宮内タカユキ

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮内タカユキ
本名/宮内堂千
生年月日/昭和30年2月4日
血液型/O型
出身地/茨城県
尊敬する歌手/ナップキンコール、CCR、ドゥービーブラザーズ、ビリージョエルなど
これからの目標/自分の歌を聞いた人に希望と勇気を持ってもらう事(より多くの人に歌を聞いてもらう)
『ライヴで「歌は命で聞くと思ってる」と言ったが、ライヴに聴覚障害の方がみえていて、聞こえなくても肌で振動を感じて感動してもらえた。そんな事が重なり最近はつくづくそう感じている。』(イイ話だ!!)

子供の頃から歌が好きで、小、中学校時の愛唱歌は「でっかい青春」「貴様とオレ」。その後ビートルズ、GS時代に影響された。音楽を志した時はドラムを叩いていて、その道を勉強していたが、途中で転向してボーカルでデビューしたそうです。
クラブバンド、ディスコバンドを経てバンド「WHY」でデビュー。
「超電子バイオマン」(1984)でアニソンデビュー。
(前作「科学戦隊ダイナマン」のオーディションを受けたそうです。)
「ビデオ戦士レザリオン」「銀牙 流れ星銀」などのアニメや「仮面ライダーBLACKRX」「レスキューポリスシリーズ」などの特撮ヒーローや「宇宙英雄物語」などのイメージソングを数多く歌っています。
「仮面ライダーBLACKRX」で日本レコード協会ゴールドディスク大賞を受賞。
1994年頃から「内山田洋とクールファイブ」のメンバーとしても活躍してます。



※本テキストは以前ジオシティーズで宮内タカユキ氏のファンサイトに載っていたプロフィールです。もし、問題があるようでしたら削除しますので、おしらせください
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|