にこちらへ駆けてきた学欄姿とセーラー服姿。

最後に上空から東京の街の灯を眺めた時の気持ち。そのことをなんとなく思い出した。

?

一郎は慌てて「自殺美容整形外科」のURLをクリックした。

「このページは見つかりません」…。

電話は?0120-4274-5555をかける。

「お客様のおかけになった電話番号は、現在使われておりません」…。

自殺志願者のチャットルームはどうだ?

「メリー:さよなら」…。

?

俄かに思い出した。

「死にたい奴この指とまれ」。父と母が共に出演していた映画の題名だった。

机上に目をやれば、幼い頃の一郎を挟んで微笑む父と母の写真が。

一郎は、今日起こったことの全てを一瞬で理解した。

?

明日の一時間目は、英語。

死んだ木山一郎はもう一度生きる為、ポケットに入っていた護身用のナイフをゴミ箱へ放り込んだ。

?

(了)