第19話

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次回予告ッ!

(演説する嫉妬マスク)
『もはや我等は追い詰められているっ!』
『カップルに災いを!』
『独神キゾークの加護あれ!』

 もはや存在を忘れられはじめている嫉妬団!
 V3の離反によって窮地に立たされた彼等は、大逆襲を試みる!

『これが我等が主力となる「シュネルギア・シットメン」だよ』
『何処からそんな予算が……』
『V3、キミは騙されているんだ! 女の子よりも男同士のほうが…』
『うぬぬ……逆タマの上さらに王様ハーレムだと!? 許すマジ村雨刃!』
『ええい、最近の男は簡単に誘惑されおって!』
『今日はお前と俺でダブル嫉妬マスクだ、なぁ二号』

 しかし、彼等の先鋒に立つはずのオットーは、それどころではなかった!?

『き……君は……!』
『……誰? あっ、私に一目ぼれとか? いやんいやん、どうしよう♪』

 オットーの前に現れた新しい完全機械化兵。
 しかし……彼女は、彼が失ったものに余りにもよく似ていた。
 顔も、そして性格も。

『ローレライ……?』

 それは、みずからが手にかけた、愛する人の写し身なのか?
 神の悪戯がもたらした再会なのか?

『違うわ。私はローラ09。そんな嫌な名前じゃないわよ』
『なんで嫌なんだ?』
『あれ……なんでだろ? なんとなく、かな』

 オットーが切り開く運命とは?
 彼が掴む未来とは?

『統一帝国よっ! 私は還って来たあああああっ!』
『こんな……辛いこと、思い出したくなかった……機械のままでいたかった!』

 嫉妬団、ローレライ、そして……

 運命が微笑むのは、果たして、誰に対してだろう。

天使大戦エンゼルギア『第19話』~独神たちの宴~

「独神キゾーク……嫉妬団が崇める邪悪なる神。そして……」
「それ、ギャグじゃなかったの? マジ?」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|